夢占い

噴火の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】噴火は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「噴火の夢」は、吉兆や凶兆などの予兆を伝えるものが多い特徴があります。基本的な意味は【解決】です。

重ねてきた苦労が報われて、長い間かかえていた問題が解決されることを暗示しています。期間に関しては、例えそれが短い時間だとしても溜め込んだものが大きい場合は同様に解決される暗示です。

コツコツと地道な努力をしてきたことを示唆していて、その経験が一定ラインを超えたことで評価を得るレベルになってきてることを示唆しています。

加えて、感情的なエネルギーが高まっている状態を示唆していて、溢れ出したエネルギーが良くも悪くも周囲に影響を与えることを表しています。

それは、ポジティブな感情の伝染で良い人間関係が生まれたり、反対に感情の爆発を起こして周囲に迷惑をかけてしまう警告メッセージである可能性があります。

その場合も、解決に向かうことが示されています。

噴火の夢を見る心理的な背景とは?

溜め込んだ負の感情によって、心にゆらぎができていることを暗示しています。しかし、すぐに落ち着きを取り戻していく表れです。

そして、誰かに怒っていたり煮え切らない不満があるときに、噴火の夢を見る傾向があります。

例えば、要領よく近道をしているように思える同僚などに対して感情的になることがありますが、結論としては地道に努力する人が報われる暗示が出ています。

他にも、心の奥で恐れている人物がいたり、その自分にたいして過剰に機嫌をうかがっているときに夢を見ることがあります。

その場合は、思い切って思いを伝えることで解決できる流れにあることを示唆しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容をみる場合は、溢れ出しそうな感情を表していて、我慢の限界が近いことを伝えています。

抱えている感情がネガティブなものである場合は、爆発することで周囲を巻き込んでしまう恐れがあることを示唆しています。

しかし、その後解決して好転する暗示ですので我慢しすぎる必要は無いといえます。

感情の高まりがポジティブなものであれば、長期間において迷っていたことが、もうじき解消されることを暗示しています。

RELATED POST