夢占い

雷の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】雷は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「雷の夢」は、吉凶に加えて予兆を表す内容も多くあります。雷の夢の基本的な意味は【感情の爆発】です。

いままで続けきたことに対しての我慢が限界をむかえて、感情の爆発が起きる暗示があります。見の覚えがない場合は、身近な人物に感情の爆発が起きる予兆です。

雷は突発的である物事を表していて、恋人が突然不機嫌になって喧嘩に発展したり、予期せぬ臨時収入がとても嬉しいものであるなどの予想していない出来事を示唆しています。

忘れたつもりになっていても、心の奥で本当はずっと待ち望んでいたようなことが、突然叶ってしまう可能性も暗示されていて、心の準備もない状態でその時をむかえる予兆です。

他にも、運命的な出会いをして喜びの感情が爆発する予兆である場合もあります。

雷の夢を見る心理的な背景とは?

自身の父親にたいして「いつ怒鳴られるかわからない」と怯える心であったり、気分屋で感情的な恋人に気を使っていることを暗示しています。

そして、後ろめたさがあったり、隠し事をしていてハラハラするような緊張感があると雷の夢を見ることがあります。

それらを含む、我慢してきたはずの心が、耐えきれずに爆発しそうになっている表れですので、そうなる前に発散を試みる必要があることを示唆しています。

ただし、感情が溢れ出した結果で、状況が大きく好転する可能性を秘めているのも雷の夢ですので、もしやむおえず爆発してしまっても上手くいく運気の流れである表れになります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容をみる場合は、叫び声をあげてしまいたいほどに抑えていた気持ちに限界が近づいていることを暗示しています。

いわゆる危険信号といえる警告メッセージを潜在意識が伝えていますので、自身のメンタルだけではなくて体のためにも、心の解消に目をむける必要性が極めて高いといえます。

一方で、アイデアが浮かばず悩み続けた人が突如発想に恵まれて、事態が好転していく暗示があります。ですので、その場合は今しばらく思考することを続けると吉になります。

RELATED POST