夢占い

音の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】音の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢のなかの音は【メッセージ】そのものを意味。音の夢のほとんどは吉夢といえるものになります。

夢をみて音が印象的なのは、感覚の冴えが澄み渡っている証拠。くわえて、現実世界で情報に対して敏感にアンテナをはってるようです。

さらに、自身を成長させることに貪欲になっていることも夢が告げていることから、今から先、多くの貴重なメッセージを得る体験をする予兆があります。

他にも音の夢には、感じた印象によって指し示すメッセージに違いがあります。

たとえば、明るく元気な音が印象的だったら、現在の生活に充実感を感じて、ポジティブ思考で過ごせている暗示。

反対に、暗い、物悲しい、不気味といった印象だったら、少し肩の力が入って小さなハプニングにも怯えがちであるという暗示。

それでも、気分転換をはかるなどして思考を切り替えられれば、途端に運気が好転するでしょう。

音の夢を見る心理的な背景とは?

音の夢を見た今は、想像力豊かで良い発想やアイデアも思いつくようなクリエイティブな状態。

仕事をするうえで、アイデアに詰まることはなく、周囲に頼りにされ評価されやすい時期が続くはずです。

恋愛や交友関係においても、気の利いた言葉や面白いプランを考えて実行することが功を奏して関係が深まる暗示が出ています。

このような吉の運気を少しでも維持するためには、行動をともにする「相手の反応、視線や仕草」からメッセージをくみとる意識をもつとよいでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じ夢をみるのは、印象に残っている音に重要なメッセージが宿っている証拠。
その音に関わる「何か」が、今の自分、あるいは未来の自分にとって大切であるということです。

音に関わる「何か」とは、その音にまつわる自分自身の過去のエピソードや、音に感じた印象から導き出すことができます。

そして、夢から得たメッセージは、これからの自分の方向性を考えるうえで指針になり、迷いなく前進していけるといえるでしょう。

RELATED POST