夢占い

顔の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】顔の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

顔の夢はほとんどが吉夢といえるでしょう。顔の夢を見た場合は、基本的に自身の内面や運気上昇を意味し、自身の置かれている環境が変化することを暗示しているのです。

顔は「心の鏡」といわれることもあります。そのため、明るく良い印象の夢だった場合には、自身にとって嬉しいことが起こる前兆です。不安に思っていた物事も解決へと進み始め、心穏やかに過ごせるでしょう。また、仕事や恋愛面でも、人生に大きな影響を与えるような素敵な出会いが待っています。

ただし、顔が暗かったり怖かったりという印象だった場合は凶夢で、自身にとって良くない変化が起こることを暗示しています。今まで上手くいっていたことも邪魔が入ったり、思ったような結果が得られかったりという可能性があるので注意しましょう。

顔の夢を見る心理的な背景とは?

顔の夢は、運気が上昇し、仕事や恋愛面での転機が近づいている人が見やすい夢といえます。自身の置かれている環境が変化している時期なのです。

日ごろから自己の成長を目指し、コツコツ頑張っている人が見やすい夢ともいえるでしょう。努力が実を結び、変化がおこる前兆として夢に表れたのです。

ただし、凶夢を見た場合には、心身の不調や対人関係でのトラブルを抱えている可能性もあります。心当たりがないか、自身を振り返る良い機会にしましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も顔の夢を見るのは、まもなく大きな変化が自身に起こることを暗示しています。とても良い運気の流れですので、変化を恐れず何でも挑戦してください。運も味方をし、とても良い結果を残すことができるでしょう。
ただし、良い運気や変化というのは自身の努力があってこそ。夢を見たからと傲慢になってしまっては、自身が望んだ結果にはならないでしょう。謙虚な気持ちを忘れずに取り組むことが、成功や更なる開運のコツです。

RELATED POST