夢占い

指の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】指は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

指の夢は、_変化を暗示する意味を持っています。それぞれの指には象徴する人物や役割があり、夢の中でどの指が印象的であったかによって少しづつ意味が変わります。基本的には、印象的に感じた指が象徴する人物との関係、象徴するものの変化を暗示していますが、指全体が意味を持つ夢もあります。

また、結婚指輪は薬指といった風に、恋愛において重要な役割を果たす指もあります。そんな指の夢では恋愛成就を暗示する意味を持つことも多く、恋愛運上昇が期待できます。

指は物を掴んだり握ったりと、私達が生活していく上で欠かせない役割をしています。そんな指が夢で表していることも、あなたの生活に欠かすことができない身近な人間関係を表しているのです。

指の夢を見る心理的な背景とは?

指の夢を見る人は、家庭環境や恋愛、友情において何か悩みや不安を抱えている人、変化を感じ取っている人です。あなたにとって密接な関係にある人間関係に変化が生じようとしていることを潜在意識では感じ取っているのでしょう。

人間関係が変化するということは、今ある生活が変わることもありますし、不安も大きいものです。もちろん、なかには期待や希望もあります。そんな心理的背景が、指の夢として現れているのでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

指の夢を何度も見る時、夢で現れた指が象徴するものに大きな変化が迫っていることがわかります。それに対して、あなたに具体的な行動や注意を促しているとも考えられます。

変化を暗示する夢を何度も見るのですから、変化に対する警告夢とも考えられます。

何度も指の夢を見たら、まずはどの指が印象的だったかしっかりと思い出しましょう。きっとその指は、あなたの人生に大きく関わっている、もしくはこれから関わることになる人物や物事を示しているはずです。

RELATED POST