夢占い

災害の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】災害は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで災害の夢は【勢いに乗る】という基本的な意味があって、そのほとんどが吉夢となります。

まず、現在にかけて勢いに乗る心理や状況があることを暗示されています。

それは、周囲を圧倒しながらも賛同を得て巻き込み拡大していくような勢いと熱意の表れです。

具体的には、仕事運が上昇していたり交友関係においても中心的な役割を果たし充実した人間関係を築いている暗示です。

くわえて、順調な恋愛をしていることを表していて公私共にエネルギッシュに活躍することができていることを示しています。

ただし、少し先で突発的なトラブルに見舞われる暗示があって瞬間的に運気が低迷することを示唆されています。

それでも、乗り越えることで、その先に自身にとっての大転機や喜びが待っていることを示しています。

災害の夢を見る心理的な背景とは?

迷い少なく、何事にもやる気に満ちあふれた心を暗示していて、さらに勢いと熱意の高まりが表れています。

例えば、お祭り終盤のピーク時のようなテンションに近いエネルギーが災害の夢として映し出されています。

そして、人間関係においても力を発揮している暗示があって、特に仕事上の対人面で才能を活かすことに成功して着実に成果があがっていることを表しています。

ところが、順調な中に落とし穴が潜んでいることを警告したメッセージも伝えられています。

具体的には、現在の恋愛対象やプライベートな友人が自分から「半歩ほど引いて距離を感じている」という内容です。

その場合の解消の鍵は、「相手の意見を聞く姿勢」や「高ぶる気持ちを中に持ちながらも穏やかに話そうとする意識」をもつことです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ内容をくりかえし見るのは、強烈な不安を感じていて生きた心地がしないような心理にあることを暗示しています。

そして、現在に必ずしも大きな問題をかかえている状況ではなく、少し先の未来に対して怯えている心を表しています。

例えば、過去にトラウマがあって現在順調な恋愛をしていても「また、急に終わりが来てしまう」などの不安感が高まっている暗示です。

この場合は、すぐに解決したいと焦るよりも「時間をかけてゆっくり安心を取り戻していく気構えが大切」というメッセージが夢から伝えられています。

RELATED POST