動物占い

感情的なライオンの性格や恋愛相性まとめ(ゴールド)

【基本性格】感情的なライオン[ゴールド]の性格や本質をズバリ解説!

感情的なライオン[ゴールド]はとにかく笑顔が印象的。いつもニコニコ笑顔を絶やさず、明るくて親しみやすい印象。
見た目はとても穏やかで、交際範囲も広そうに見受けられるライオンですが、実は内面は少し違います。

愛想はいいのですが少し人見知りなところがあって、人の好き嫌いもかなりハッキリしているのです。
集団行動よりも自分一人で好き勝手に行動するのが本当は楽でいいのです。ただ、周りから孤立するのを恐れて、周りに合わせて思ってもいないような発言をする事もあります。

人当たりは良いのですが、おべっかやその場しのぎで相手に合わせた発言をする事もできないので、たまに周囲を驚かすようなキツイ物言いをする事があります。

心を開いて交流できる相手も限られていますが、一度心を開くと意外に遊び心のある一面を見せてくれます。
また、とても正義感が強くて曲がったことが大嫌い。絶対に不正を見過ごすことが出来ない性格です。
周囲の誰かが、不当な扱いを受けていたりすると、誰に頼まれるわけでもなく自ら立ち上がって手を差し伸べます。
こんな気風の良さが人々から愛され慕われるのでしょう。

特に後輩からは全幅の信頼を受けることが多く、カリスマのような扱いをされる事も中にはいるようです。

お人好しで、頼まれ事をされると決して嫌とは言わずに柔和な印象を周囲に与えますが、実は直情的な一面も持っています。
他人から虐げられたり、疎外されたりした場合、周囲が呆気に取られるほどの激しい怒りを見せる場合もあるのです。

また、物事を途中で投げ出すのが嫌いで、一度始めたことは、人に頼ることなく必ず最後までやり遂げないと気がすみません。
苦労も多いですが、一つ一つ問題を解決しながら前に進んでいくタイプなので、確実にキャリアを身につけて成長を遂げていくでしょう。

[恋愛]感情的なライオン[ゴールド]が失敗しやすいのはどんなとこ?成就の鉄則とは?

感情的なライオン[ゴールド]が好む異性は人に頼らず、自分の力で活路を開き、自らの夢を実現するために努力を続ける、自立した相手に惹かれます。
物腰が柔らかいので、異性からの人気も上々、自分から動かなくても相手から告白されて恋愛が始まる事も多いようです。
基本的に実直なタイプで、恋人に甘い言葉を囁くような事は苦手、非常に武骨なタイプです。
多弁ではないですが、正面から恋人に向き合い誠実に愛情を注ぐので、長いお付き合いになる事が多いようです。
また、顔が見えない状態で相手と会話するのが苦手で、電話をしても用件だけで会話を終わらせるようなところがあります。
別に悪気はないのですが、相手からすると機嫌が悪いのかと勘違いされることもあります。

実際に交際が始まると、パートナーの仕事や夢などには自分も一緒になって応援します。

賑やかな居酒屋よりも落ち着いたバーを好み、雑踏の中で買い物や映画を見るよりも、自宅でまったりと過ごす方を好むようです。

嘘をつくのが下手で、自分が嘘をつかれるのも大嫌い。万が一パートナーに嘘をつかれた場合、深く傷ついてしまいます。
恋人にするのであれば、嘘をつけない真っ正直な相手を選ぶようにしましょう。

[対人]感情的なライオン[ゴールド]は周囲にどんな影響を与えてる?

