夢占い

知り合いの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】知り合いは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

知り合いの夢は対人運の上昇を暗示しています。なぜ友達でもなく恋人でもなく、知り合いが夢に現れたのか気になりますよね。知り合いが夢に現れる場合、多くはあなた自身を投影しているのです。ですから、夢の中の知り合いの言動は、あなた自身の言動ということになります。

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉がありますが、周囲の人の姿から自分の問題や直すべき点が見つかることはよくあります。知り合いが夢であなたに気づきを与えてくれることが、結果的に対人運の上昇に繋がるということです。

ただし、知り合いが異性だった場合、それはあなたを投影しているのではなく、あなたの理想とする異性の姿を投影しています。残念ながら願望ですので、そのような異性が現実で現れるとは考えにくいですが、自分でも気がついていなかった発見などがあるかもしれませんよ。

知り合いの夢を見る心理的な背景とは?

知り合いの夢を見る人は、自身に直すべき点や改めるべき点があることに薄々気がついている人が多いです。自覚がないと思っている人でも、潜在意識では感じているということもあります。自分を客観的に見ようとする深層心理が働くことにより、知り合いが自身の分身という形で夢に現れているのです。

なかには知り合いの姿が自分自身だと認めたくない人もいるでしょう。ですがこれは夢からの警告でもあります。しっかりと自身と向き合いましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

知り合いの夢を何度も見るということは、今のままでは悪いことが起きたり対人運が下降したりといった懸念があるなど、あなたに伝えたい重要なメッセージがあるということです。

また、夢に現れた知り合いが実在する人物なのであれば、その人物が現実であなたの手助けをしてくれるキーパーソンとなる可能性があります。実在しないとしても、似ている人物がそうである可能性も大いにありますよ。知り合いの夢を何度も見る時は、知り合いの様子をよく観察するようにしましょう。

RELATED POST