動物占い

守りの猿の性格や恋愛相性まとめ(ブラック)

【基本性格】守りの猿[ブラック]の性格や本質をズバリ解説!

守りの猿[ブラック]はとても賢く話術に長けていて、その話題の方向性は誰もが驚く程の豊富さ。
しかも、年代/性別問わずに、どんな相手とでも会話を成立させることの出来るのです。

しかも現代の流行にもアンテナを張り巡らせ、今話題になっている事やファッション等の知識もとても豊富です。この事も守りの猿[ブラック]の話し上手に繋がるのでしょう。
しかも、常にニコニコ、話している相手を楽しませることも忘れません。守りの猿[ブラック]を慕って多くの人が集まってきます。

ただし、表面上は周囲と仲良くしているように見えますが、実は相手によって手の内を変えているところもあるのです。
嫌いになった人に対しては、笑顔で会話をしながらも心の中では冷徹に相手との交流に対するメリットを探ったりもしています。
腹を割って話が出来る人が少なく、いつもそんな相手を求めているのです。

また、少し周囲に見栄を張る傾向もあり、自分がいかに満たされているのかを周囲にアピールしたりもします。
明るく振舞いながらも、すこし面倒な性格なのかもしれません。
人付き合い、勉学、そして仕事、あらゆる面で特有の損得勘定が働き、計算をしながら生活をしているのです。
こんな守りの猿[ブラック]ですが、順風満帆の時は良いのですが、一度躓くとひどく落ち込むことがあるので、注意が必要かもしれません。

[恋愛]守りの猿[ブラック]が失敗しやすいのはどんなとこ?成就の鉄則とは?

守りの猿[ブラック]は、恋愛においてはかなりの慎重派です。明るく社交性に富み、普段は異性の友人とワイワイと楽しくはしゃいだりするのに、こと恋愛となると途端に奥手でシャイになる傾向があります。また物事をシンプルに捉え、感情に流されず冷静に判断する能力に長けていますが、恋愛に対しては映画やドラマのような現実離れした純愛に憧れを抱くような、少々幼い恋愛観を持っています。そのため自分からアプローチすることはあまりなく、相手が積極的に近づいて来てもどうしたら良いかわからず戸惑ってしまうことが多いです。プライドも理想も高い守りの猿[ブラック]ですが、失敗を恐れてなかなか自分に自信が持てない面があります。
いっぽうでいったんお付き合いが始まると、常に相手の愛情を感じていたい「愛されたがり」の人でもあります。精神的に自立したさっぱりした関係より、お互い守り守られ、いつでも絆を確かめ合える深い関係を望みます。そのため相手にやや依存しがちになるのも守りの猿[ブラック]の特徴です。
守りの猿[ブラック]が恋愛を成就させるには、おおらかで全てを包み込んでくれるような包容力のある人を相手に選ぶことです。寄り添って、心を許し合える関係が作れるかどうかが守りの猿[ブラック]の恋愛の大きなポイントになるでしょう。

[対人]守りの猿[ブラック]は周囲にどんな影響を与えてる?

守りの猿[ブラック]は総じて身軽で人付き合いに長け、友達が多い事が特徴です。
明るく平和主義、加えて平穏を好む傾向から周囲にはいつも笑顔の絶えない楽しい空気があります。
また物事に対してあれこれ深く考え過ぎるという事が無く、常にシンプルに直感的に事象を捉えるのが守りの猿。
何事にもポジティブで分かりやすいその姿勢は他者におおらかで気構えの大きい印象を与え、公私共にその場のムードメーカーとなることもしばしばあるでしょう。
ただそのシンプルさや素直さから、人に対しても好き嫌いや損得勘定がハッキリ出てしまうのが守りの[ブラック]の玉にキズな部分でもあります。
慎重を要する場面でも相手や周りへの態度の面で配慮に欠けるように見えてしまうのです。
しかし基本的に世渡りが得意な守りの猿は、少々無遠慮な所があってもあまりそれがマイナスにはなりません。
持ち前の対人関係スキルと明るい性格も手伝って上手いこと自分のペースで物事を運んでいけるので、結果として周囲に悪い影響を与えにくいのです。
いちいち立ち止まり思い悩むことの少ない守りの猿は、強い精神力と切り替えの早さでもって状況を切り開いていける言わばメンタルリーダーのような存在と言えるでしょう。

[才能]守りの猿[ブラック]に秘められた能力とは?

