夢占い

神社の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】神社は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「神社の夢」の多くは吉夢で、それ以外にもメッセージ性の強いものが多いです。基本的な意味は【可能性】を表します。

神社の夢を見たら、いままで重ねてきた努力や、自身の能力を活かすために追い求めてきたことが花開く暗示が出ています。

そして、開花した能力をもとに集まってきた人物の中で運命的な出会いを果たすことが示されています。

自身の可能性にかけるようなチャンスに挑んでいる表れがでていて、そのうえで、感覚の鋭い人の場合は「それが必ず転機になる」ことを肌で感じています。

他にも、自分の力ではどうにもならないようなことを、神頼みをして可能性にかけているような状況を示唆しています。

一年の最初に抱負を考えるように、神社は多くの人にとって自身の可能性を信じるための場所でもあるのです。

神社の夢を見る心理的な背景とは?

運命的な出会いに恵まれて、この人を守っていきたい、結婚したいなどの覚悟をした時期に神社の夢を見ることがあります。

恋愛だけではなく、自分が人生をつかって追い求めると決めた物事や、あらたな可能性に挑戦すると決心した直後に見やすくなります。

そして、可能性を追求するとき人は疲れている自分を見失いがちになります。気持ちが高揚しているときこそ、意識して体をねぎらう必要性があるといえます。

気持ちを沈め冷静を保つことで、挑戦を成功に導きやすくなりますので、実際にお参りに行って心を穏やかにすることが効果的です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して何度も同じ内容をみる場合に霊的なものでは、自身の家系で今この世にいない人物からのメッセージである可能性を示唆しています。

その場合は、人生においてのターニングポイントである場合が多く、重要な判断を間違わないように夢で伝えている暗示があります。

そのうえで、良い決断をすることで自分の可能性を大きく羽ばたかせることができることを示唆しています。

メッセージを受けるためのヒントとして、夢の中の神社が実在するものであれば、そこにゆかりのある身内がいないか調べる価値があるといえます。

RELATED POST