感情的なライオン[ゴールド]は、常識的で礼儀正しい付き合いをする人です。生真面目な性格から、お世辞を言ったり、自分の気持ちを抑えて適当に合わせることが苦手です。周囲は、感情的なライオン[ゴールド]の堂々としたイメージから、もっと要領よく生きていると思い込んでいるので、両者には大きなギャップがありそうです。対人面では相当神経を使っているのに、周りはそうは見てくれないのです。また、プライドが高く、自分は尊重されて当たり前だと思っているので、無視されたり軽く扱われたりすると、突然怒ったりして周囲を驚かせることもあるでしょう。一方、後輩など年下の相手に対してはノビノビと付き合うことが出来るらしく、憧れの先輩となることが多いようです。軽々しい態度やムダなおしゃべりは嫌いです。感情的なライオン[ゴールド]の一言には重みがあり、ときには本質を突いたドキッとするような発言で周囲を驚かせることもありそうです。これは攻撃的な気持ちではなく、普段から精一杯気を配っているつもりなのです。強そうに見えても、実は心配性でとてもデリケートです。ズケズケした物言いや、意地の悪い態度には敏感に反応して、傷ついたり悩んだりもしています。優しい心づかいには心から嬉しく思うので、良好な関係を築けるでしょう。

[才能]感情的なライオン[ゴールド]に秘められた能力とは?

感情的なライオン[ゴールド]は、自分に非常に自信があり、人を惹き付けるカリスマ性を持っています。自分の理想をとことん追求し、常にNo.1を目指します。完璧主義者でその自信に見合うだけの努力をし、結果を残せる人です。そのため周囲からの尊敬と憧れを一身に集めます。
また物事は白黒ハッキリ付けたがり、中途半端を嫌います。完璧主義のため他人にも自分と同じレベルを求めて厳しく接するので、周囲から反感を買うこともあります。元来、群れるのは好きではないためチームプレーが苦手です。また周囲に愛想を振りまいたり媚びるような態度は決してしないため、厳しく接した後フォローをすることもあまりしません。そのため周囲との間に距離感が生まれ、孤立してしまいがちです。
しかし感情的なライオン[ゴールド]は、曲がったことが嫌いで誰にでも公平に接します。困っている人を放っておいたり、弱い立場の人が責められているのを黙って見過ごすことが出来ません。損得勘定なしに弱者を守り、助けることが出来る優しさも持っている人だということに周囲は気づくのです。
誰もが認める統率力と実行力を持っている感情的なライオン[ゴールド]なので、今後は常に完璧でなければいけないという考えに縛られず、柔軟な姿勢で物事に取り組めば、人間的な重厚さも増して新たな道を切り開くことが出来るでしょう。

≪重要!≫これをやったら才能が台無し!注意したいNG行動

「感情的なライオン」は、大変困難な状況でも泣き言を言わず立ち向かい、ストイックに突き進んでいきます。また、頭がキレ、常に結果を残すので、周囲の人から一目置かれる存在です。そして、礼節を重んじ、常識的に行動するので大きく道を外すこともありません。そんな何事にも一生懸命な「感情的なライオン」ですが、そのストイックさゆえに他者にもそれを求めてしまう傾向にあります。そして、少しのミスも許さない完璧主義者のうえ、白黒はっきりさせたがり、歯に衣着せぬ言い方をするので、性格がきつい人だと思われがちです。ですから、時には気楽に肩の力を抜きながら人と接したり、相手の気持ちを意識しながら話してみるといいでしょう。また、感情を表に出したり、その場を取り繕ったりしないのでとっつきにくい人だと思われやすいです。ですが、本当の「感情的なライオン」は褒められるのが大変好きで、また甘えるのも大好きです。一度心を許した相手はとことん信頼し甘えます。決して交友関係は広くはないですが、その分深く付き合おうとします。ですが、感情を表に出そうとせず、主導権を握りたがるライオンは相手を振り回してしまいがちです。時には自分の気持ちに素直になって甘えてみるのもいいでしょう。

【相性占い】感情的なライオン[ゴールド]と相性がいいのはどの動物?

