夢占い

胎児の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】胎児は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

胎児の夢がしめす基本的な意味は【才能の開花】です。また、そのほとんどが吉夢となります。

まず、現在すでに才能の開花の予兆が出ている暗示があります。もし、それに気づいていない場合は潜在意識が夢をとおして知らせているといえます。

また、開花する才能が何なのかを知りたいなら、自身に対する周囲の反応に大きなヒントが隠されているでしょう。

自身がとった「ある行動」に対して、想像以上に喜ばれたり驚かれたことが過去にあったならその可能性が高いといえます。

あるいは、「ある行動」をすると不思議と毎回のように物事がうまくいくことも当てはまるはずです。

潜在意識が「育ててほしい才能」として夢に見せていますので、まずは才能の芽に気づき成長させていくことで自己の発展へとつなげることが出来るでしょう。

胎児の夢を見る心理的な背景とは?

夢をみたとき、責任感や使命感、覚悟のような思いが芽生えていることを潜在意識が伝えています。

また、今は逃れられない状況にいると考えているかもしれません。

たとえば仕事で新たなポジションを任される提案をうけたり、新たに自身でビジネスを立ち上げようとする状況がそれに当てはまります。

あるいは、交際相手との結婚を考えていたり、実際におなかに赤ちゃんがいるときに夢を見ることも多いでしょう。

つまり「新たな報酬や成長を得られるが、大変かもしれない」と覚悟を決めようとする葛藤が夢にあらわれているのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度もくりかえして同じ内容をみるのは、覚悟を決めるために自分自身と戦っていることを暗示。
それは自分の才能に向き合い、現実にいかしていこうとする思いが強まっているあらわれです。

あるいは、守るべき存在や大切な誰かのために重要な決断をしようとしているのかもしれません。

これらは、すでに「自分のなかで答えは決まっている」うえで最後のひとおしの勇気を試されている状況といえるでしょう。

また運気の高まりがありますので、決断して行動していくことで充実した生活が待っているはずです。

RELATED POST