守りの猿[ブラック]は、明るく社交性に富み、誰とでも親しくなれる協調性を持っています。その一方でとても負けず嫌いで、心の内に闘争心を秘めた野心家でもあります。直感力に優れ、自分にとって利益のある人とそうでない人を見極める能力に長けています。また感情に流されず、物事をシンプルに捉える合理性と冷静さを持っています。
損得勘定で動く人ではありますが、不思議とずる賢いとか打算的といったイメージで見られることはなく、持ち前の明るさと親しみやすさで相手の心を開かせ、信用を勝ち取ってしまいます。このような特徴から守りの猿[ブラック]は商才に優れており、営業職などで本領を発揮する人が多いようです。
一方で要領が良く世渡り上手なところがあるため、人に頼って自分は楽をする傾向があります。やや他力本願的なところもあり、決断や選択を人任せにすることも多いようです。それでも人間関係に影響することはなく、うまく人に頼りながら我が道を行ける人と言えます。
また守りの猿[ブラック]は、成果が形として目に見える仕事でないとモチベーションが上がらない傾向があります。数字やデータにも強いので、成績が数字として現れる仕事などは、持ち前の闘争心と向上心を発揮し、周囲も一目置くような活躍が出来るでしょう。

≪重要!≫これをやったら才能が台無し!注意したいNG行動

守りの猿[ブラック]のNG行動は、勝ち負けにこだわり過ぎるところ にあります。 根っからの負けず嫌いで、負け戦はしない主義なのがこのタイプの 傾向と言えます。普段は温厚で優しいイメージを持たれやすいですが、 周りもビックリするほど闘争心が強い一面を持っていますよ。 そのため、それが例え仲の良い友人であっても家族であっても 容赦はしません。プライドも高く非常に頑固なので、面倒な人と 思われてしまいがちです。本当に大事なことならその意気込みは 評価されますが、ちょっとしたことにも負けず嫌いを出してしまうと 大人気ない人物だと認定されてしまうので注意が必要です。 また、人に頼りがちになるのが守りの猿[ブラック]の悪い癖でもあります。 甘え上手で憎めない性格をしているため、大抵のことは周りも やってくれるのですが、度を越してしまう時があるのです。 特に仕事面でその傾向があらわれた時は、したたかさが表に出てしまい人間関係を崩しかねません。 メリットやデメリットで物事を判断する節もあるので、そこを しっかりと改善していかなければ、大切にしてきた人脈も 失ってしまいます。そうならないためにもじっくり考えて行動する 必要があると言えます。

【相性占い】守りの猿[ブラック]と相性がいいのはどの動物?

「恋愛」をするなら[レッドの黒ひょう]

守りの猿[ブラック]は、「恋愛」をするなら[レッドの黒ひょう]が良いでしょう。ロマンチックな恋を望む猿と相手のセンス重視の黒ひょうは刺激に満ちたカップルです。猿は、異性からモテるにも関わらず、恋愛に関しては奥手で苦手です。好みは夢の中に出てくる王子様のような現実離れした人で少女漫画のような純愛に憧れを持っています。一方の黒ひょうは、見た目の良さセンスの良さを重視するタイプです。相手のファンションセンスやライフスタイルが恋人選びの大きなポイントとなっています。いつまでも刺激的で退屈せず、ときめきを忘れないマンネリ化しない関係を続けていけるでしょう。

「結婚」をするなら[イエローのたぬき]