「恋愛」をするなら[オレンジの虎]

感情的なライオン[ゴールド]が恋愛をする相手として選ぶのであれば、[オレンジの虎]を選ぶべきでしょう
一見、面倒見の良い親分肌的な性格とも思われがちなライオンですが、意外とデリケートな一面も持っているのです。
これもライオンの魅力ともいえる面なのですが、オレンジの虎と恋愛関係となった場合、虎はライオンの事を全て理解してくれるのです。
虎特有の非常に大きな度量で、ライオンの性格を包み込むように接してくれるのです。
ライオンにとっては、虎の自分に対する接し方をとても心地よく感じます。非常に素晴らしい恋愛関係を築くことが出来るでしょう。

「結婚」をするなら[グリーンのチータ]

感情的なライオン(ゴールド)にとって、「結婚」をするなら足腰の強いチータ(グリーン)でしょう。ライオンは人生に積極的で、明るい前向きな夫婦関係を築きます。家族内では甘えが出ることもありますが、人の好さや責任感の強さはプラス点です。チータはお金の管理からご近所や親せきの付き合いまで完璧にこなす人です。足りない部分を補えあえる理想のパートナーとなるでしょう。ライオンはライオンらしく、のんびり大きく構えていれば家族生活は上手くいくはずです。

「仕事」をするなら[ブラックのひつじ]

感情的なライオン(ゴールド)にとって、「仕事」をするなら粘り強いひつじ(ブラック)です。ライオンはみんなを引っ張りながらも、繊細な配慮ができるため、組織をまとめる能力があります。面倒見も良く、部下や後輩から慕われるでしょう。一方のひつじは探究心旺盛で、着実に力を付けていく人です。親分肌のライオンを支えるひつじは、、決して出しゃばらずよき参謀となるでしょう。役割分担をする事で、大きな仕事をやり遂げる組み合わせです。

「親友」になるなら[グリーンのタヌキ]

感情的なライオン(ゴールド)にとって、「親友」になるなら社交家のたぬき(グリーン)でしょう。ライオンは威風堂々と構えていて強いエネルギーを持つ、いかにもライオンっぽい人です。一方のたぬきは素直で明るい人気者です。物腰もやわらかく、その場を和ませる雰囲気を持っています。ライオンは悠然と構えていながらも、内面はデリケートですが、たぬきとなら心を落ち着かせることのできる関係となるます。常識的な礼儀正しいライオンの良い面が出てくるでしょう。

【2021年運勢】感情的なライオン(ゴールド)の今年の運勢は?運気を下げるヤバい行動とは?

【基本性格】愛情あふれるライオン[ブラック]の性格や本質をズバリ解説!

愛情あふれるライオン[ブラック]は、周囲に一目置かれる正義感溢れるリーダータイプです。 常に様々なことに思考を巡らせ、分析力や計算力も高いため物事を成功へと導いてくれるとても頼りになる人物です。そのため周りから相談を受けることも多いですが、それを面倒とは感じずに情に厚く他人のために尽くしてしまうのが愛情あふれるライオン[ブラック]の人を惹きつける魅力でもあります。しかしそれゆえに、情に訴えかけられると自分や他人に甘くなってしまう一面もあります。周りや他人との関係を円滑に進められるのであれば自己犠牲も厭わないと考えてしまいます。しかし周囲の人たちはそれをきちんと理解しており、物事が円満に解決した裏にある愛情あふれるライオン[ブラック]のたくさんの努力に常に感謝しています。頭の切れる愛情あふれるライオン[ブラック]ですが、普段の性格は穏やかで明るく朗らかです。人見知りもあまりせず常に周囲と輪を作っていきます。マイペースである部分もありますが、そんな部分も含め愛情あふれるライオン[ブラック]の周りに漂う優しい空気に周囲はいつも癒しや落ち着きを感じています。そんな普段の雰囲気といざという時には頼りになるギャップが、愛情あふれるライオン[ブラック]の魅力をさらに惹きたてています。

[恋愛]愛情あふれるライオン[ブラック]が失敗しやすいのはどんなとこ?成就の鉄則とは?

