誕生日占い

11月2日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

11月2日生まれの性格や特徴「思慮深く愛情深い」

11月2日生まれは、協調性と包容力を備えている、向上心が強い人です。

空気を読むことに長けていて、繊細で用心深い一面もあるため、一言で表すと「気配りの人」と言えるのではないでしょうか。また、率先して人前に立ちリーダーとして活躍するよりも、一歩下がって舞台裏でサポート役として大活躍する素質があるようです。高いコミュニケーション能力を生かして献身的に周りのために尽くし、相手が喜んでくれることに幸せを感じるタイプだと言えるでしょう。

そして11月2日生まれは周りとの輪を尊重しようとするので、ついつい気を使いすぎでしまう傾向があるかもしれません。もともと洞察力が高いため、相手の気持ちを瞬時に察することができるのもひとつの原因だと思われます。そして自分の意見を言うことに抵抗があるため、言いたいことを我慢する傾向もあるのではないでしょうか。その結果、穏やかな笑顔の裏には、不満を溜め込みがちになってしまうでしょう。

しかしそれは、11月2日生まれの優しさと包容力から来ているのではないでしょうか。家族や友人、同僚などの周りの人たちを大切に思うからこそ、自分を犠牲にしてしまうのです。

それほど11月2日生まれにとって仲間というものがとても重要であり、人と関わり合って生きていくことが望みでもあるのでしょう。

時にはバランスを取るためにも意識的に適度な息抜きをしたり、リラックスできる場所や時間を確保することが必要かもしれません。

また、11月2日生まれが持つ向上心の強さは、その好奇心の強さに良く表れています。単調なことを好まず、心のどこかでは常にドラマチックな展開を待ち望んでいるのかもしれません。退屈で安定した生活よりも、たとえ不安定だとしても変化のある自由奔放な生活を追い求めたい願望があるのではないでしょうか。何もない毎日よりも、ハプニングやサプライズといった出来事がモチベーションをアップさせる要因になっているようです。

11月2日生まれの隠された特徴とは?

11月2日生まれは平凡なことを嫌い常に変化や刺激を望んでいる傾向があるようです。豊かな想像力をフル稼働させ、退屈な日常をどう刺激的に変容させるか、常にアンテナを張っていたりしませんか?また、そんな刺激を与えてくれそうな人たちと仲良くなりたいという願望もあるのではないでしょうか。

その様子は普段の落ち着いた様子とはギャップが大きいため、周りから「落ち着きない性格」や「気分屋」と誤解されているかもしれません。

とはいえ、やはり自ら進んで冒険をするタイプではないため、自由に自分を表現している人に憧れているかもしれませんね。

また、基本的には温厚で用心深く、周りに合わせがちな11月2日生まれですが、実はとても情熱的で喜怒哀楽が激しいという一面もあるようです。

大人しそうな外見からは想像できないほどやる気に満ち溢れていて、直感や洞察力が鋭く、いざという時の決断力も並大抵のものではないのです。

11月2日生まれの本能的な人間関係

常に周りとの調和を大事にする11月2日生まれは、どんな人とも仲良くするように努める、社交的な気配り上手です。

基本的に几帳面で落ち着きがあるため、その安定感からか少し地味にみられがちかもしれません。しかし人間関係の作り方が上手く、その社交性と想像力で周りの人を楽しませるのが得意です。そのため友人関係も幅広く、人を怒らせたり嫌われたりということは滅多にないでしょう。

また、頭の回転がとても良いので物事を瞬間的に理解し、先回りして行動し、相手を喜ばせることにも長けています。

常に自分のことよりも、周りのみんなが心地よく過ごしているかを先に考える、グループの影のまとめ役とも言える存在になるでしょう。

一方少し神経質で感受性が強く、傷つきやすい一面があるため、本音で話すということはとても苦手なタイプです。そのため時に、「何を考えているかわからない人」と誤解されることもあるかもしれません。

しかし思いやりと気配りで良い関係づくりを心がけるため、基本的には多くの人から慕われ、常に集団の中にいて欲しいと思われる存在です。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

11月2日生まれは、10代後半から20代前半にかけての電撃婚をするか、または30代後半以降になってからの結婚運が良い運気の流れになりそうです。

10~20代の電撃婚の可能性としては、やはり「押しに弱く受け身」という特徴から、グイグイとアプローチをされてそのまま押されるがままにゴールインをする可能性があるでしょう。

30代後半以降の結婚運は、年齢を重ねることによって控えめで受け身だった性格が、だんだん積極的に自己表現できるようになるでしょう。そしてそこから運が開けるという流れになってくるようです。

そのためモテ期としては、若い頃よりは30代後半以降になってからの方が、自分の殻を破ることで持ち前の魅力をより発揮できる運気となるでしょう。

11月2日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

11月2日生まれの空気を読む性格は、恋愛にもそのまま表れているようです。

基本的には受け身で、自分から積極的に相手にアプローチするということは滅多にないでしょう。どちらかと言えば、「自分のことを好きになってくれた人を選ぶ」というのが基本のスタイルではないでしょうか。

そしてやはり相手の気持ちを第一に考えるので、自分の気持ちよりも相手が快適に過ごしているか、ということに常にフォーカスしています。

それが11月2日生まれの最大の長所と言っても過言ではありませんが、お相手はたまにはワガママを言って欲しいと思っているかもしれません。

そもそも人のために尽くしてしまう性格なので、なるべく本音が言いやすいような相手を選んだ方が無理なく付き合いを続けられそうです。

受け身すぎる姿勢でいてはいつしか大きな不満を抱え、付き合いそのものが負担になってしまうかもしれません。できるところから、少しずつ本音で自分の気持ちを伝える努力も必要になってくるでしょう。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

自ら自己主張はしない、基本的に受け身である11月2日生まれのキーワードは、どうやってうまく「我」を出すか、ということになりそうです。

我を出すということは、やりすぎるとただのワガママになってしまいますね。ですが、自分の本音を出すのが苦手な11月2日生まれにとって、少しだけワガママになることがパートナーとの関係を無理なく続けるポイントになるようです。

お互い本音を言い合うことで不満を溜めすぎず、持ち前の包容力で相手も自分も、大きな愛で包み込むことができるようになるでしょう。

11月2日生まれの仕事の資質

人に尽くすことが得意な11月2日生まれは、仕事でもその本質を発揮しそうです。

適職としては人をサポートするような職業となりますので、営業事務や秘書、またはセラピストなども向いてるようです。誰かのために役立つことに幸せを感じるので、情熱をもって能力を発揮できることでしょう。

または、持ち前の豊かな想像力と繊細さを活かすなら、音楽や芸術関係のクリエイティブな仕事でも実力を発揮できそうです。

11月2日生まれは、仕事に対しても常に変化やワクワク感を求める傾向があります。ですので、ある程度の出世や功績を残したら電撃的に仕事を辞め、別の道を選ぶ可能性も大いに考えられるでしょう。

時に大胆で型破りな行動で周りを驚かせる11月2日生まれですが、それに見合った経験豊富な人生を過ごす可能性もあるでしょう。

11月2日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:蠍座

誕生石:ブラックオニキス

魔除けの石。決断し実行することを助けてくれる力もある。

誕生花:金木犀

花言葉は謙虚と気品。控えめで小さな花をつけ、その香りは甘く、周りを安らぎで包み込みます。

RELATED POST