夢占い

花の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】花は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「花の夢」は、吉夢が多い特徴があります。基本的な意味として【運気】を表していて、特に愛情面の運気を示している傾向があります。

花の状態から運気を占うことができますが、まずは花が出てきたというだけで良い運気の表れと解釈しても間違いではありません。

現在や未来をしっかりと見つめるような、良い姿勢を持つことが出来ている暗示でもあるので、運気はおのずとついてくる流れであることも示唆されています。

この夢を見たら、直感や思考するスピード感などの冴えが際立っている状態を伝えています。とくに、対人面での愛情を伴った判断は近い未来に自身に幸福を運んでくれる暗示です。

例えば、お世話になってきた人に恩返しをしたり、誰かのためにサプライズをして喜ばせたいと思いついて、それを実行することで自身の運気が上昇する暗示です。

花の夢を見る心理的な背景とは?

肩の力を抜いた自然体でありながらも、やる気やエネルギーに満ちている表れで気持ちにも余裕をもつことができている暗示です。

人にたいして愛情のかけらを配るように、さりげない気配りや配慮もナチュラルにできている表れですので、この時期は異性に好意や愛情を寄せられることが増える暗示です。

自身が与えた愛情を受けて循環する幸運は、恋愛面以外にも学業や仕事にも好影響をあたえ運気が上昇していきます。その結果、自身の人柄や能力が社会的にも評価を得やすいことを表します。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容をみる場合は、運気の上昇と冴え渡る感覚が持続していて「こんなに上手くいくはずがない」と疑ってしまうほどに良い出来事が続いていることを表します。

社会での成長や躍進できるチャンスを示していて、この時期にとった選択が自分の人生を彩る可能性が高まっています。その過程で、恋愛運も急上昇していく暗示です。

片思いだった相手と結ばれたり、いわゆるモテ期の到来で多くの好意を向けられる暗示です。

RELATED POST