誕生日占い

12月6日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

12月6日生まれの性格や特徴

12月6日生まれの人は、より本質的な意味で知性が非常に高い人です。これは、書物や教養といった左脳タイプの知性というより、直観などに秘められる、より右脳的な知性と言えます。そういう意味で、本人は自分が知性的とは思っていないかもしれません。

こうした知性は、その自由奔放な姿勢に現れます。12月6日生まれの人は、あまり社会通念や世間の目、建前を気にするタイプではありません。内面は極めて純粋で、様々な事柄に対する煌めくような好奇心に満ちています。

また、周囲の人から見れば幻想とも呼べるような高い理想や希望に満ちており、これを現実化するための勇気と行動力にも優れています。非常に能動的で、単独プレーにおいて手腕を発揮します。特にクリエイティビティを活かすことができるような分野で先陣を切って動くことができ、その才能を最大限に発揮することができます。

こうした自由奔放さは、恋愛においても発揮されます。12月6日生まれの人は、理想の恋愛を求め、さまようようなところがあります。その形は社会通念を超えたものとなる場合もあり、少し注意が必要です。行き当たりばったりの恋愛や、無謀とも言える恋愛であっても、12月6日生まれの人は軽やかに踏み越えてしまうところがあります。

こうしたどこか危うげな12月6日生まれの人の行動の原動力は、飽くまでも胸に秘めるその高い理想や強い憧れです。そして、求めれば与えられる、あるいは意志あるところに道は開けるという宇宙の原理を直観的に理解しているところがあります。

このため、12月6日生まれの人の行動は、それがどんなに無謀なものであろうと大抵上手くいきます。意志、希望、勇気、行動力、能力を兼ねそろえた存在とも言え、どんなことでも不思議と不可能を可能としてしまいます。

12月6日生まれの隠された特徴とは?

12月6日生まれの人は、本来知性が高く寛容さに優れています。しかし、時としてやや神経質に考え過ぎることがマイナスに作用することがあります。

例えば、細かい点が気になり過ぎて、他人に対して狭量となり、ついぴりぴりしてしまうなどです。あるいは、過度に保守的となり、周囲に心を閉ざしてしまうこともあるかもしれません。こうなってしまうと、せっかくの直観的知性や判断力の低下を招いてしまいます。

12月6日生まれの人は、良い意味で楽天性と勇敢さ、そして自由奔放さを併せ持っています。バランスを欠いた状態にある時にはこれを自覚し、持ち前の軽く心地よい状態に戻ることを意図しましょう。

自分を取り戻すことさえできれば、本来の高い知性を最大限に発揮し、最高の結果を得ることができます。

12月6日生まれの本能的な人間関係

 

12月6日生まれの人は、チームワークよりも単独行動を好み、実際単独プレーでの方が良い結果を生むことができます。非常にクリエイティブなタイプで、多くの人を惹きつけるような魅力や才能を持っている傾向が強い人です。

12月6日生まれの人は積極性があり、そのパワフルで行動力に溢れる資質は人間関係にも顕著に現れます。人を頼らず、自分を信じて単独で動いたり、何かを始めたりする過程で多くの人をインスパイアし、仲間に恵まれるでしょう。反面、時として周囲が見えず、一人だけで突っ走ってしまうこともあるかもしれません。

無から有を生み出すタイプです。よって、事業など何かを新しくスタートさせたり、創造性を発揮できる分野における人間関係に幸運が待っていると言えるでしょう。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

12月6日生まれの人は、20代や30代など若い年代ではどちらかと言えば、恋愛に対し諦めの感情を抱いている場合が多いかもしれません。

しかし年齢と共に、自分と相手の気持ちとの折り合いの付け方に熟練していきます。内面的な男性性と女性性とのバランスを取ることができ、それまでの不満を俯瞰することができるでしょう。

40代では恋愛や結婚という意味において、それまでの自分の信念などが大きく変容する大きな飛躍の機会に恵まれる可能性があります。

12月6日生まれの人の恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

12月6日生まれの人の恋愛は、大きく2つのタイプに分かれると言えそうです。つまり、恋愛にまったく無頓着で関心の薄いタイプと、逆に理想の恋愛を求めてどこまでも積極的に探究するタイプです。

いずれの場合でも、多くの場合周囲の恋愛状況などには全く頓着しません。これは良い意味でも悪い意味でも作用する場合があります。

例えば、既に交際相手のいる相手でも気にせず交際を始めることができるため、時に注意が必要です。同様に、複数の相手と同時に交際したり、無謀な恋愛に体当たりしたりすることにもためらうタイプではありません。

しかし、12月6日生まれの人のそうした奔放な行動は純粋な精神に起因するものであり、悪気はありません。意図が純粋で、尚且つ勇敢で大胆なところがあり、多くの場合なぜかうまくいったり、深刻な問題とならない傾向があります。

周囲の人から見れば、時に批判にされることもあるかもしれませんが、12月6日生まれの人の場合、あまり気にする必要はないでしょう。むしろ、大胆な一歩の先に意外な幸運が待っていると言えます。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

12月6日生まれの人の恋愛成就にあっては、気分を高揚させてくれるような理想や希望が不可欠と言えます。これは恋愛そのものに恋をしているような状態や、ロマンチックな気分に浸ることができる状態をも含みます。

ともすれば手の届かないような異性に恋をしたり、時に恋愛と憧れとを混同している場合も多いかもしれません。しかし12月6日生まれの人は、こうした心が真にときめくような理想から沸き起こる純粋な行動こそに大きな幸運が隠れています。

12月6日生まれの仕事の資質

12月6日生まれの人は、未知の世界に飛び込む冒険心と勇気に溢れており、運命もこれに味方するでしょう。持前のフットワークの軽さから、天職を求めて何度も仕事を変えたり、敢えて定職に就かない場合もあるかもしれません。

12月6日生まれの人は、創造性に優れ、尚且つパワフルかつ有能な単独プレーヤーです。このことから、どのような立場、業種においても活躍することができ、最終的には天職に就く可能性が非常に高い人です。

職場環境に困難を感じる場合、自分の理想や気持ちを見直し、その職場に留まるべきなのか自問してみましょう。よりクリエイティビティの発揮できる職種や、フリーランスなどの単独プレーが可能な仕事への移行のサインである場合があります。

12月6日生まれの人の場合、保身や世間体よりも、大胆不敵な行動に大きな可能性が眠っていると言えます。

12月6日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:射手座
誕生石:トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト、ジルコン、孔雀石(国によって異なる)
誕生花:マルメロ(意味:魅惑)

RELATED POST