夢占い

声の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】声は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

現実の世界で声というのは、意思やメッセージそのものを象徴してます。

夢を解釈するうえでも、印象的だった声が自分以外の誰かならメッセージを伝えている【予知】を意味し、自分の声が印象的なら自分の意思である【承認欲求】を意味するのです。

まず、自分以外の声は今の問題や悩みの答えやヒント、あるいは今とはまったく関係のない未来の重要なことを暗示。

この場合どちらも予知的なメッセージで、意味をしっかりと受け取ることでうまくいく未来や、見逃してほしくない未来の重要なポイントを夢が先に知らせてくれています。

注目すべきは夢のなかの声色(どのような感情がこもった声か)や何を言っていたかです。

たとえば、優しくさとすような声で「行きなさい」と言っていたなら、「今のままで問題なく、今の道を行けば幸運が待っている」ことを告げたメッセージでしょう。

2つめに、夢で自分の声が印象的だったら周囲の人たちに本当の自分を知ってほしい、評価してほしいという承認欲求のあらわれ。

それは自己主張して受け入れてくれる相手や居場所を求めていることに他ならず、現在の人間関係に満足できていない状況を伝えています。

声の夢を見る心理的な背景とは?

声が印象的な夢を見るのは、満たされない現実への不満のあらわれです。

また、片思いの相手がいるなら、相手を振り向かせることの出来ない自分の不器用さに悩んでいるかもしれません。

あるいは、仕事面で本当はもっと出来るのに自己主張できないことから、納得のいかない評価を受けているはず。

このどちらも、自分の思うように表現できない、もしくはうまく伝わらないという共通した悩みといえます。

ここで重要なのは、発想を転換して「自分ではなく相手にフォーカス」してみることで現状の流れを一変させることができるかもしれないということです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえし何度も同じ声の夢をみるのは、重要なメッセージを発信されている可能性が極めて高いといえるでしょう。
とくに、自分以外の誰かの声が印象的なら「忘れてはならない重大なことを見逃している」ことを告げる警告夢。

「くりかえし見る夢」の内容をしっかりと思い返し、声が何を伝えようとしているかに注目して「大事なことを忘れてしまっていないか」と自問自答する必要がありそうです。

なお、夢は自分の潜在意識がイメージ化したものであることから、必ず、自分の中に答えがあるといえるでしょう。

RELATED POST