夢占い

津波の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】津波は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「津波の夢」は、想起されがちな凶夢だけではなく吉夢もあります。そして、基本的な意味は【急激な変化】を表します。

ふいに起きる物事や予想外の展開であったり、予想していても想像を超えたスピードや規模で起こる「急激な変化」を表しています。

身近なものでは、嫌われていると思っていた相手からの突然の告白や、自立して事業を始める夢があるきっかけで早まったり、身内の縁談や、突然の不幸事などを示します。

このよう急激な変化が起きる予兆であったり、すでに起きている暗示ですが、夢で津波にあって助かった場合は、困難後の展開が好転することを表します。

他にも、状況がリセットされたり足元の見直しをする表れでもありますので、立てた計画が水に流れたり、悪い噂や悪い予感が外れて計画を前向きなものに変更する場合などに当てはまります。

津波の夢を見る心理的な背景とは?

「もしかして〇〇かもしれない」のような、漠然とした不安や怯えが心理にあると夢を見ます。噂や、メディアなどの情報に流されすぎていないか気をつける必要があるでしょう。

あるいは、数日前と比較して想像もつかないほど気持ちが高揚していたり、性的な欲求の急激な高まりを感じているときに津波の夢を見ることがあります。

他にも、身近な関係や知り合いにたいして「性格や環境を変える手伝いをしたい」のような心理をもっていたり、自分なら変えてみせることが出来るという強い意思の表れでもあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も繰り返して同じ内容をみる場合は、誰かに危害を加えられるという危機感や、いまの仕事の近い将来に不安を感じていることを示唆しています。

実際は取り越し苦労である可能性が高いと暗示されていますが、どちらにしても事前に対策して行動することで最悪の事態を避けることができます。

ですので、恐れる相手から距離をとる方法を冷静に考えてみたり、あらためて自身の能力を見つめ直して新しいジャンルの開拓を試みてみるなどすることで、運気の下降を防ぐことができる暗示です。

RELATED POST