誕生日占い

12月11日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

12月11日生まれの性格や特徴

12月11日生まれの人は、高度に精神性が発達した人で、内面を見つめる深い精神性を宿している人です。行動するよりも内面的な内省・内観により世界を探求してゆきます。

このため、人々の中にいるよりも孤独を愛する人です。一人静かに過ごしているようでも内面は非常に充実しており、高度な独立性がある人です。

非常に穏やかな内面性を持ち、感情の起伏があまりないタイプです。喜怒哀楽のコントラストが穏やかであり、複数の感情を同時に感じることもできます。

しかし、こうした感情の穏やかさから、ともすれば自分の気持ちが分からなくなる場合もあります。例えば、通常多くの人々が、より鮮やかに、そして強烈に感じるような恋愛感情についても、より繊細な感情として感じるタイプです。

いわゆる友情以上、恋愛未満と言うような曖昧な関係になりやすい傾向があります。この傾向は、恋愛に限らず通常の人間関係に関しても同様であり、積極的に交流を求めたり自分を表現するタイプではありません。

こうした穏やかさから、時に誤解を受ける場合も多く、そうした場合、周囲に対し心を閉ざしがちとなる時もあるかもしれません。また、時によっては人と接することを極力避けたり、人に対して嫌悪感を持つ場合もあるでしょう。

しかし生来博愛精神に溢れ、個人的な恋愛の中にも無条件の愛とも呼ぶべき高次の愛情を見出すことができる人です。広い人脈や活発なコミュニケーションとはやや無縁なところはありますが、質の高い人間関係を醸成することができます。

特に恋愛関係については、自分の本心が分からず迷うこともありますが、最終的に理想の愛を得る傾向の強い人です。心を閉ざすことなく自分自身でいることができれば、心から尊敬し合える相手と結ばれることができるでしょう。

12月11日生まれの隠された特徴とは?

12月11日生まれの人は、非常に繊細で、人と過ごすことが億劫な精神状態にあることが多い傾向にあります。誰にも分からないコンプレックスに苛まれていたり、場合によっては引きこもってしまうこともあるかもしれません。

12月11日生まれの人は一人でいることはもっともリラックスできることであり、エネルギーの回復上必要なことでもあります。また高い知性と発達した内面性を持ち、高いレベルで独立した人でもあります。一人でいることで充実し、楽しむことができるタイプです。

しかしあまりに人間関係に消極的となり、周囲から孤立し過ぎてしまうと本来の能力を発揮することが難しくなります。時には一人でいることがポジティブな思いとネガティブな思いとどちらに根差したものなのが静観し、バランスを取ることが必要です。これにより、本来の自己の力を取り戻すことができます。

12月11日生まれの本能的な人間関係

12月11日生まれの人は、人間関係の構築についてはどちらかと言えば消極的なタイプです。生来他人に対する興味が薄く、積極的に友達や仲間を求める人ではありません。

自分から話すよりも人の話を静かに聞くことができるタイプです。たくさんの仲間を作るタイプではありませんが、感性の通じ合う人とは深く交流することもできます。また、時には人間関係について静かに考えを巡らせたりする場合もあるでしょう。

12月11日生まれの人は、ありのままの自分を表現することに対する恐怖感を抱いている傾向があります。しかし、自分を出さずにいることでかえって周囲から誤解されてしまい、無用な悪循環に陥ってしまうことがあります。

12月11日生まれの人は、自分自身を表現することは安全であることを思い出しましょう。心を開いていることで、思いがけない幸運を呼び寄せます。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

12月11日生まれの人は、20代では穏やかで友人関係の延長のような恋愛を体験しやすい傾向があります。いつ友人から恋愛の対象に変わったのか自分でも気が付かないような、ほのぼのとした関係性が生じやすい時期と言えます。

30代に入ると、恋愛意外のことに関心が移りがちとなるかもしれません。40代以降では、温かく安心できるような交際や関係性が生じやすい時期となります。恋愛というより博愛精神や人類愛に似た、より高次の愛に目覚めやすい時期と言えるでしょう。

12月11日生まれの人の恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

12月11日生まれの人は、精神性が高度に発達しており、非常に繊細で穏やかな内面性を持ちます。このことから、一般的に人々が日頃感じている感情よりも、かなりマイルドでアップダウンの少ない感情を有しています。そしてこの傾向は恋愛においても同様です。

12月11日生まれの人には恋愛感情がないという意味では全くありません。ただし、世間の人々が感じているような強烈な恋愛感情とは雰囲気が異なり、より繊細でマイルドな感情を感じている人です。

このような傾向から、12月11日生まれの人は、恋愛なのか友情なのか自分でも境界線が曖昧な関係性を経験しやすい傾向があります。そのため、複数の相手との間でこうした関係性が生じる可能性が高いと言えます。場合によっては複数の三角関係などに巻き込まれる可能性もあり、注意が必要です。

また、12月11日生まれの人は一人の相手と深い関係性を育むことに恐れを抱いている場合があります。このため、曖昧な関係性から恋愛に進めるべきか決断に迷う傾向があります。12月11日生まれの人は、自分の真の思いに気が付くことが一つの課題と言えるでしょう。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

12月11日生まれの人は、恋愛を含む人間関係全般において決して量は多いとは言えない傾向があります。しかし、だからと言って質までそうとは言えません。むしろ、特に恋愛においては、満足感と幸福感に満ちた、運命的な理想の恋愛や結婚と非常に縁があると言えます。

本来の精神性の高さ、内面性の深さから、特にじたばたせずとも、そうした最良の結果にたどり着くことが運命づけられていると言えます。また、恋愛により、さらなる自己完成へと導かれるタイプと言えます。

12月11日生まれの仕事の資質

12月11日生まれの人は、仕事運に恵まれていると言えます。言うまでもなく、12月11日生まれの人はチームプレーよりも個人プレーで活躍することができるタイプです。

芸術性や感動など、感性を必要とする業種で才能を発揮しやすい傾向があります。多少現実を無視して高い理想や目標を掲げがちなところがあるかもしれませんが、12月11日生まれの人の場合、これは必要な要素です。

12月11日生まれの人は、そうした夢や憧れを大切にすることで、夢を実現させるチャンスにめぐまれ、実際に実現させることができます。

気分が高揚するような理想の仕事について比較的明確なビジョンのあるタイプです。そして、実際そうした職を得ることができ、最終的には天職に就くことができるでしょう。

12月11日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:射手座
誕生石:トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト、ジルコン、孔雀石(国によって異なる)
誕生花:コーレア(意味:信頼)

RELATED POST