夢占い

死んだ人の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】死んだ人は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

死んだ人の夢は基本的に吉夢なので安心してください。死んだ人の夢には再獲得という意味があります。失ってしまったものを再度得ることができるかもしれませんよ。また、あなたに大きな転機が訪れることを暗示している夢でもあります。

死んだ人が夢に現れたら、話していた内容や行動をよく思い出すといいです。死んだ人は、あなたにメッセージを伝えるために夢に現れているのです。あなたをプラスの方向へ導こうとしてくれていると考えられます。特に、生前あなたとの仲が深かった相手や血縁関係の人が夢に現れた時はその意味合いが大きいです。

ただし、死んだ人の表情が険しい場合や怖いイメージを持った場合は警告夢とも考えられます。先程同様に、死んだ人が何を伝えようとしているか考えてみてください。

死んだ人の夢を見る心理的な背景とは?

死んだ人の夢を見る人は、何かに悩んでいたり行き詰まっていたりする人が多いです。そんななかでアドバイスを求める心理状況が、死んだ人を夢に現しているのでしょう。

また、なかには死んだ人を懐かしんでいる時や、死んだ人の死を受け入れられない人が死んだ人の夢を見ることもあります。あなたにとって大切な存在の人だったのでしょう。身近な存在の人の死を受け入れるのには時間がかかります。無理に忘れようとせず。ゆっくり心の傷を癒していきましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

死んだ人の夢を何度も見る時は、死んだ人があなたにどうしても伝えたいことがあるということです。余程大切なことなのでしょう。あなたの人生を左右する大きな転機が訪れているのかもしれません。

もしあなたが失ってしまったものに失望しているのであれば、再獲得できるチャンスが巡ってきているのかもしれません。死んだ人が何度も伝えようとしていることは何か、よく観察して、せっかくのメッセージを無駄にしないようにしましょう。

RELATED POST