夢占い

電話の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】電話は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「電話の夢」は、吉夢か凶夢どちらかというよりは、予兆を伝えていることが多い特徴があります。

基本的な意味は【疑問が増える】です。おもに対人関係を表しますが、電話の相手が自分に伝えている場合や、逆に自分が相手に伝えたいことを指します。

電話の夢は、自分に対して相手がどう思っているかなどの心理を表していて、いままで以上の密な関係を望んでいることや、「知りたい」あるいは「知ってほしい」などの恋愛感情を表します。

そして、頭の中に無かったはずの情報が加えられることを暗示しており、近い未来に疑問が増えることを予兆しています。

夢で電話をうまくかけられない状況や、かけても相手に話が通じずに会話になっていないような場合は、とくに難解な疑問が増える暗示です。

しかし、必ずしもネガティブな問題を予兆しているわけではなくて、片思いなどの、相手が自分にむけている愛情に気づいていないことを示唆していることがあります。

電話の夢を見る心理的な背景とは?

友人や好きな人に対して、「本当はもっと自分のことを知ってほしい」と感じていたり、「もっと関係を深めたい」という気持ちがあるときに夢を見ます。

そのほとんどが、愛情に飢えている表れですが、そうでは無い場合は、相手が自分に愛情を求めている暗示になります。

反対に、相手が夢をみた人に対して伝えたい思いがあったり、仲良くなりたいという思いが表れている場合があります。

この夢を見た後に、実際に相手に連絡して確認してみると、「ちょうど話したいと思っていた」と相手に言われて驚くこともあるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容をみる場合は、いまある問題事や悩み事に対しての「解決するためのヒント」を与えられていることを示唆しています。

繰り返す頻度や数が増えるほどに、「早く気づいて欲しい」というメッセージ性が強まっているので、夢での会話や様子に注目して汲み取ると実生活での問題解決に役立つ可能性があります。

そして、繰り返し電話の夢をみるのは、何度も鳴り響くベルの音に困ってしまっているような心理の表れでもあります。

例えば、しつこく告白をしてくる相手に迷惑していたり、反対に、一方的に好意を押し付けて「迷惑かけているかもしれない」と不安に感じている表れになります。

RELATED POST