夢占い

ワニの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】ワニは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいてワニの夢は【運気】を示すという意味が基本にあり、吉凶の運気や、警告メッセージなどを混ぜ合わせたような特徴があります。

まず、夢のワニが象徴するのは「影響力がある指導者」「逆らうと厄介な人物」であり、さらに体育会系の気質をもった存在を表しています。

具体的には、会社の上司や先輩、あるいはリーダーであったり、部活の顧問や両親、そして兄妹なども含まれます。

そして、現在に悩みや問題をかかえている暗示がありますが、夢が象徴する人物によって問題解決のキッカケや気づきを得ることを表しています。

つまりワニの夢は、今が凶運であり、少し先に運気が向上して吉運になるという運気を伝えているのです。

ワニの夢を見る心理的な背景とは?

実生活でプレッシャーや圧力を感じていたり、恐れや怯えた気持ちで「自分が攻撃されているような気分」があることを暗示しています。

その理由としては、威圧感を感じる影響力の強い存在であったり、早く成長したいという自身の葛藤や焦りが発展してプレッシャーになっていると伝えられています。

そのうち威圧感を覚える相手に対しては、気にしすぎていることを夢が警告しています。

具体的には、対象の言動を落ち着いて整理してみることで「攻撃ではなく、応援」であることに気づくというメッセージです。

それを踏まえて、相手に向き合うことで悩みの解消や成長運の上昇があることを示唆しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じないようを見るのは、強烈に運気が向上していることを暗示していて今後大きな成功を得ることを表しています。

具体的には、現在自分に影響を与えてくれる指導者やメンターのような存在に認められたことを機に、才能を発揮して社会的に飛躍していく表れです。

そして、最近で悩み事やトラブルが起こって現状が悪いと感じている場合は、近い時期に事態の好転がおきて解消されていくことを暗示しています。

RELATED POST