守りの猿(ブラック)にとって、「結婚」をするなら大器晩成のたのき(イエロー)でしょう。猿は、夫婦関係や子育ても常識的に堅実に取り組む人です。たぬきは自分を信じる心を持っているので、どんな苦境でも焦らず悠々と乗り越えていきます。普段はおとなしいですが、いざというときには頼りになります。価値観の一致を重視する猿と、家族のムードメーカー的なたぬきは、お互い相手を吟味した末に絆を深めて結婚するでしょう。腰を落ち着けてのんびりと温かな、リラックスできる家庭を築きます。

「仕事」をするなら[オレンジのひつじ]

守りの猿[ブラック]は、「仕事」をするなら[オレンジのひつじ]とが良いでしょう。がんばりすぎになりがちな猿をひつじがうまくフォローする良い関係です。猿は正義感と責任感が強く、常識的な価値観を持ち、周囲からの信頼も厚く人望を集めています。何を任されてもソツなくこなす器用さが重用され「デキる人」の代表格と見られています。しかし、責任感の強さから、能力を超えた量の仕事を抱え込んでしまう事もあります。一方のひつじは、持ち前の観察力と社交性で仕事の人間関係も良好、周囲の動向を良く把握し、チャンスを逃さず実行できる賢さがあります。猿が張り切り過ぎてつぶれてしまわないように、ひつじが観察し、フォローし、上手くコントロールできる良いパートナーとなるでしょう。

「親友」になるなら[イエローのこじか]

守りの猿[ブラック]は、「親友」になるなら[イエローのこじか]が良いでしょう。正義感が強く快活な猿を、こじかは信頼してサポートする良い相性です。子供の頃から正義感が強く周りの大人たちからも信頼が厚く、積極的に前に出るタイプではないのにリーダー的な役割を担わされることが多い猿は、いざという時に頼れる、相談したくなるような人です。こじかは、仲良くなるには少し時間がかかりますが、一度信頼した相手は誠心誠意大切にします。強い絆で結ばれ、お互いを大切にしあう親密で温かな雰囲気の関係が築けるでしょう。

【2021年運勢】守りの猿(ブラック)の今年の運勢は?運気を下げるヤバい行動とは?

【基本性格】落ち込みの激しい猿[パープル]の性格や本質をズバリ解説!

落ち込みの激しい猿[パープル]は仲間を大切にし、その場を盛り上げて くれるムードメーカー的な存在です。 いつでも周囲への最低限の配慮を怠らず、どんよりした空気を 明るくしてくれる優しい一面を持っています。 相手の立場に立った考え方が出来るので、人からも信用されやすく付き合い やすいといった特徴がありますよ。 情に熱く、問題を抱えている人がいればすぐに駆け寄ってあげられる 所も人を惹きつけるポイントと言えます。 また、チームワークを大事にするのも落ち込みの激しい猿[パープル]の 特徴です。調和を重んじるタイプなので、そこから逸れるような人は あまり好まない傾向にありますよ。また、過干渉過ぎると言った 特徴もあり、それが激しくなると他人の領域まで入り込んでしまう 危なっかしさもあります。 他にも、心配性なために小さなことを大きく捉えてしまう節があります。 通常であれば難なく終わらせられるような事でも、一旦悩みのスイッチが 入ってしまうと途端にあれこれと問題を大きくしてしまい一人パニックに なることもあるようです。 しかし、元々とても頭の回転が速く臨機応変にこなしていけるタイプでもあるので、 流れを捉えて行動する事が出来れば問題ないでしょう。

[恋愛]落ち込みの激しい猿[パープル]が失敗しやすいのはどんなとこ?成就の鉄則とは?

