夢占い

血の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】血は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

血の夢には運気の変化を暗示する意味があり、基本的にはプラスに働く吉夢です。

血が苦手な人や、血に対して怖いイメージを持っている人も多いと思いますが、血は私達の体内を循環して生命を維持する大切な役割をしてくれています。そのようなことから考えても、決してマイナスの意味を持つものではないのです。

ただし、私達が日常でイメージするように、なかにはマイナスの意味を持つ血の夢もあります。夢に出てきた血があなたに悪い印象を持たせたのであれば、凶夢の意味合いが大きいでしょう。そのような血の夢を見てしまった場合には運気の低下が懸念されるので、注意が必要です。何か起きても必要以上に焦らないように心の準備はしておきしょう。

血の夢を見る心理的な背景とは?

血の夢は、何かを新たに始めようとしている時や、実行に移し始めたタイミングで見ることが多いです。そのような時に、運気は変化するからです。そしてあなた自身、多少なり運気の変化を感じ取っているのでしょう。

また、これから待ち受けていることに対してワクワクした感覚やドキドキがある時にも血の夢を見ることがあります。血が流れる音を「ドクドク」と表現しますが、その感覚は気分が高揚している時と似ています。それが、血の夢として現れているのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

血の夢を何度も見る時というのは、エネルギーに満ち溢れている時です。これから運気の流れが大きく変わることを暗示しています。あなたの人生にとって、大きなターニングポイントとなるような出来事が目前まで迫っている可能性がありますよ。

ただし、何度も繰り返し見る血の夢は警告夢の場合もあるので注意が必要です。その場合は、大きなトラブルや災難、身の上に降りかかる困難を暗示しています。血の夢を見る度になんとも言えない不安に襲われるようであれば、警戒した方が良いでしょう。

RELATED POST