干支占い

辰年(たつどし)生まれの性格まとめ|男性女性別の特徴や相性一覧

辰年生まれの女性はどんな性格?

辰年生まれの女性は感受性が豊かです。
この感受性ですが、辰は干支の中でも架空の動物です。
そんな辰の幻想的なイメージの通り、他の人とは違う視点で物事を考えることが出来るのです。
辰年の人は天才肌と呼ばれることが多く、また幻想的な考え方や現実ばなれした発想でロマンティックな人が多いです。
奇抜なアイデアを生み出すことが出来るので、自分がどんな才能を持っているのかに気づきさせすれば大成することが出来るしょう。

感受性が高く自由な発想力にも恵まれ、アートの分野で幅広い能力を持った、辰年生まれの女性。
その中でも、特に文芸の才に富んでいます。
突拍子のないアイデアやひらめきは、人を引き付ける情感に溢れた文章を書くことが出来ます。
また、頭の回転が速いので、誰もが読みやすくわかりやすい文章を書くことも出来ます。
小説家として活躍をする方も多いと言われていますが、その文才は、文章にかかわる仕事であればどんな仕事に向いていると言えます。

感性や発想力が豊かで、文才に恵まれています。特許などで成功している方も、日々の努力の他、誰もが考えつかなかった事を、誰よりも最初に考えてついているため、発想力が豊かという部分は、勉強や仕事の部分で十分な応用がききます。熱しやすく冷めやすいという面もありますが、一つの事に集中する事ができるという意味でもあり、時には思いがけない力を発揮する事もあります。好奇心旺盛なので、色々な事に興味が向きますが、自分の得手不得手が分かったり、知識もその分増えるので、良いことでもあります。

辰年生まれの女性の恋愛傾向はどう?運命の相手はどんな人?

辰年生まれの女性は奥手で受け身な不器用な人が多いようです。
人から話しかけられた時、特に意中の男性から話しかけられると、内心の緊張感からか必要以上にそっけない態度を取ってしまい、
「冷たい態度の人」「不愛想で感じ悪い」などと言われてしまったことはありませんか?
あなたはまさに花の蕾のような方です。蕾の表面は固く閉じ、色もお世辞にも奇麗とは言えないですが、
その中には繊細で美しい鮮やかな色の花が眠っています。
そう、あなたの内側には感情豊かで温かい美しい本物のあなたがいるはずです。
あなたにぴったりな男性は、不器用な外側も、そして内側にいる本来のあなたの良さも見抜いてくれる
そんな温かい心の持ち主が良いでしょう。

辰年生まれの男性はどんな性格?

辰年生まれの男性は不器用な所がありお世辞を言ったり愛想を振り撒くという事が苦手なので初対面の人とは仲良くなるまでに時間がかかります。団体行動で人に合わせて行動するよりも自分だけで進めて結果を出したいと思う気持ちがあるため、周囲との調和が取れず我が道を行くタイプに見られがちです。ですがとても真面目で実直な性格を持つため何事に対しても自分の持てる力を注ぎます。それは恋愛に関しても同じです。奥手な純情派なので恋愛に発展するまでに時間はかかりますが好きになった一人に精一杯愛を注ぐ誠実な人柄といえるでしょう。

真面目で素直な方が多く、先生や上司から好かれやすいです。決められたルールをきちっと守り、自分に非があれば、素直に謝るという基本的な行為をするだけで、長期的には好かれます。素直な部分では、お世辞を他人に対して言わない事から、初対面の方には好かれにくいですが、ストレートさは、誰もがいい出しにくい事でも言えるので魅力にもなり得ます。真面目という部分では、運まかせよりも、論理的に成功する人生を導き出していく傾向があります。

辰年生まれの男性は発想力に優れていて感受性豊かな感性を持っています。常識にとらわれない柔軟な考え方で物事を捉えることが出来るので他の人が思い付かないような独創的で感受性豊かなアイデアや発想を産み出すことが出来ます。自分の意思をしっかりと持ち考えを貫く強気な一面がある一方でデリケートで繊細な一面も持っています。愛想を振り撒かずいつも冷静沈着冷静で冷たく見られがちですが内に秘めた内面の優しさがあるのが辰年生まれの男性です。

辰年生まれの男性の恋愛傾向はどう?

