夢占い

霊の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】霊の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢に霊が出てくる場合は「目標に向かう」「諦めない」という意味を示しています。霊というと不気味なイメージですが、潜在的な能力・視野が狭くて認識できていないこと・すぐ近くにあるのに気づいていないことなどの意味もあります。
不吉な感じがしても霊の夢は吉夢です。心の中に隠れていたコンプレックスが、夢になって表面に現れている状態になります。次のステップに進んで、今まで以上に魅力的な自分になるチャンスでしょう。
霊の夢を見た後は心がすっきりして前向きになります。眠る前には心が不安定で辛い気持ちを抱えていたとしても、不気味で怖い夢であればあるほど、目が覚めた後にはコンプレックスや問題を解決したいという気持ちが強まります。

霊の夢を見る心理的な背景とは?

霊の夢を見る心理的な背景には、未知の世界を見たいと思っている無意識の願望があります。これまで足を踏み入れたことがない世界に対しては、誰でも不安や畏れを抱くものですが、その上で未知の世界に触れたいと望んでいるわけです。
精神的なことに意識が向いているので、コンプレックスが解消して才能が開花する兆しでもあるでしょう。自分の中にある本当は見たくなかった嫌な一面を、把握しようとしている心理状態でもあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

霊の夢を繰り返し見るのは、もともと物質的なものよりも精神的なものを重視しがちな性格というのがあるでしょう。空気を読むのが得意で、表面的に見えるものだけでなく「潜在的なもの」「潜んでいるのに大きな力を持つもの」を意識するタイプです。
人がつい見過ごしてしまいがちなことや、あえて見ないようにしていることを感じ取ってしまう時期でもあります。コンプレックスを観察することで、潜在的な能力を引き上げられるでしょう。

RELATED POST