夢占い

体の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】体は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

心があなたに何かをうったえている暗示のある、体の部位の印象が強い夢。どの部位が登場するか、体がどうなるかで吉凶も変化していきます。

例えば、体が溶けてしまう夢の場合は凶夢で、あなたの周りでの状況の変化あることを表しています。目標を見失ったり、生活や人間関係において好みが変わったりと、自分で気付かない変化を教えてくれるでしょう。

凶夢とはいえ、これはいいきっかけにもなります。
今まで興味がなかったものを理解しようとしたり、新しい環境や目標を作ることで状況はよい方向に向かうこともあります。
悪い夢を見たからと気落ちせず、夢が教えてくれたメッセージを素直に受け止めることが開運につながります。

体の夢を見る心理的な背景とは?

体の一部が印象的な夢を見るとき、あなたの心や体は少し疲れているのかもしれません。
あなた自身は大丈夫だと思っていても、心の奥では誰かに優しくしてもらいたかったり、何かから逃げ出したいと思ったり。そのまま無理に突き進めば、バランスを崩して失敗しやすくなる…という時に体の夢を見ることが多いです。

この夢を見たときは環境や生活態度、人間関係を見直して、時には休息なども取り入れて心身をリフレッシュさせるといいでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

体の夢を何度も見る時は、対人関係など身の回りの環境が変化することを警告しています。ネガティブな感情が作用することが多いため、人との付き合い方に注意するといいでしょう。
また、「変わりたい!」という願望が表れる場合もあります。

これらは警告でありチャンスです。行動に行き詰まったときに体の夢を見たら、何を伝えたいのか読み取ってみましょう。その意味を理解すれば問題を解決する力になり、新しい道が拓けるはずです。

RELATED POST