夢占い

元彼の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】元彼の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで元彼の夢は、現状への警告と凶夢であることを示すと同時に、未来の吉兆を表している夢といえます。

そして、元彼の夢を見たら基本的には【新たなスタート】という意味を夢から伝えられています。

まず、夢占いで元彼は過去そのものを伝える姿として解釈されていて、遠く離れた実家や昔のクラスメート、あるいは、やり直したい過去などが当てはまります。

つまり、元彼が出てきたから元彼についての夢であるとは言えず、実際は「過去と未来を同時に見つめている」という少し複雑な心境の表れなのです。

具体的には、昔を振り返ったり反省することがあっても、そこから新たなスタートをきっていきたいという姿勢があることを暗示しています。

元彼の夢を見る心理的な背景とは?

どこか現状に納得していない不満があったり、今のままで良いとは思っていない未消化な気持ちが夢に表れています。

くわえて、「昔は良かった」という思いや「あのころの自分は未熟だった」などと過去を振り返っていることを示唆しています。

しかし、想い出を美化して酔いしれているわけではなくて、過去を踏まえたうえでこれからの自身の幸せについてしっかりと考えることができている暗示です。

つまり、過去の自分に負けない自分でありたいという強い意思が表れていて、地に足の着いた冷静な判断をもって新境地へいたることができるという吉兆の表れです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して何度も同じ内容を見る場合は、自分にとって元彼の存在が相当に大きいものであることが暗示されています。

まずは、時が経つごとに元彼の価値に気づいて、未練と後悔の念が入り乱れて膨らんだ感情があることを示唆しているケースがあります。

その場合は、我慢できないほどに高まっている感情である暗示ですので、遅かれ早かれ直接元彼に気持ちを伝える必要があると言えるでしょう。

もう1つのケースが、元彼に恐怖を感じていていまだに怯えて警戒しているような心情を示唆しているものです。

この場合は、別れ方に相手が納得できてなかったり、未練や恨みに近い感情を今も捨てきれずに連絡をとってきたりする状況を示しています。

もしも、相手の接近が過剰なものである場合は一人でかかえこまずに、できるだけ多くの信頼おける人に現状を説明しておくことで最悪の事態を回避できる可能性が高まるといえるでしょう。

RELATED POST