動物占い

慈悲深い虎の性格や恋愛相性まとめ(パープル)

【基本性格】慈悲深い虎[パープル]の性格や本質をズバリ解説!

慈悲深い虎[パープル]は、落ち着きがあり大抵のことでは動じない冷静沈着さを持っています。頭の回転が早く、物事を論理的に捉えることが出来ます。判断力に優れ、トラブルが起きてもて適切に対処できるので、目上の人から一目置かれることも多いでしょう。
人に対しては誰にでも公平・平等に接する温厚な人柄で周囲から信頼されています。正義感が強く常識人で、礼儀やマナーを大切にします。伝統や格式を重んじており、年中行事を大切にするなど古風な面が見られます。また堅実でバランスの取れた金銭感覚を持ち、無駄な浪費やルーズなお金の使い方を嫌います。
慈悲深い虎[パープル]は自分の考えが絶対的に正しいという自信を持っているため、異なる意見を持つ人に対しては寛容になれない傾向があります。マナーや常識を大切にするため、守れない人に対しては頭ごなしに叱りつけたり、新しい意見を取り入れる柔軟性に欠けるため、周囲の人から頑固者と見られることもあります。
自分だけの世界を持っており、一人の時間をとても大切にします。特に趣味に没頭している時などは他のことが目に入らなくなるため、近寄りがたい印象を持たれることも。基本的に純粋な精神の持ち主で、決めた目標に向かってひたすら真っすぐに進むことの出来るバイタリティーに溢れた人です。

[恋愛]慈悲深い虎[パープル]が失敗しやすいのはどんなとこ?成就の鉄則とは?

慈悲深い虎[パープル]の異性の好みは、とにかく大らかで飾らない相手にひかれます。
物腰が柔らかいので、異性から告白されることも多いのですが、虎はどちらかと言うと肉食系。自分から相手を探して追いかける方が性に合っているのです。
気になった異性が現れると、猪突猛進、一直線に突き進んでいくのです。
傍から見たら力ずくとも思えるようなアプローチ、告白された本人がタジタジになる事もあるようです。
ある程度勢いを落として、強引さを少し控えた方が相手のOKを貰える可能性は高まります。

ただし、恋愛関係になると少し様子が変わります。実は実際に付き合うと意外なほど優しく、相手を思いやる気持ちが溢れてくるのです。
自分の恋人に対して一途なので、ほかの異性には見向きもしなくなり、浮気の心配も全くありません。

自分の気に入った場所にパートナーを連れていき、楽しさを共有する事に喜びを覚えます。
ただ、連絡をこまめに入れてくれるタイプではないので、頻繁に連絡を取り合いたい人にとっては、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。
とてもお洒落で、洋服にはとても気を使っています。同じようにお洒落に関心のある異性がパートナーとして相性が良さそうです。

[対人]慈悲深い虎[パープル]は周囲にどんな影響を与えてる?

慈悲深い虎[パープル]は、さっぱりとした素朴な外見と、紳士・淑女的な落ち着いたふるまいが、そばにいる人に安心感を与えています。 そして、周囲への気配りがとても細やかな点は、本人が思っている以上に周囲から尊敬の目で見られています。発言も押し出しも強く、貫録十分な人です。一度リーダーシップを発揮すると、そのカリスマ性で周囲を惹きつけます。精神的に成熟しているため、実年齢より上に見られるでしょう。パープルの虎と深く関わるようになって、温厚誠実な人柄に触れると、誰もが一目置かざるを得ないような気持ちになるようです。ただ、普段は抑えている自信家の顔がのぞくと、いつもとは違う強引な態度を見せることもあります。そんな時には、つい大風呂敷を広げて話が大げさになる傾向があります。 パープルの虎は、警戒心が強いほうなので、悠々と構える虎キャラにしては珍しく、少し話しかけにくい印象があるかもしれません。でも、一度懐に入ってしまえば、人懐っこい素顔が見えてくるでしょう。軽い付き合い方が出来ないので、交友関係はそれほど広い方ではなく、時間をかけて相手を知り、心を許した人と深く付き合うタイプなのです。繊細な気配りで相手を思いやりながら、さりげなく手を貸すことが出来るので、仲間うちでは絶大な信頼を得ているでしょう。パープルの虎を頼りにして、慕っている人は多いはずです。誰に対しても公平に接する正直者です。

[才能]慈悲深い虎[パープル]に秘められた能力とは?