落ち込みの激しい猿[パープル]には、容姿やファッションなどのセンスは恋人選びに欠かせない大切な要素です。まず、外見をチェックし、見た目や雰囲気が自分とつり合うかどうかを気にします。そして、ひと目ぼれもしょっちゅうです。ところが、パープルの猿は、意外にもすぐに行動する事はせず、ひとりで思っている時間が長いのが特徴です。男性の場合は、特に胸に恋心を秘めるタイプです。クールに振る舞っているけれど、実はハートがとてもピュアな人が多いのです。そして熱しやすく冷めやすいので、思いだけが先行し、ひとりで盛り上がって、そのうちにひとりで冷めてしまう、なんてこともあります。女性の場合は、惹かれるのは大抵自分と良く似たワガママなところがある男性が多いです。まるで自分を見ているようなので、相手の態度を見て己を振り返り、反省することもしばしばあるでしょう。 パープルの猿は、恋する事においても生涯現役でいたいと思っているので、結婚しても、いつまでもアツアツのカップルでいる事が多いようです。お互いに仕事や趣味などの自分の世界を大切にし、刺激と緊張感のある関係を築くでしょう。所帯じみたり、マンネリになるのが大嫌いで、毎日を積極的に楽しむ姿勢は一生変わりません。

[対人]落ち込みの激しい猿[パープル]は周囲にどんな影響を与えてる?

落ち込みの激しい猿[パープル]は、頭の回転が速くて機転が利くため、どんな困難な状況でもスマートに対応でき、周囲にかなりデキる人だと思われています。仲間を大切にし、みんなのまとめ役を買って出るリーダー的気質も頼りにされているようです。ただ、周りの人たちの話をよく聞いて、みんなの要望に応えようと努力していますが、本来は自分の直感やひらめきを信じているので、物事を客観視するのは苦手です。そのため、特定の人だけ優遇されているとか、不公平だとかいう不満も一部では出てきそうです。また、自分の気持ちを上手に伝える事には苦手意識があるようで、話し方がぶっきらぼうになることがあり、言葉足らずの押し付けがましい人だと思われてしまうこともありそうです。そして、感情的なところがあり、ナイーブな感性を刺激されるような出来事が起こると、すぐにカッとしたり、反対に極端に落ち込んでしまったり、感情のままに行動を起こすところがあります。 パープルの猿は、家族などの身内や、友人たちとのつながりをとても大切にし、仲間を一致団結させるのは自分の役目とばかりに、いつも周囲に目配りして、人の面倒を見ていたいのです。頼られれば、頼られるほど力が湧いてきて、頑張ってしまいます。人間関係を複雑に考え過ぎて、ひとりで悩んでしまう事もあります。人の面倒を見るのは好きだけれど、自分へのアドバイスには耳を傾けない所が、自分勝手だと思われてしまう要因なので、たまには受け身になって、謙虚に人の言葉も受け入れるようになれれば、人間関係がよりスムーズになり、多くの人の理解を得られるでしょう。

[才能]落ち込みの激しい猿[パープル]に秘められた能力とは?

落ち込みの激しい猿[パープル]は、先読みの才があるのが 特徴です。会話の流れを読むだけではなく、常に時代の流れを先読みし、 流行をいち早く取り入れる事が出来る優れた能力が備わっていますよ。 感情の移り変わりにもとても敏感に反応する事が出来ます。 それを活かし、いつでも誰よりも早く行動する事が出来るので、リーダーとして 大活躍する人が多いのも落ち込みの激しい猿[パープル]の特徴でもあります。 トラブルが起きてもスマートに解決していける姿は、周囲の人も認める程です。 直観力にも優れているので、行動に迷いがない所も人を惹きつける魅力と 言えます。 また、落ち込みの激しい猿[パープル]は好きな事には一直線です。 どこまでも徹底的に解析し、プロの領域に行ける程のめり込んでしまいます。 集中力がずば抜けているので、好きなことを仕事にした場合はどこまでも 上を目指せるほどの凄まじさがありますよ。 並大抵の探求心ではありませんし、元々ひらめきや直観力も 優れているので、そこを発揮できれば向かうところ敵なしと言って良いくらい 次々と色々なことを生み出していき、周囲がびっくりするほどの偉業を 成し遂げる人物と言えるでしょう。