愛情あふれるライオン[ブラック]は明るく楽しい恋愛を好む傾向にあります。恋人とはアクティブに色んなところに出かけてたくさん思い出を作りたいと思っていますが、ついそれを相手にも押し付けてしまいがちです。恋人になってすぐの初期の頃は、よりその傾向が顕著に表れてしまうため、相手を疲れさせてしまいます。楽しく思っていることや相手にも楽しんで欲しいと思っていることは相手にもきちんと伝わっていますし、それに対して相手も悪いようには思っていないはずです。浮かれてしまうそんな時だからこそ一度冷静に相手の気持ちを確認してみることが大切です。そんな、恋愛に浮かれてしまいがちな愛情あふれるライオン[ブラック]ですが、仕事と恋愛はきちんと分けて考えられる冷静な部分もあります。恋人ができたからといって仕事を疎かにすることはなく、どちらもきちんと両立することができます。恋愛は楽しく仕事は精密にとオンオフを切り替えている愛情あふれるライオン[ブラック]は、恋愛に関して細かく言われることが苦手です。仕事上では細かく言われてもきちんと受け止められますが、恋愛となると話は変わり一気に冷めてしまいそれがきっかけで喧嘩や破局へと繋がってしまうこともあるようです。細かく几帳面な相手よりも、寛容でマイペースな相手を選んだ方が有意義な恋愛関係を結べるようです。

[対人]愛情あふれるライオン[ブラック]は周囲にどんな影響を与えてる?

愛情あふれるライオン[ブラック]はプライドが高く、人に頭を下げるのが苦手です。本人はそんな自分の傲慢さを気にしていますが、周囲の人はそんな気持ちはありません。いつもみんなを引っ張っていく中心的な存在なので、多少の強引さを当たり前のように受け止めてくれるのです。また、何をやっても器用にバランスよくこなしてしまうので、実は細かい作業が苦手な事も気づかれることが無いようです。常に大きな目標を持ち、情熱を注ぎ続けられる情熱は、誰もが認めるところです。人に弱みを見せる事はないので、本当は劣等感を持っていても、周りの人には強さばかりが映るのでしょう。愛情あふれるライオン[ブラック]自身も、周囲の期待が高いことを自覚しているので、ついつい自信過剰になる場面もありそうです。誰よりも発言力があり、中心的な存在です。周囲の人に気を配り、みんなをまとめる存在です。友人関係では、弱いものいじめを許さない強い正義感を持ち、困っている人に手を差し伸べる優しさも特徴です。ただ、自分の人生を貪欲に切り開いていくパワーが強すぎるので、そのエネルギーで周囲を振り回す事もありそうです。周囲の人が愛情あふれるライオン[ブラック]強さに圧倒されて、無意識に委縮しないように気を使う必要がありそうです。

[才能]愛情あふれるライオン[ブラック]に秘められた能力とは?

愛情あふれるライオンは協調性があり周囲から助けてもらえる才能があります。とても社交的で誰に対しても分け隔てなく話せるのですぐに友達になれます。特に愛情あふれるライオンは友達が多く様々な人脈を持っているタイプです。グループ内ではムードメーカー的存在で周りを楽しませます。持ち前の明るさとコミュニケーション力で巧みに相手を夢中にさせることができて、いつも自然に人が寄ってきます。人懐っこい性格なので何か困ったことが起きると自然と周りが手を貸してくれます。逆に相談されることもあり、面倒見がよく優しいので、ちゃんと話しを聞いて相手と一緒に悩み解決の糸口を必死で探します。人見知りしないのでどんな場所でも順応でき協調性があります。明るく元気ですが心の中は冷静で的確な判断ができます。更に名前の通り愛情が溢れていて周りに無償の愛を与えることができます。関係が浅い相手であっても困ったいると必ず全力で助けようとします。物腰が柔らかく感情の起伏が激しいタイプではないので常に冷静なアドバイスを相手に与えることができ、言葉により相手が救われることも多いです。周囲の人から愛されることが大好きなので常に周囲の人を気にかけて愛情を無性で与えられる才能を持っています。