慈悲深い虎[パープル]は、何事にも動じない落ち着きを持ち、精神的に成熟した貫禄をたたえています。人柄は誠実で温厚であり、誰にでも分け隔てなく接します。
冷静で物事を的確に判断する力に長け、無駄のない行動をすることができます。そのような自分の長所を良く理解しているので、自然と堂々とした立ち振る舞いになり、周囲から頼られることも多くなります。
慈悲深い虎[パープル]は自分だけの世界観をとても大切にしています。理想もプライドも高く、上から頭ごなしに指示されたり人から使われることを嫌います。自分だけの城を築き自分の理想の環境で働く方が成功しやすいと言えます。堅実な金銭感覚を生かして事業経営や投資の世界などでも活躍が期待できそうです。
いっぽうで面倒見が良く、人間関係も上手にこなします。やや頑固で人の意見を聞き入れないところがあるので、仕事をスムーズに運ぶためには柔軟さを身につけることが課題になるでしょう。
慈悲深い虎[パープル]は地に足をつけて堅実な道を歩んで行く一方で、理想が非常に高く夢を追いかけるロマンチストでもあります。そのため歳を重ねてもいつまでも若々しくバイタリティーに溢れた人が多いです。大器晩成型なので、若いうちに苦労した分、将来大きく才能が開花する可能性を秘めた人でもあります。

≪重要!≫これをやったら才能が台無し!注意したいNG行動

慈悲深い虎は計算高く常に冷静沈着です。万が一トラブルに巻き込まれてるいる状況でも、冷静に物事を判断できるほどです。そして人助けが好きで優しい性格もあるんですが、自分がどう対処したら周りからよく見られるのか、を考える腹黒さや計算高さが心底にあります。仲間といる時間が嫌いなわけではないんですが、基本一人を好みます。特に趣味に没頭している最中は、話しかけても普段とは考えられないようなそっけない返事が返ってくることも。それは家族や友人、恋人にしても同じことでとにかくその時間だけは、自分の領域に入り込んでほしくないと意思表示します。ですので比較的近寄りにくい存在と思われがち。そして極めつけが自分が誰よりも正しいと思っており、自分の考えや経験がどんなことよりも優れていると自負しているようで、他の人が真逆のこと言ったり逆撫でするようなことがあれば、敵意むき出しとなり威嚇するような態度をとります。もし上司が頭ごなしな意見を言ったとしたら、間違いなく衝突し人に対する評価を悪化させます。その後円滑なコミュニケーションは取りづらくなり、交友関係の維持も難しい状況に。もし小さな出来事でしたら軽くスルーして、客観的に物事を捉える姿勢と技術を身に付けたら、よりよい人間関係が構築できるでしょう。

【相性占い】慈悲深い虎[パープル]と相性がいいのはどの動物?

「恋愛」をするなら[ゴールドのペガサス]

慈悲深い虎[パープル]が恋愛をする相手として、最も素晴らしい関係を作り出す事の出来る相手、それは[ゴールドのペガサス]がベストパートナーと言えるでしょう。
虎は全てにおいてセンスがひかるペガサスに強く惹かれて、完全にペガサスの虜になります。
また、二人ともロマンチックな恋愛に憧れているのも共通しており、相思相愛となるでしょう。
二人が恋愛関係になって一緒に居れば、常に誰もが羨むようなラブラブな雰囲気に溢れるでしょう。

「結婚」をするなら[ブラウンの猿]

