夢占い

死体の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】死体は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「死体の夢」は、吉夢が多い特徴があります。基本的な意味は【解放】です。

長く続いた苦労や、耐え忍んできた環境などから解放されることを暗示しています。長く付きまとって、心の負担となっていたような人物からの解放も表れています。

そして、過去のしがらみから解放されて、新しい世界で生きることが暗示されています。いちからやり直すことや、環境の大幅な変化があることの表れです。

あるいは、止まった時間を表していて、ショックな出来事があって歩みを進めることが難しく、解放を求める状態を暗示しています。

ところが、現在そのような状態にあっても、乗りきることで運気が好転する表れで、人生の一つの転換点にいることを示唆しています。

死体の夢を見る心理的な背景とは?

虚無感や、悲しみなどの心に穴の開いたような心理を暗示していて、自身と向き合うためのスタート地点に立っていることを示しています。

そして、向き合った先に新しい自分に生まれ変われることを暗示されています。意図せずとも自然にそのような流れになることが示されています。

例えば、芸術作品や美しい音楽との出会いによって、どこか救われたような解放感を感じた後に死体の夢を見るケースがあります。

そのようアイデンティティの刺激を機に新しい発想を得て未開の道を開拓するような運気の流れにいることが暗示されています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し何度も同じ内容をみる場合は、自身の人生について深く考える時期が来ていることを夢が伝えている可能性があります。

死体は「死」をイメージさせるものですが、夢の中の死は、むしろ「生きる」ことについてのメッセージ性が強いです。

どのような最期を迎えたいかを考えたうえで、どう生きるかを考えたり、どのような自分でありたいかなどを静かな場所で思考することで、人生の再出発において運気を引き寄せることが出来る暗示です。

RELATED POST