夢占い

酒の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】酒の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで酒の夢は、基本的に【交友】という意味をもっていて、吉兆の表れや吉夢になります。

まず、交友関係の広がりや深まりがあることを予兆していて対人運の上昇が伝えられています。

夢にでてきたお酒の相手と親睦が深まっていく暗示の場合もありますが、ほとんどは人間関係全般の付き合いに関することを示しています。

例えば、出会って間もない人物の交友が深まったり、この先に友人から知り合いを紹介されるような関係の広がりが当てはまります。

そして、恋愛に関する出会いに縁がある表れがあって、外食の誘いや付き合いに参加することで恋愛運が上昇する暗示があります。

他にも、仕事が多忙で疎遠になっている友人などから便りや誘われるようなことが起こると伝えられています。

酒の夢を見る心理的な背景とは?

まず、少なからずポジティブ思考でほどよい気軽さがある状態を示唆していて、迷いや悩みの深みにハマるようなことはない暗示です。

具体的には、選択肢がうまれると迷うまえにテンポよく答えがわかりこたえられるようなスッキリとした思考状態を指します。

そのうえで、自分に刺激となる人やモノ、あるいは出来事を求めている気持ちが夢に表れています。

例えば、今までの自分の常識を打ち破ってくれるような破天荒な人物や、お互いのこだわりについて語り明かせるような対人関係を心の奥では求めている暗示です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえし何度も同じ内容をみる場合は、夢に出ている人物が伝えたいメッセージがある可能性を示唆しています。

具体的には、しばらく会っていない友人が心配していたり、反対に気にかけている相手がいることで夢に表れています。

そして、夢を繰り返し見せるのは重要なメッセージを伝えている可能性が高く、相手が知り合いであれば連絡をとってみるとわかることがあるでしょう。

例えば、相手が結婚や遠くに引っ越すことを報告したがっていたり、新しい仕事に関する内容を伝えたがっていたりする表れです。

RELATED POST