慈悲深い虎[パープル]はどんな相手を選んで結婚すれば、幸せな家庭を作ることが出来るのでしょうか。答えは一つ、[ブラウンの猿]が最高の組み合わせです。
虎はブラウンの猿の非常に落ち着いた雰囲気に安心感を抱きます。一緒に居てとてもリラックス出来ると言うのが虎にとっての結婚相手の条件でもあります。
また、ブラウンの猿は結婚相手に尽くすのが好きなので、虎が独裁的になると、猿は虎に対して素晴らしいアドバイスをする事ができます。
理想のパートナーだと言えるでしょう。

「仕事」をするなら[ゴールドのライオン]

慈悲深い虎[パープル]が一緒に仕事をする相手を選ぶ場合、どのような相手を選べばビジネスを成功させることが出来るのか。その相手は[ゴールドのライオン]です。
虎もライオンもお互いに向上心が強いため、よりよい結果を出すために努力を惜しまず、協力してビジネスを進めていくでしょう。
また、二人とも清廉潔白で社会規範を重んじるタイプで非常に気が合います。二人の組み合わせは必ずビジネスを大成功に導くことが出来るでしょう。

「親友」になるなら[ブラウンのコアラ]

慈悲深い虎[パープル]が生涯を通して友情を共にする事の出来る親友となる相手、それは[ブラウンのコアラ]でしょう。
コアラは非常に正義感が強く、曲がった事が大嫌いな性格。虎はそんなコアラを頼もしく思い、心からとても信頼できる相手だと感じます。
また、コアラも虎の自分に対する信頼を感じ、虎に対する一切の警戒心を解き、心を開きます。
二人は信頼関係を築き深い友情で結ばれるでしょう。素晴らしい関係と言えるでしょう。

【2021年運勢】慈悲深い虎(パープル)の今年の運勢は?運気を下げるヤバい行動とは?

【基本性格】尽くす虎[パープル]の性格や本質をズバリ解説!

尽くす虎[パープル]はその場の空気を読み取る能力に長け、常に相手の立場に立った行動を心掛ける気づかいの人。
細やかな配慮が出来る人で、一緒に居る人を包み込むような優しさを感じさせる人柄です。
非常に温厚で争いごとを嫌い、人とぶつかる事もほとんどありません。人に対して怒りを爆発させることも無く、とても落ち着いているので、多くの人に慕われます。
パッと見はとても明るいキャラクターに見えますが、実は少し神経質なところもあり、本当の姿は他人には見せません。
意外に心配性でもあり、人から見たらどうでもいいような細かい事を気に病み、夜も眠れなくなるような神経の細さを持っています。
無意識にストレスを溜め込むことも多いようです。
とても鋭敏な感覚を持っており、人とは少し違う角度から物を見る事が出来ます。非常に勘が鋭く、形が無いものをすぐに頭にイメージすることが出来ます。
この才能は周囲の人々も認めるものです。
しかも、自分でもこの才能を自覚しており、色々な事にチャレンジしていきたいと言う野望に満ち溢れています。
話す時はゆったりとした口調ですが、実は少しせっかちなところがあり、人を待つ事も待たされる事も嫌がります。
途中まで努力して続けてきた事でも、答えが出るのに時間がかかったりすると、簡単に投げ出してしまうところもあります。

[恋愛]尽くす虎[パープル]が失敗しやすいのはどんなとこ?成就の鉄則とは?

尽くす虎[パープル]はおっとりとした雰囲気で人当たりが良く、細かな気配りが出来るため誰からも好感を持たれますが、恋愛となると途端に奥手になる傾向があります。何でも器用にこなす一方、恋愛においては駆け引きが苦手で、一途に相手を想うタイプです。
お付き合いが始まると、その名の通り相手に尽くします。自分より相手を尊重し、常に相手の気持を汲み取ってあげます。いたれり尽くせりで相手が困ってしまうほど、何でもしてあげる傾向があります。いっぽうで尽くす虎[パープル]は自立心が強く、相手には尽くしても自分は相手に頼らず、何でも1人でやってしまう傾向があります。そのため相手が「自分は信頼されていないのでは」と不安に感じてしまうこともあります。
最初から結婚を視野に入れた付き合いを望みます。とても家庭的な性格なため結婚生活に向いており、良き家庭人となるでしょう。それだけに相手が中途半端な気持だったり煮え切らない態度を見せると途端に気持が冷め、早々に見切りをつけるような一面もあります。
尽くす虎[パープル]が恋愛を成就させるための鉄則は、お互いを尊重できるような程よい距離感を保つことです。一方的に尽くすのではなくたまには相手に頼ったり甘えたりした方が、絆を深めることが出来るでしょう。

