夢占い

前歯の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】前歯の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

前歯の夢は【エネルギーの低下】という意味が基本にあります。現在の状況を警告する警告夢です。

前歯の夢のほとんどは、「前歯がかける」「前歯が抜ける」「前歯が落ちている」などの前歯を失っている内容でしょう。

本来前歯は、攻撃性や自己表現の象徴ですので、それを失った状態というのは消極性やエネルギーの低下によって自信をなくしていることを意味するのです。

たとえば、自分の主張がなかったり意見を出さずに、相手の意見を受け止めてばかりで悩んでいると前歯の夢を見たりします。

前歯の夢の意味である「エネルギーの低下」は、気力や心のことだけではなく、体に外傷があるときも夢を見るのです。

夢に見せるのは、気になるような痛みや違和感を感じている証なので、そのまま放置するのではなく診察を受けることも視野に入れましょう。

前歯の夢を見る心理的な背景とは?

前歯の夢を見るのは、自信を失って弱気になっていることを物語っています。

うまく笑えない、恥ずかしい、などの気持ちがあることでコミュケーションをとる際に、相手の言動に対して「どう反応すればいいか」と迷いがあるようです。

または、コンプレックスを気にするあまり自己表現することに「自分なんか」と、抵抗を感じているのかもしれません。

このような消極性が原因で対人面や恋愛においても苦労する凶兆があらわれています。

それでも、「弱点」に目を向けるのではなく「自分にもできること」に目を向けることができれば、凶兆を払いのけることができるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度もおなじ内容をみるのは、今の自分を変えてみたい変身願望の高まりが理由のようです。
具体的には、他人の顔色をうかがってばかりの自分、「NO」と言えない自分、聞き役ばかりでいる自分に変化を求めています。

そんな今の自分を、積極的で個性を表現できる自分に。くわえて素直なリアクションがとれる自分に変えていきたい思いが夢にあらわれているのです。

そんな高まった思いがこれから、1つひとつ実を結びはじめると夢は告げています。

通常であれば前歯の夢は凶夢ですが、くりかえし見る場合は望む自分に変化していける吉夢であるといえるでしょう。

RELATED POST