≪重要!≫これをやったら才能が台無し!注意したいNG行動

落ち込みの激しい猿[パープル]のNG行動は、良く考えずに 突っ走ってしまうところにあります。 人からの評価を気にしてしまうあまりに、順序立てて行動する事が 出来なくなってしまう時があるのです。これをしてしまうと大きな 失敗に繋がり、自ら大切にしてきた評価を下げてしまう事になってしまいます。 本来の落ち込みの激しい猿[パープル]は自分で考え流れに沿って 機敏に動けるタイプなのですが、一旦人の目が気になりだすとそれが出来なくなり、 良からぬ方向に転じてしまうので、自分のペースを崩すような行動派 避けた方が良いでしょう。 また、嫌いな事には一切かかわらないのも落ち込みの激しい猿[パープル]の 特徴です。これは対人関係でも同じことで、一度嫌いになった相手には 見向きもしなくなります。これがエスカレートしてしまうと対人トラブルを 招く原因にも繋がってしまうのです。基本的に感情が顔にもろに出てしまう タイプなので、相手にも感情がストレートに伝わってしまい収集 不可能になってしまうケースも珍しくはありません。 こうなってくると、大切にしてきた仲間や友人からも距離を置かれがちに なるので、特に気を付けたいポイントと言えます。

【相性占い】落ち込みの激しい猿[パープル]と相性がいいのはどの動物?

「恋愛」をするなら[イエローのチーター]

守りの猿(ブラック)にとって、「恋愛」をするなら長距離ランナーのチーター(イエロー)でしょう。猿は恋愛に関しては、一目惚れをしやすいものの、思いを胸に秘めるタイプです。チーターは恋に積極的なタイプです。チーターは恋に落ちたらまっしぐらなので、なりふり構わず突き進みます。そんな積極性に、熱しやすく冷めやすい猿も押され付き合うことになりそうです。お互いに適度な刺激と緊張感をもちながら、楽しい付き合いが出来そうです。

「結婚」をするなら[ブラウンの狼]

守りの猿(ブラック)にとって、「結婚」をするなら穏やかな狼(ブラウン)です。猿は熱しやすく冷めやすい性格ですが、アツい思いを胸に秘めるタイプです。一方の狼は追いかける恋愛が好きですが、現実は意外と無難なところに落ち着きます。一家をまとめる猿を堅実な狼がサポートします。地に足の着いた生活を送りながらも、お互いの価値観をキープできる良いパートナーとなるでしょう。 お互い責任感を持って家庭を守るタイプなので、落ち着いた家庭を築けます。

「仕事」をするなら[シルバーのゾウ]

守りの猿(ブラック)は、頭の回転が速く、実践力にあふれています。反面、正確性を欠くことがあります。 そのため、縁の下の力持ちのデリケートなゾウ(シルバー)の確かな知識と冷静さは、猿の人にとって頼もしいです。 着実に一歩一歩踏み出すゾウと猿がタッグを組むと世間の流行にも対応することができます。 ゾウの確かな知識と不動の力、猿の持つ相手の気持ちを推察する力、実行する力が協力することで、大きな成功を収めることができるでしょう。

「親友」になるなら[レッドの狼]

守りの猿(ブラック)にとって、「親友」になるならネアカの狼(レッド)でしょう。猿は喜怒哀楽がハッキリしていて、思っている事がすぐ顔に出るタイプです。一方の狼は自分の直感に従って行動し、常識にとらわれない人です。そんな二人は性格が異なるように感じますが、実は身内を大切にするのが共通点です。一度仲良くなればお互いを徹底的に助け合う関係になるため、深く知れば知るほど信頼し合うようになります。心配性な猿とマイペースな狼との相性は非常に良いでしょう。

RELATED POST