[対人]尽くす虎[パープル]は周囲にどんな影響を与えてる?

尽くす虎[パープル]は、率先してみんなを引っ張っていくような積極的なアピールはしないかもしれませんが、それとなく周囲の雰囲気に気を配り、穏やかな集団づくりに尽力しています。特にパープルの虎には、鋭い感受性と直観力があり、人との会話に出てきたキーワードから、相手の心理を的確に読み解く能力を持っています。そんな観察眼から生まれた温かい言葉や態度で、人の心をギュッとつかんでしまいます。本人は気づいていないようですが、そばにいるだけで気持ちがなごんでしまうような癒しのオーラを放ち、周囲の人にも優しさの連鎖反応が起こるような、そんな空気を作れる人です。 気が優しく、争い事が大嫌いで、人間関係でもめるのは、自分の事でも人の事でも大の苦手な平和主義者です。 また、誰に対しても礼儀正しく、思いやりを持って接するので、多くの人から信頼を得ているでしょう。その場その場にふさわしい気の利いた行動がとれる人なのです。ただ、あまりにもシャイで内気な性格から、嫌な事でも引き受けてしまう優柔不断なところがあります。周囲との摩擦を避けるために「自分さえ我慢すれば…」と頑張りすぎて、精神面だけでなく体調面にもダメージを受けてしまうこともありそうです。それでも無理をして感情を抑え、保守的で安全な生活環境を築こうとするでしょう。

[才能]尽くす虎[パープル]に秘められた能力とは?

尽くす虎は努力家で周りを和ませる才能があります。言葉に裏表がなく正直者で周りに気配りを忘れず和ませる力があります。周囲からはおっとりしているように思われがちですが、しっかり者でよく周囲を観察していて周囲が快適に過ごせるように工夫をしています。争い事が嫌いなので平和に過ごせるような気配りも怠りません。縁の下の力持ち的存在でいてくれるだけで癒されるような効果を発揮します。要領がよく器用に何でもこなします。特に暗記が得意で一夜漬けでも良い結果を残すことが出来ます。覚えるのが得意なので人の名前をすんなり覚えたり、相手の話など会話の内容を覚えているので、相手に喜ばれることが多く好かれるタイプです。世渡り上手なので、どんな人にも好かれて上手く付き合うことができます。コツコツ努力することも得意なので一度決めた目標は最後までやり遂げます。負けず嫌いでもあるので一度表明したことは曲げるのを嫌がります。真面目すぎるところがあり周囲の人に頼るのが苦手です。自分で解決しようと全力で最後まで頑張れる粘り強さがあります。更にどんな困難な事が起きようとも逃げることなく立ち向かい、頭が良く臨機応変な行動が得意なので解決に導くことができます。

