誕生日占い

1月13日生まれの誕生日占い|性格・特徴から恋愛傾向まで徹底解剖

1月13日生まれの性格や特徴「向上心あふれる堅実な挑戦者」

優れた知性に恵まれており創造的な分野で実力を出せる人です。世の中に「楽しさ」を発信していくことに生きがいを感じるでしょう。

責任感が強いため立てた計画をきっちりとこなしていくことを好みます。その場の勢いだけで行動したり、とりあえず始めたり、なんていうことには気が進みません。イレギュラーなことが起こって計画通りにいかないなんていうときはとてもイライラするでしょう。

地道に人生を送っていきます。将来設計もしっかり立てているため無計画にダラダラと生きる可能性は低くなります。将来的に安定した生活を送ることが目標であり、そのために努力することを惜しみません。コツコツ頑張ることこそが美徳だと考えています。

上昇志向も強いほうで常に上を目指して邁進していきます。社会的地位や名声を手に入れることで認められていると感じられるのかもしれません。人よりもその欲求を強く持っているようです。

向上心が高すぎるあまり自己を否定してしまう傾向もあるでしょう。どこまでいっても満足することがなく、たとえトップに立ったとしても今度は過去の自分に勝つためにと戦い続けます。その様子に周りが辟易してしまうことも少なくないでしょう。もう少し余裕を持って行動することを周囲の人は望んでいるかもしれません。

プライドが高いというよりは志を高く持っている人です。あまりに崇高な考えに周囲の人がついていけないときもあるでしょう。自分の考えを押し付けがちなタイプでもありますから敬遠されてしまうこともありそうです。

ユーモア精神や協調性も持っていますが「イメージの中の素晴らしい自分」を大切にするあまり行動できないことがあります。周囲から言っていることとやっていることが違うと感じられてしまうのはそんなときなのかもしれません。

1月13日生まれの隠された特徴とは?

1月13日生まれは一見慎重に見えますが実のところは臆病なだけです。石橋を叩いて渡るような慎重さも持っているでしょう。優柔不断な一面もあります。そのため、せっかくのチャンスを逃してしまうことも少なくありません。

組織のルールなども遵守し目上の人を立てることを忘れません。ただ納得のいかないことに対しては「自分だったらこうするのに」と、反抗心や対抗心を燃やします。将来のための反面教師にしているといったところでしょうか。

それから立場や能力が下だと感じる人に対して必要以上に軽い扱いをしてしまうきらいもあります。面倒見がよく指導力もある1月13日生まれなのですが、自分の計画を叶えるために役立たない相手に心を砕くつもりはありません。

1月13日生まれの本能的な人間関係

調子がいいときは明るく楽しい人気者となるでしょう。友人も多く、ファンのように心酔する人もいそうです。
本人は人に対しての好き嫌いが激しいほうで「好きな人は味方、嫌いな人は敵」と白か黒かで決めつけて接してしまうきらいもあります。

上昇志向のため自分にも他人にも厳しい一面を持っています。それが原因で融通の利かない頑固な人だと捉えられてしまうこともあるでしょう。自分に必要のない相手のことはとことん蔑む冷たい顔もあるようです。

あまり感情を表に出すことがなく、人に相談するということがうまくできません。もともと秘密主義でもありますから、誰かに胸の内を晒すということが苦手なのでしょう。

けれど自分ひとりの判断で物事を進めていくことで自分勝手な人だと言われてしまうこともあります。約束やルールは守りますし人に責任を押し付けるようなこともしないので周囲からの信頼は厚くなります。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

10代頃から能力の高さを周囲に見せつけていきます。人とは違う道で成功を掴むこともあります。他の楽しみもなんのそので勉学に集中して目標を目指すこともあるでしょう。

恋愛運の転機は20代半ばから30代に入る頃で、この辺りで運命の人が見つかる可能性が高くなっています。自分から積極的に行動することで結婚に至る可能性もあるでしょう。

42、3歳で訪れる転機はあまり良いものとはいえませんが、その経験を糧とすることでその後の人生を豊かなものにしていけそうです。

1月13日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

髪型や服装など、自分の外見ばかりを飾り立てることにはあまり意味を感じません。ファッションもシンプルで実用的なものを好むでしょう。

自分ではあまり恋愛が得意ではないと思っているかもしれません。異性とふたりきりで向き合うと控えめで恥ずかしがり屋な性格が顔を出して自分の気持ちを上手く伝えることができないからなのでしょう。

ですが相手を立てることが非常に得意なので大抵の方からは好感を持たれます。会話が始まりさえすれば1月13日生まれの魅力を伝えることができるようです。

会社員や公務員といった仕事よりもデザイナーや芸能関係など少し変わった業界で働く人に惹かれる傾向があります。自分の知らない世界のことを語ってくれる相手のことをとても魅力的に感じるのでしょう。また、そのような方とのほうが長く関係を続けられそうです。

1月13日生まれは少し思い込みの激しいところがあり、自分の中で勝手に未来予想図を展開してしまう癖があります。まだ交際を始めてもいない相手に結婚後の夢を語って引かれてしまうこともあるでしょう。努力することを厭わない人ですから、焦らずじっくりと関係を深める方法が向いているようです。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

1月13日生まれは結婚後、相手を操り自分が実権を握るという可能性が高くなります。ただそれは惜しみなく愛情を注ぐからこそのものであり、パートナーの夢を叶えるために「支える」という意味合いが強いのです。

パートナーが望むことは自分を犠牲にしてでも応援してしまう傾向にあるので、心身ともに意識して休息をとるよう注意が必要です。ただし穏やかで、幸せを感じるような結婚生活になることは間違いありません。

実年齢、精神年齢が下の人に目がいってしまうようですが、1月13日生まれと相性が良いのは実は年上の人です。広い知識を持っている、尊敬できるような方を探してみるのもいいかもしれません。

1月13日生まれの仕事の資質

責任感が強く視野も広いので全体像を見ながら仕事を進めていくことができます。職場のリーダーとしてとても頼れる存在になるでしょう。人に対しての好き嫌いはありますが仕事として割り切ることができる分別のある人ですから揉め事を起こすこともあまりありません。

不満を胸の内にしまいこむところは少し心配ですが、慕ってくれる仲間のフォローがあるのでうまくやっていけるでしょう。

1月13日生まれは古くからあるものの良さを認めることができる人です。そのため歴史的なものへの興味も強いのではないでしょうか。研究者、歴史教師などの道を進むのも向いています。

探究心と向上心、そして人を楽しませようとするエンターテイナーとしての才能に優れています。なにかの専門職や技術職などその道を極めるような仕事に就くと才能を存分に活かすことができそうです。もちろん芸能分野での活躍も期待できるでしょう。
 

1月13日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:山羊座
誕生石:ガーネット・ロードナイト原石
誕生花:スイセン・ストレリチア

RELATED POST