夢占い

道の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】道は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

道の夢は、あなたの人生の象徴です。
特に元気に道を歩いている場合は吉夢で、あなたが自分の力で切り開く能力の開花を暗示しています。困難に出会っても解決できるはずなので、自分の力を信じて進んでいきましょう。
また、まっすぐな広い道を進んでいる場合もいい結果に出会えるサインです。

反対に道の夢が凶夢になる場合も。それは曲がりくねっていたり、穴が開いていたりするときです。
これらは無理に進むと失敗につながる警告夢。実際の悪路を歩く時と同じように、物事に慎重に取り組んだほうがよさそうです。
もし道で誰かと出会ったり歩いたりしていたら、その相手が重要な人物かも…。覚えておくと、今後の展開がスムーズになるかもしれませんね。

道の夢を見る心理的な背景とは?

道の夢を見たあなたは、どんな選択肢を選べばいいか悩んでいるのかもしれません。生きていくうえで「どうしよう…」と悩むことは多いはず。そんな時、夢に現れた道がこれから進むべき方向を暗示してくれるのです。

悩んでも悩んでも答えを出せないのは辛いもの。そんなときに道の夢を見たなら、そのイメージに従って進むこともいいでしょう。
実際の道に抜け道があるように、自分でも気付かない答えがどこかに隠されているはずです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

道の夢を何度も見るときは、進むべき道に悩んでいるサイン。失敗を恐れて一歩が踏み出せなかったり、後悔して引き返したくなっている傾向にあるようです。

誰しも不安になることはありますが、嫌なことばかりが人生ではありません。また、イメージの悪い道の夢を何度も見たからと悲観する必要もありません。
色んな道があるように、目標に向かって進むうえでは良いことも悪いこともある…というのを、道の夢が教えてくれるのです。

RELATED POST