≪重要!≫これをやったら才能が台無し!注意したいNG行動

尽くす虎[パープル]のNG行動は、辛くても人に頼らないところ にあります。 周りの空気を乱す事を嫌うので、自分のことのために時間を 割いてもらうことにとても罪悪感を感じてしまいます。 プライドも高いので、困っている所を人に見られるのも嫌ですし、 弱いところをさらけ出すのも好みません。 自分を過信し過ぎるところが悪い癖なので、そこを改善していかなければ 苦労を全て背負い込んでいずれ苦しくなってしまいます。 人に手を借りることに躊躇せず、本当に困った時は助けを求められるよう にしましょう。 また、自分の限界が分からないといった傾向があります。 常にひたむきに努力し続けている尽くす虎[パープル]は、疲れを 感じてもそれがどの程度まできているかを考えずにとにかく 突っ走ってしまいます。そのため、どうしようもない所まで きてしまった時に初めて気持ちが爆発してしまい、途端に思考も 停止してしまうのです。そうなってからでは通常の状態に戻る ことは難しく、回復するのに長い期間を費やしてしまいます。 努力家な部分や学習能力が高いと言った能力を低下させないためにも、 適度に息抜きをする術を身につけた方が良さそうです。 そうすれば負担が軽減され、今まで以上の力を発揮できるように なるでしょう。

【相性占い】尽くす虎[パープル]と相性がいいのはどの動物?

「恋愛」をするなら[イエローのこじか]

尽くす虎[パープル]は、「恋愛」をするなら[イエローのこじか]が良いでしょう。常に相手のことを気にするこじかを虎の安定感で包む良い関係です。こじかは恋愛ににおいて常に真剣で相手の事を考え、尽くし、愛情を確認しないと不安になるタイプです。虎も恋愛に関しては駆け引きなどが一切出来ない真っ直ぐでシャイな人。付き合いが始まると、相手といつまでも新鮮な関係でいたいので楽しく穏やかな関係を築こうと日々の努力を怠りません。こじかは、そんな虎と一緒に居て安心感を抱き、お互いに精神的にも絆が深まり幸福感を得られることでしょう。

「結婚」をするなら[ブラウンのひつじ]

尽くす虎[パープル]は、「結婚」をするなら[ブラウンのひつじ]が良いでしょう。奥ゆかしさが魅力の虎のことをひつじが理解し守ってくれます。ひつじは結婚すると地に足のついた安定した生活を約束してくれるでしょう。社会的な常識があり、温和なしっかり者です。虎は半歩下がって相手に献身的に尽くすタイプなので、自分を頼ってくれる人と一緒に居ると輝くひつじとは相性抜群です。強い信頼関係で結ばれた、穏やかで、愛情深い家庭を築く事が出来るでしょう。

「仕事」をするなら[ゴールドのゾウ]

尽くす虎[パープル]は、「仕事」をするなら[ゴールドのゾウ]とが良いでしょう。忍耐力がありコツコツこなせるゾウとは好相性です。虎は、冷静な判断力で確実に成果に結びつける実力を持っています。良く気が利き周りへの配慮を怠らないので、仕事を頼まれやすく懸命に取り組みます。ゾウも根気がいる仕事でも嫌がらずにコツコツと取りくみこなしていき、自分流のやり方で最高の結果を目指して仕事をやり遂げます。何事もどっしりと受け止め冷静に対処するゾウは、繊細な気配りも出来る人で、困った時は力を貸し、応援してくれます。虎は、頼まれた仕事を一人で抱え込んで人に甘えられず悩むこともあるので、ゾウの存在は貴重で、尊敬できる頼れるパートナーとなるでしょう。

「親友」になるなら[ブラウンの狼]

尽くす虎[パープル]は、「親友」になるなら[ブラウンの狼]が良いでしょう。真面目で几帳面な狼とは気が合い好相性です。狼は正直で素直な人です。性格は裏表がなく几帳面、真面目で現実的です。人からどう見られようが全く気にしないマイペースさがあり、自分勝手だと誤解されることもあります。一方、虎は言動に裏表がなく、さっぱりとした付き合いやすい人です。人間関係でもめることが嫌いなので、誰に対しても礼儀正しく思いやりを持って接します。ただ、周囲との摩擦を避けるために無理をして自分を抑えストレスを抱えていることもあります。 お互いに基本の真面目さやマメな所、几帳面さは似ていますが、人間関係においての考え方は真逆の二人です。優しさとシビア、両極端な考えで、お互いが行き詰った時に良いアドバイスがもらえる学びのある相談し合える関係です。

RELATED POST