夢占い

エレベーターの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】エレベーターは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「エレベーターの夢」は、吉兆や凶兆、あるいは現在の心理を表すなど様々ですが、基本的な意味は【変化】です。

エレベーターは、人生の浮き沈みや感情の変化を表します。平行に進むものではなく上下に移りゆくものであることから、上昇や下降などの変化を示しています。

例えば、現実のエレベーターで7階を目指しボタンを押しても、誰かが乗り込むために途中の階で止まってしまうことは少なくないです。

そこから、夢占いでエレベーターは「邪魔が入る可能性や、とどまること」などの順調な物事が停滞してしまうことも表します。

それでも、一度ボタンを押せば、進行を止めることが難しいことから、この先の未来にたいしての覚悟や決意の表れで、そのような心の変化を暗示しています。

エレベーターの夢を見る心理的な背景とは?

会社に入りたてであったり、学校の入学や転校してすぐなどに「ついに始まってしまった」という緊張感があったり、「もう、引き返せない」という覚悟の気持ちの表れです。

そして、夢の中で「進んでいる」と感じていたなら、それは前向きな心理を暗示していて、これからの環境の変化に期待している心理を表します。

現在からしばらくは、大きな成長の時期であることが暗示されていて、がむしゃらに日々を過ごすことが吉であることを示しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容をみる場合は、非常に多忙で日々を目まぐるしく過ごしていることを暗示しています。違う場合は、気持ちが状況に追いついていないことの表れです。

自身が望んで始めた物事ではあるものの、不安や緊張の気持ちが持続してるような状況において、繰り返し見ることが多くなります。

とくに、大幅な環境の変化にたいして伴う期待感と、ドキドキが入り混じったような心理を潜在意識がくみとって夢を見せている可能性が高いです。

RELATED POST