辰年生まれの男性の特徴は、基本的に自由人で、我が道を行くタイプが多いです。もともと集団や団体行動が苦手な人が多く、コミュニケーション能力もそれほど高くありません。自己中心的な部分があるため、そんな相手に振り回されて周りが疲れてしまうかもしれません。そんな辰年生まれは、人付き合いにはとても不器用ですが純粋な気持ちを持っている人が多いです。人と深くかかわることを苦手としているため、いったん付き合って心を開いた相手にはとことん尽くします。ですが、人からの好意に鈍感で、自分に好意が向けられていることに気づきにくいタイプです。辰年生まれの男性へのアプローチは、はっきりとわかりやすくすることがおすすめです。

[相性占い]辰年生まれは他の干支とうまくやれる?

辰年生まれと子年生まれの相性

辰年である私はまさに辰年の特徴に当てはまる人間性です。(変に)真面目で曲がったことは嫌い、デリケートで他人の目を気にしてしまいます。基本的に人を信じる性格なので意志を持ちつつ流されやすい傾向を持っております。
対して私の主人は子年。社会にストレスという波に揉まれても、ま庭でも私や子どもたちの面倒を見て疲れていても、如何なる時も問題に直面すると冷静沈着論理的に解決へ導いてくれます。文系出身ですが感情論ではなく数値をもって正確な判断を下す人です。彼もまた子年の特徴にピッタリ合致した性格です。
その私と主人は、やはり私がテレビやネットのクチコミ、友人親族からの煽てや勧誘でフラついてしまう時も、主人は常に冷静で牽制してくれます。勿論GOサインも出します。数値をもって、論理的に問題へ取り組んでくれるのです。
対して主人は興味のあるもの以外は興味を示さない人です。そこで何にでも興味を持ちアクティブな性格の私が主人を外出へ誘ったり物を紹介することが多いです。お付き合いして主人は性格が明るく変わったと義実家に言われたことがあります。
互いの凹んだ部分を、互いの得意なことで補える、そんな関係が子年と辰年であると思います。

辰年生まれと丑年生まれの相性

辰年生まれにとって丑年生まれは、いっしょにいることでさまざまな刺激を受け、高いモチベーションを維持できる相手であるといえます。基本的に率直でまっすぐなところがある辰年は、熱心にコツコツ努力を続ける丑年のやり方には一目置いています。よく回る頭脳をもった丑年も、辰年の文才や真摯なところには敬意を払っており、負けん気の強さからいい意味で張り合おうという気概を持っています。それぞれが正の影響を与えているので、向上していくことのできる組み合わせです。

辰年生まれと寅年生まれの相性

辰年生まれと寅年生まれの組み合わせは、価値観が一致し、安定して力が発揮できるパートナーシップを組めるコンビだといえます。辰年も寅年も、真面目さや、手堅さといったことをとても大切にしています。この二人は、物事に取り組むときの歩調が合わせやすく、安心していられる組み合わせです。余計なことを気にしなくてよい分、力も発揮しやすいでしょう。繊細でピュアだが表面的には素気ない辰、ロマンを愛し見栄を張ってしまう寅、組み合わさるとうまいところに落ち着いて長続きする関係です。

辰年生まれと卯年生まれの相性

辰年生まれと卯年生まれの相性は、それぞれお互いをおもしろい存在と感じるようです。辰年は、どちらかというと無口で、いろいろなことが顔に出ないタイプです。しかし、心の動きはこまやかで、文章を書かせたら豊かな才能を発揮します。ボキャブラリーも豊かで、ことばに対する感覚は鋭いのです。そんな辰年にとって、愛嬌やユーモアをさらして堂々たる卯年は興味深い観察対象。卯年の方も、辰年の実は細かな内面の豊かさに愛おしさを感じているのです。互いに興味が尽きないあいだがらといえます。

辰年生まれと辰年生まれの相性

辰年生まれと辰年生まれの相性は、どちらもまじめで、多感なところが共通しており、衝突することが少なくて長続きする間柄といえます。自分を過度に飾ることなく、ありのままの自然体で接することが人によってはぶっきらぼうに受け取られたりすることもある辰年。ナイーブで高い感度の心を持つ者どおし、言わず語らず通じ合うところも多く、多くの言葉を費やさずとも通じてしまうためにお互いにつかれてしまうことも少なくて、ホッとできる相手です。無駄にエネルギーを消耗するような摩擦や衝突が起こりにくいので、穏やかな関係を長続きさせることができるでしょう。

辰年生まれと巳年生まれの相性

辰年生まれと巳年生まれは、本音で語り合える相手に巡り合えた僥倖を喜こびあえるようになるでしょう。恬淡としているように装う巳年と、遠慮もあり、クールにふるまう巳年。最初のころは様子を見合っている期間もしばらくあり、ピンと来ないかもしれません。しかし、辰年は豊かな感受性をもち、飾り気のない真率な人間的な魅力を備えています。巳年がそこに気づくと、辰年を人間的に信用がおけると思えるようになります。デリケートな辰年は、巳年の無遠慮に迫らない点にも安心して心を開けるようになるでしょう。コミュニケーションを重ねることで信頼関係を強固なものにしていけます。

