夢占い

拾う夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】拾う夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「拾う夢」は、吉夢が多い特徴があります。基本的な意味は【幸運】を表していて、様々な運気の高まりを暗示します。

拾うという行為は、何かを手に入れるということです。夢占いでは、その「何か」は幸運を指していて、そのほとんどが良い夢とされます。

幸運と一口に言っても、あらゆる運気があります。何を拾うかによりますが、恋愛などの愛情に関する運や、対人運を軸にしてほぼ全ての運気が上がっている兆候です。

拾う夢は、以前からずっと追いかけていた「心の捜し物」を発見できる暗示です。それは理想の自分に出会えたり、憧れていたような心の温まるような交流ができることを暗示しています。

つまり大小問わずに、夢が叶う流れの中にいることを示しているのです。

拾う夢を見る心理的な背景とは?

素敵な出会いがあった直後など、嬉しい気持ちでいるときに夢を見ることが多いです。そうでない場合は、これから出会い幸運を得ることができる予兆です。

そして、いままで気づかなかった自分の価値を、あるキッカケで、いともかんたんに知ることができる予兆の表れです。

吉夢が多い拾う夢ですが、見た直後にトラブルが起きる可能性があります。しかし、すぐに解消される問題であることが暗示されています。

「命拾い」という言葉があるように、トラブルによって現在の幸せを再確認できる状況を示します。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し何度も同じ内容をみる場合は、とてつもない運気の高まりを表していたり、複数の幸運を連鎖的に獲得していくことを予兆しています。

例えば、気が合う人との出会いから新たな出会いに繋がり、以前では考えられないような充実した人間関係が構築できたりなどが当てはまります。

あるいは、意外な自分の一面に気づくことで、人に評価されて人生の流れが急激に飛翔していくようなことが起きる可能性を秘めた運気の表れです。

RELATED POST