夢占い

爪の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】爪は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

爪の夢は【恵まれる】という意味が基本にあります。現在が順風満帆にいきやすいことを示した吉夢です。

まず、爪の夢をみたら今後の「人生の基礎」となるような必要なものに恵まれる暗示。

金銭や物資に悩まされることが少なく、さらに協力者にも恵まれるので一人で困りはてることもこの時期ありません。

また、爪が印象的な夢は、爪が長いほどに恵まれることを告げています。

その場合、意図せずとも周囲に持ち上げられることも多く、もし悩みがあってもすぐに解消されるでしょう。

反対に、夢のなかの爪が短いほど、質素で最低限の暮らしを過ごしていく暗示。

これは貧しい思いをするというわけではなくて、欲張らずにシンプルで肩の力を抜いた生活ができることを示しているのです。

爪の夢を見る心理的な背景とは?

爪の夢をみるのは、今あるものを大切にしたいという気持ちのあらわれ。

それは、家族や恋人、友人におけるまでの自分に関わる身近な存在を指しています。

ありふれた関係に対して「居て当たり前」とは思わず、「居てくれること自体ありがたい」というような感謝の気持ちがあるようです。

また人間関係の他にも、今ある仕事や趣味にたいして初心に戻ることで大切さを再確認できる暗示。

さらに、周囲に気づくことのできる落ち着きと配慮の心があることで、好感を得て仕事もプライベートも評価をもらいやすい傾向にあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じ爪の夢をみるのは、美意識と女子力がそうとうに高まっているあらわれ。
そこから恋愛運のアップに連鎖していく暗示があり、愛の告白をされたり、お誘いを受けることも増えるはずです。

だからといって、軽はずみに誘惑に流されることは少なく、現実的で冷静に判断できる状態であることが夢から伝わります。

また、美意識と女子力の高まりは恋愛だけに限らず、交友関係にたいして良い影響を与えていくでしょう。

お互いにリスペクトしあえるような良い関係を友人と築いていくことができると言えます。

RELATED POST