夢占い

階段の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】階段は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

階段の夢は人生を表しているといわれています。そのため、階段でどうしているかで吉凶が変わります。
階段を軽やかに上る夢は、目標に向かって着実に進んでいる暗示で吉夢。一歩一歩を確実に進んでいけば、いずれ目標にたどり着けることでしょう。

階段を下りる夢はというと、「少し過去を振り返ってみましょう」という警告夢です。しかし、振り返るのはいいことですが過去にすがってしまうのは厳禁。過去の失敗を今後に活かしていけば、展望が開けていくことでしょう。
また、階段から落下する夢はコツコツ積み重ねていたものを無くす暗示でもあります。

階段の夢を見たら、一度目標を見直したり、考え直してみるのもいいかもしれません。

階段の夢を見る心理的な背景とは?

階段は英語で「ステップ」ですが、階段の夢は目標に向かうためのステップといわれています。
階段の夢を見るのは目標に向っている最中で、やりたいことを探したり、実際に取り組んで動いている時。あなたが試行錯誤していることの現れであるため、夢からのメッセージを参考にするといいでしょう。

人生は山あり谷あり…目標まで近いとは限りません。しかし、頑張れば必ずたどり着けることを忘れないでください。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

階段の夢を何度も見たら、あなたの前に乗り越えるべき課題がいくつも用意されていることの暗示かもしれません。階段は目標への道で、どう進むかがあなたの今後とリンクしているのです。
何度もこの夢を見るというのは、あなたの心が進むべき道を教えてくれるサイン。
階段で起きる出来事をそのまま吉凶に結び付けず、目標に向かって進むためのヒントにしてみるのはどうでしょう?それに助けられながら頑張れるはずです。

RELATED POST