≪重要!≫これをやったら才能が台無し!注意したいNG行動

愛情あふれるライオン[ブラック]は、普段は人当たりも良くて、合理的な判断を下すのですが、実はとてつもなく高いプライドを持っています。そのため、自分のしたミスや間違いを謝るのが、大の苦手です。真面目な上に負けず嫌いな性格なので、間違いを反省して、同じミスや失敗を繰り返すことはありません。ですが、自分のプライドを優先させて、迷惑をかけた人への配慮を、後回しにしてしまいがちです。そのため、たとえ失敗を反省して、再度挑戦しようとしても、周囲からの協力が得られにくくなってしまうでしょう。 また、愛情あふれるライオン[ブラック]は、自分に自信があるのですが、それが偶に行き過ぎてしまうことがあります。自分のやっていることには、間違いがない、と思い込んでしまうことが、多々あるのです。しかも高いプライドを持っている、ということもあって、人から意見されたり、指摘されたりしても、それを素直に聞き入れられないのです。基本的に合理的な考えを持っているので、大きな間違いをすることはないのですが、もしも間違いがあった時に指摘されても、それを無視して、突き進んで、大きな失敗をしまうこともあります。 しかし自信家の反面、人の目を気にしすぎな面もあります。人から見て、自分がどのように見えるのか、どう思われているのかを、いつも気にしている、自意識過剰なところがあるのです。そのため、人が眉を顰めるような、突拍子もない行動をすることはありません。しかしそれは同時に、常識に囚われすぎて、ありきたりな考えしか持てない、ということでもあります。新しい考えを生み出すことが、なかなかできないタイプ、と言えるでしょう。

【相性占い】愛情あふれるライオン[ブラック]と相性がいいのはどの動物?

「恋愛」をするなら[レッドのコアラ]

感情的なライオン(ゴールド)にとって、「恋愛」をするなら活動的なコアラ(レッド)です。ライオンは恋愛に関しては真面目で保守的な人です。一方のコアラは恋に恋するロマンチストです。性格が異なる二人に見えますが、ライオンは真面目でありながらもドラマチックな恋愛を望んでいる面があるので、相性は良いはずです。盛り上げ上手で尽くすことが好きなのコアラとなら、ライオンのイメージ通りの安らぎのある楽しい生活が送れるでしょう。二人ともとても家族思いなので、お互いを大切にする恋愛関係となります。

「結婚」をするなら[イエローのペガサス]

愛情あふれるライオン[ブラック]が生涯を共にする結婚相手として選ぶべきなのは、[イエローのペガサス]です。
元々、一家の大黒柱としての責任感が強く、仕事を一生懸命に頑張りながらも、手が空けば自ら率先して家事や育児を手伝う優しさもあります。
ただ、パートナーからあれこれとやかく口出しされるのを嫌う面もあります。その点、イエローのペガサスであれば相手を縛る事も無く、いい意味で放任主義。
お互いに自由気ままな関係を維持することが出来るでしょう。

「仕事」をするなら[レッドの猿]

感情的なライオン(ゴールド)にとって、「仕事」をするなら落ち着きのない猿(レッド)でしょう。ライオンは仕事全体を把握し、調整が上手なまとめ役タイプです。猿は全員を平等に見渡し気配りができる人です。ライオンは仕事上では勢いがありエネルギーに満ちているので、周囲に好影響を与え、集団を巻き込んでいくパワーを持っています。猿は奉仕の精神がありムードメーカーとなれる人で、また思い切りも良く勝負強い面も持っています。そんなサポート役がいることで、組織はきっとうまく回っていくはずです。

「親友」になるなら[イエローのライオン]

愛情あふれるライオン[ブラック]が唯一無二の親友と呼べる関係を築く事の出来る相手、それはイエローのライオンでしょう。
常に明るく楽しい性格の愛情あふれるライオンですが、イエローのライオンはおおらかでユーモアに富んだキャラクターの持ち主。
この二人が一緒にいるときには常に笑いが絶えず、非常に明るい雰囲気になります。
一緒に居るだけで何でも前向きに考える事が出来るような空気になります。非常に素晴らしい友情にあふれた関係だと思います。

RELATED POST