夢占い

雨の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】雨は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

雨の夢は再生と反映を暗示。吉凶は雨の降る様子によって変わってきます。
一般的に吉夢と言われているのは、しとしとと優しく降り注ぐ雨の夢。これはあなたの心が安定していることを表し、充実した実りが訪れることを暗示しています。

反対に凶夢と言われているのはザアザアと強く降る雨の場合で、心の中にネガティブな思いが生まれているかもしれません。特に台風や暴風雨など荒れた印象のときは要注意。全体的な運気が下がっていることを暗示し、大きなトラブルが起きてしまうかもしれません。

しかし、悪い印象の夢を見たからと悲観するのはやめましょう。メッセージを読み取れば、これからの生き方に活かせるはずです。

雨の夢を見る心理的な背景とは?

雨の夢を見る時のあなたの心は少し不安定なのかもしれません。
雨降りの時は憂鬱になるように、心にも雨雲がかかったようになっている状態。

この夢はそんな心を反映していて、自分でも気付いていない不安定な部分を教えてくれるのです。
この夢を見た時は雨宿りをするつもりで休息をとり、身の回りの環境や抱えている問題を再確認してみましょう。なかなかうまく行かない状況を変える手がかりが見つかるはずです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も雨の夢を見るというときは、あなたの心が浄化されているというサイン。悪いものが少しずつ洗い流されていることを暗示しています。
降り続く雨と同じように、繰り返し見る雨の夢は気分がスッキリしないと思います。しかし「止まない雨はない」というように、人生にも晴れ間がやってきて努力も実ることでしょう。

雨の夢が繰り返し伝えてくれるメッセージを紐解けば、停滞していた物事や運気が解決の方向に向かうはずです。

RELATED POST