夢占い

母親の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】母親は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「母親の夢」は、自身の状況や状態を伝える伝達夢であることが多いです。基本的な意味は【人間関係】を表しています。

夢に出てきた母親の雰囲気やその場の印象によって、現実世界での人間関係を見つめ直すきっかけとして、メッセージを与えられていることを暗示しています。

例えば夢に出た母親が、明るい雰囲気をまとっていたなら現状のままで良いことを表し、反対に暗い面持ちであった場合は周囲との付き合い方を改める必要があることを示唆しています。

夢を見たのが男性であれば求めている恋人像であったり、女性であれば自身の望む理想の姿を表しています。内容を思い返すことで、すぐに成長の一助として取り入れることが可能です。

あるいは、自分を心配した母が夢に映されているケースも多々あります。

母親の夢を見る心理的な背景とは?

単純に、一人暮らしなどで、遠く離れた母を心配したり、家族を思い出すような映画や本を見たあとに夢にでることもあります。

それ以外には、「母に知れたら叱られるかもしれない」と思えるような罪悪感を感じている状況であったり、誰かに褒めて欲しい心理から見ることもあります。

加えて、心が大人になりきれずに未熟であることの表れである場合もあります。恋人などのパートナーの束縛にうんざりしているときにも見る夢です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し何度も同じ内容をみる場合は、潜在意識が母親の姿をつかって伝えたいメッセージがあることを暗示しています。

会話の中身や、仕草などを思い出してみることでメッセージを汲み取ることが可能です。

基本的には、近い将来に起きる問題を乗り越える為、もしくは問題を起きないようにする為に、いま改善すべきポイントや、そのまま伸ばせば役に立つ長所を伝えているケースが多いです。

その際に、伝える内容は対人におけるコミュニケーションについてのものである場合がほとんどです。

RELATED POST