夢占い

星の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】星の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢の中に出てくる星は「手が届かないもの」「目標」を意味しています。気持ちが前向きになっていて、理想的な人生を意識している時に見る夢になるでしょう。普通では実現できないような高い目標を立てている時にもよく見ます。
また星が出てくる夢は吉夢で、心が前向きになっている時にしか見ません。目標を達成するまでに長い道のりがありそうな予感がしていても、積極的に行動できるでしょう。将来目指す方向が見つかる兆しでもあります。
手に届かないような高い目標に向かって動き出そうとしています。やみくもに努力するのではなく、目標達成までの客観的な距離を冷静に知ろうとするでしょう。夢を叶えるためには計画が必要だと理解している心理状態です。

星の夢を見る心理的な背景とは?

星が出てくる夢は、願望や目標を叶えたいと思っている無意識からのメッセージです。そのためやる気や自信を失っている時に見る夢ではありません。心の充実度を示してもいて、美しくて高い位置にある星ほど、理想が高い心理状態です。
夢や目標に向かって順調に進んでいこうとしている兆しでもあります。途中で多少上手くいかなくても挫けずにやる気をキープできます。積極的に行動を続けることによって、理想的な状態に現実が近づいていくでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

星の夢を繰り返し見るのは、常に高い理想を持っているからでしょう。目標をいつも心の中に持っていて、小さな目標を達成しても現状には満足しません。しかし自分に対する評価が低くなるわけではなく、努力を続けるでしょう。
星の夢はやる気が出てきて心が前向きになっている状態なので、繰り返し見るのは心が前向きになっていて良い状態です。高い目標があるので、あとは現実に行動に移して実践するのが夢を叶えるポイントになるでしょう。

RELATED POST