辰年生まれと午年生まれの相性

辰年生まれと午年生まれの相性は、似た者同士ということで、サポートをしあえる関係であるといえます。几帳面さ、真面目さを重んじる点では、よく似ているので、相方の言動に焦りや苛立ちを感じることはあまりありません。いっしょになにごとかを成し遂げる良き相棒としての素質はお互いに十分にあるのです。辰年は、午年の果敢に行動できる面に尊敬を払っているし、実は傷つきやすい柔らかい内面を抱えている点には親近感を覚え、おたがいに助け合う体制をつくることができる組み合わせといえます。

辰年生まれと未年生まれの相性

辰年生まれと未年生まれは、一緒にいてともに語らうことで、こころがあらわれ、清く純粋な子気持ちになれるでしょう。辰年は、口にする言葉は短く朴訥、想いを表情や態度で表現するのは得意ではありません。しかし、なにも感じていないわけではなく、むしろ人一倍鋭敏に物事をとらえるセンサーを持っています。未年の、穏やかに優しく品がよいのに、ここぞというときに一本筋を通ししなやかに強くあるところには敬意を払わずにはいられないのです。穏やかに人を思いやれる未年も、そんな辰年のピュアな内面を深く心得て慕うことができるのです。

辰年生まれと申年生まれの相性

根本的な価値観が同じなので、長く一緒にいても大きくもめることもなく、とても気が合う相手です。何をするにも同じ価値観で物事を見る事ができるので恋愛のパートナーとしても仕事仲間としても長く付き合える争いの少ない安定した関係が作れます。辰年はそっけないところがありますが飾り気がなく愛される芸術的センスを持っているので申年にはとても懐いてもらえるでしょう。ただそっけなくしすぎて飽きられないように注意が必要です。

辰年生まれと酉年生まれの相性

辰年と酉年の関係は、情緒的なところで絆を結び、ともに夢を見たり、感情を共有しあえる仲であるといえそうです。辰年は、表面的には感情をあらわにすることは少ないのですが、デリケートな心の動き、感性の鋭さを秘めています。頭の回転の速い酉は、そんな辰のきもちの動きも見抜きますし、夢を語ったり、みずからのきもちも素直に話せたりするのです。一度きもちが通い合えば、想いを共有したり、文芸の才のある辰年がそれをことばにできればお互いの理解を深めていけ、絆を強めていける関係だといえそうです。

辰年生まれと戌年生まれの相性

辰年と戌年は、いっしょにいることがとても楽で居心地がよく、気持ちが落ち着く長続きするパートナーです。口数が少なく、あくまでも自分を飾ることのない辰年ですが、律儀で、誠実さにあふれた戌年の忠実さは信頼のよすがとなりうるもの。内面的にはとても感覚が鋭く、いろいろな感情を持ち合わせている辰の繊細な心の動きやゆらぎも、勘の良い戌年はさりげなく見抜いてしまい、必要なサポートをスマートにこなしてしまうのです。穏やかでたしかなきずなを育める組あわせです。

辰年生まれと亥年生まれの相性

真面目で純情、飾り気がない辰年生まれは、多感で文芸の才に富んでいてみんなから愛される一面もあれば、そっけなく、デリケートな一面もあります。
それに対し亥年の性格は猪突猛進と言われがちですが、清廉潔白で同情家、正直、好奇心旺盛な反面、小心者、配慮に欠く性格です。
真面目で純情な辰年生まれから見ると、猪突猛進で清廉潔白な亥年生まれは可愛らしく思える相手であり、辰年生まれが何となく母性を発揮する相手となります。

辰年の2019年運勢

辰年にとって、2019年は、リセットとリスタートの年となりそうです。過去から現在に至るまでのことで、一度白紙に戻したり、リセットしなければならないことが出てきそうです。今まで積み上げてきたことを思えば、苦渋の決断を迫られたり、ことに立ち向かうのに大いなる勇気を振り絞らなければいけないこともあるかもしれません。しかし、今年がm新たな人生の旅立ちでもあるのです。道のりは遠く、先を見通せなくてつらく苦しいこともあるかもしれません。しかし、すべては自分自身の成長につながっていることであり、今年は大きく飛躍するための準備期間だと思うことが肝心です。困難にぶつかることがあっても、そこから逃げずに立ち向かうことで、必ず運は開けてきます。

RELATED POST