夢占い

写真の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】写真は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「写真の夢」は、吉凶というよりは状況を表すものになります。そして、基本的には【予知】を表しています。

夢の中の写真がハッキリ写っていたり、夢全体が鮮明で体感しているようなリアルなものであった場合は、予知夢である可能性があります。

現実世界での写真は、想い出などを記録するものとして過去を表しますが、夢においては未来を写している可能性があるとされています。

何を予見しているかを知るためには、写真の中の景色や人物たちの様子、あるいはその写真を見て自分が感じた感情に答えが隠されていることがあるので思考することで気づくことができます。

もしくは、予知している物事を達成するためのヒントが出ている場合もあります。

写真の夢を見る心理的な背景とは?

冷静である自身の心を表していて、ものごとを俯瞰(ふかん)で捉えることができていたり客観視できている表れとして写真の夢を見ます。

逆に冷静さに欠けているときに、警告として見ている場合があります。「いつもの自分に戻れば大丈夫」というメッセージですので、落ち着くことが最優先という姿勢を持つことで運気を取り戻せる暗示です。

他にも、どうしても気になって忘れられないことや、言いたいこと言えてないような思いが溜まってくると、写真の夢を見ることがあります。

このとき、夢の中で不満を感じていたり被写体どうしに不自然な距離感を感じたりという形で表れています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容をみる場合は、予知夢である可能性がそうとうに高い表れです。繰り返し夢が気づいてほしいと伝えているのは、その重大さゆえです。

予知の内容を上手く受け取ることができれば、自身の発展に大きく寄与するチャンスに恵まれる暗示が出ています。

あるいは、メッセージを受け取らずに日々を過ごしてしまうことで、自身の不利になる出来事を避けることができなくなる表れになります。

毎回が同じであるのは、内容1つ1つに意味がある可能性を示唆しているので、そのうちの少しでも意味を受け取り運気に良い変化を与えることができる暗示です。

RELATED POST