誕生日占い

12月7日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

12月7日生まれの性格や特徴

12月7日生まれの人は、人生の課題が明確であり、それを乗り越えた際の最大限の幸運と幸福とが約束された人と言うことができます。心ひとつで、いつ、どんな時にでも、心から満足感を味わえるような完成された世界へとワープすることができます。本来精神性が非常に高く、磨き上げられた宝石のようなイメージがある人です。

12月7日生まれの人は、知性と想像力が豊かな人です。感性が非常に繊細で、これはデリケートとも言い換えることができます。ややペシミスティックなところがあり、この傾向が人生を必要以上に暗くしているところがあり、注意が必要です。

本来、運命や宇宙、あるいは自分自身を信じ、委ねるだけで最良の運命の流れに乗ることができる人です。優れた才能や並外れた努力などという武器によって幸運をつかむというタイプではありません。むしろ、既に完全性や完璧性のある存在であり、ありのままの自分を淡々と表現してゆくだけで十分という生来の強運に守られています。

12月7日生まれの人は、幻想的とも言える理想や、憧れから自由になることが一つの課題と言えます。また、物事を過度に悲観的に捉える傾向があり、本来存在しない不安を作り出し、過剰な警戒感で自らを閉じ込めている場合があります。

こうした幻想や不安という、自らの信念体系が作り上げた檻の中で自縄自縛状態に陥ってしまいがちな自己の救出が大きなテーマです。そしてこれは、日常の些細なところから、いつでも取り組むことが可能です。

自己を信じ、自分の檻から解放されてゆく度に、更なる幸運が引き寄せられて来ます。想像力に富むということは、同時に創造力にも富んでいることを忘れてはいけません。夢から目覚めることで、現実の中に本当の理想の世界を作ることができるでしょう。

12月7日生まれの隠された特徴とは?

12月7日生まれの人は、表面上淡泊でドライな印象を与えることがあります。しかし表面には表わさずとも、非常に高い理想や憧れを胸に秘めています。12月7日生まれの人の、どこかそっけない表情の裏側には、幻滅感に由来する悲しみが隠れている傾向があります。

この悲しみは、理想や憧れが崩れた幻滅感や、夢や希望が叶いそうもないという絶望感に起因しています。その他、理想と現実とのギャップに人知れず非常に苦しんでいる場合があります。しかし12月7日生まれの人の悲しみや不安は、多くの場合取り越し苦労と言えます。

むしろ自分で自分を苦しめてしまう傾向があると言え、自らが作り上げた檻から脱出する必要があります。現実は12月7日生まれの人が考えるほど悲観的ではありません。その優れた知性と想像力を、如何にポジティブに転換することに使えるかが、一つの課題と言えるでしょう。

12月7日生まれの本能的な人間関係

 

12月7日生まれの人は、知性に富み、非常に繊細な感性を持っています。博愛精神に富み、上品で知性的なコミュニケーションを好むタイプです。

一方、その繊細さから、自分の周囲に強固な防壁を築いているようなところがあります。12月7日生まれの人の八方美人的な態度も、この警戒感の現れである場合があります。

このことから、ともすれば安定しない広く浅い交友関係にとどまりがちとなる場合があります。その他、交流する人たちが頻繁に変わったり、自分とは立場や価値観が異なる人々とドライな人間関係を継続したりするかもしれません。

しかし現状は12月7日生まれの人が心配するほど過酷でも悲観的でもありません。自分の理想の世界という家から外出してみましょう。そしてそこにも夢や希望が溢れていることに気付くことで、本来の運命の波に乗ることができるでしょう。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

12月7日生まれの人は、20代や30代などの若い年代では、どちらかと言えば異性や恋愛そのものに対する警戒感が強い傾向があります。異性に対しネガティブな印象を抱いていたり、幻滅感を持っている場合もあります。

そのため、恋愛が始まっても迷いがちだったり、恋愛感情を深めることに戸惑いがちかもしれません。しかし40代以降では、そのような傾向から解放されるでしょう。それまでとは打って変わって自由で楽天的な恋愛関係が育まれやすい機運に富んでいます。

しかしこうした傾向は本来40代以降に限ったものではありません。12月7日生まれの人は、その意志さえあればいつでもそうした関係が可能であることを忘れてはいけません。

12月7日生まれの人の恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

12月7日生まれの人は、本来のバランスが取れた状態であれば、心が通い合う穏やかな恋愛関係を謳歌することができます。生来恋愛において、背伸びや無理をするタイプではありません。

12月7日生まれの人は、純粋で、状況にも精神状態にも、無理や無駄のない自然な関係を好みます。同じ価値観を持ち、自分の波長と調和する相手とリラックスして過ごすことができる幸福な関係を楽しむことができます。

一方、あまりにも自分の理想にこだわり過ぎたり、異性に対する警戒感が強い場合、自分の殻に閉じこもってしまうことがあります。こうした場合、過度に自分を抑制し、表面的な関係からなかなか抜け出すことができません。

12月7日生まれの人は、あらゆる状況において、如何に自らの信念体系の外に出ることができるかが人生における幸福を左右します。物事は見方によっていくらでもポジティブにもネガティブにもなります。

いかに悲観的にならないように意志とエネルギーを使うことができるかが一つの課題と言え、また幸福への鍵と言えるでしょう。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

12月7日生まれの人は、恋愛や結婚という意味で最高の幸福を約束されていると言えます。自分の檻からの解放という偉業を成し遂げさえすれば、自分の世界を自由自在に操ることができ、最良の結果がもたらされます。

人生や自分自身を信じ、身をゆだねることで満足感と幸福感に満ちた、運命的な縁により最良の結果にたどりつく恋愛が約束されています。

12月7日生まれの人の恋愛運には、突出した完璧性と完全性が顕著に見られ、たぐい稀な強運に恵まれています。自信を持ちましょう。自分では空想することすらできないような、完璧で完成された世界へと移行できる人です。

12月7日生まれの仕事の資質

12月7日生まれの人は、仕事運においても恵まれていると言う事ができます。仕事上のトラブルや悩みが発生しても、じたばたせずとも自然にスムーズに解消する傾向にあります。

また、努力や目標に縛られずとも、肩の力を抜き淡々と取り組むことで十分に自分の才能や優れた資質を発揮することができます。天職を探し求めたり、他に抜きん出ようなどと考えなくても、自然と自分のやりたいことが見えてくるでしょう。

12月7日生まれの人は、仕事面におけるこうした傾向を、持って生まれた強運としてあらゆる場面に当てはめることができます。過剰な理想や恐れから解放された世界はいつでも創造することができます。

するべきことは、淡々と自分自身で在り続けることだけで十分であることを思い出した時、真の理想世界を生きることができるでしょう。

12月7日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:射手座
誕生石:トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト、ジルコン、孔雀石(国によって異なる)
誕生花:アオキ(意味:若く美しく)

RELATED POST