夢占い

花火の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】花火は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

花火の夢は、成就を意味します。その対象は、恋愛、願望、憧れ、目標などの叶えたいものごと。

そのとき、花火のサイズによって意味が違います。花火が大きいほど目標のスケールが大きく、小さいほどに目標がささやかであることを暗示。

そして、大きい花火はいっときの衝動や華やかさを象徴したものであり、継続する努力がなければ夢が儚く散ってしまう恐れがあります。

逆に小さい花火なら、身のたけに応じた目標を追いかけているので、順調に願いは成就されるといえるでしょう。

どちらにしても、花火は美しく魅了するものであると同時に、一瞬で儚く消えてしまうものです。

そこから、「願いを成就させるためには、いっときの衝動で終わらせずに、どんなときも続行していく意思が重要」というメッセージを受け取ることができるでしょう。

花火の夢を見る心理的な背景とは?

美しさと儚さの象徴である花火の夢をみるのは、出会いと別れにともなう感情があると考えられます。

たとえば、「出会い」においては、いっときの刺激をもとめた恋に走りやすかったり、おもいつきでペット飼うような行動をとりやすい状況。

刺激を欲する気持ちや、寂しさの穴埋めをしたいという気持ちがうかがえます。

また、「別れ」は、恋愛関係の別れについて「恋愛は儚い」と感じていたり、虚無感のようなものを感じているかもしれません。

あるいは知り合いに不幸があったりペットを亡くしたりすることで「命の儚さ」を感じているときも花火の夢をみるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえし何度も同じ花火の夢をみるのは、願望の気持ちが非常に強まっているあらわれ。
通常であれば花火の夢は儚さの象徴ですが、くりかえし見る場合は「少々なことではくじけない強固な意思」があらわれています。

それは、あらゆる願望が成就する可能性が高まっていることを暗示しているのです。

また恋愛、仕事、学業、金銭などの運気が全体的に高まっています。

良縁や嬉しい出来事にも恵まれ、自身にとっての大きな飛躍となる時期になるでしょう。

RELATED POST