夢占い

首の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】首は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

首の夢は基本的に仕事運を象徴します。首は胴体と頭をつなぎ合わせるという、とても重要な役割をしていますよね。そんな首は、社会的な地位や生活の基盤といったものを意味しているからです。

また、首の夢は全体的に凶夢の場合が多いですが、首の状態や状況次第で意味は変わってきます。

首の夢を見て良いイメージを抱いたのであれば、生活が安定していることの暗示です。また、それにつながる思考やメンタルも安定しているということです。日常生活は順調であると言えるでしょう。
一方で、首の夢に悪いイメージを抱いたのであれば、仕事で大きな失敗をして家計を揺るがす事態に陥るなど、不運が待ち受けていることを暗示しています。

首の夢を見る心理的な背景とは?

首の夢を見る人は、日常生活において責任ある立場の人が多いです。仕事をしている人、家計を支えている人などです。そもそも社会的地位や生活の基盤が出来上がっていない人が首の夢を見ることは少ないと言えるでしょう。

厳しい環境の中で切磋琢磨しながら頑張っている人なので、その分成長も大きいです。ですから見た首の夢の意味が良くないものであっても落ち込まないでくださいね。まだこれから挽回することも可能です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

首の夢を何度も見る時は、仕事を頑張りすぎているサインかもしれません。仕事運が低下している暗示でもありますが、そんな仕事のことが常に頭のどこかにあって落ち着かないのではないでしょうか。仕事のことが精神的にプレッシャーになっているので、夢に何度も現れている可能性があります。

何をしてもうまくいかない時期は誰にでもあるものです。そんな時は思い切ってリフレッシュしてしまいましょう。リフレッシュすることで運気の流れが変わることもありますよ。

RELATED POST