夢占い

親戚の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】親戚は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

親戚の夢は【アドバイス】と実際の【親戚】という2つの意味に分かれます。夢に出る親戚は自身のことをあらわしているという解釈が一般的です。

そして、1つ目の意味は、今の自分がどのような状態であるかを見せるための【アドバイス】です。

これは警告夢であり、今の自分を客観視させることで、自己の反省や改善をうながそうとしています。

あるいは、普段なかなか気づきにくい自分自身の一面を夢で知らせてくれているともいえるでしょう。

感情的になりすぎている部分や周囲への配慮がかけているところなど、夢に出た親戚は自分自身だと受け止め改善することで状況が好転することを夢が告げているのです。

2つ目は、実際の【親戚】そのものを暗示している可能性。それはつまり、夢の印象がよければ実際の親戚や身内に祝い事が起きたりすることを意味します。

反対に夢の印象が悪いなら、身内や親戚にトラブルが起こってしまう、もしくは知らないだけですでに現在起こっていることを夢が伝えているのかもしれません。

もしも気になったなら、「思い浮かんだ相手」に連絡をとってみることで、いち早く状況を知ることができるでしょう。

親戚の夢を見る心理的な背景とは?

親戚の夢を見る心理的な背景も、大きく2つに分かれます。

1つ目は、今の暮らしに対して平凡で退屈と感じていて、「どこかスッキリしない」というような晴れない心があるようです。

そのようななかで、自身の才能について興味があり、それでも今は「自分に特別な才能は無い」と認識していることを暗示。

それでも、夢を思い返してみることで、自身がまだ自覚していない才能を発見できる可能性があると夢は告げています。

夢の親戚が自分自身のことを表現して見せていることが多いので、親戚が「何をしていたか」や「優れていると感じるとこがあったのか」に注目してみるといいでしょう。

2つ目は、日常で実際に親戚に会いたがっていたり、気にかけている背景があることで、そのままの形で親戚の夢を見てることもあります。

これは、気持ちがダイレクトにあらわれているので特に解釈すべき意味は無いといえるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度もくりかえしに同じ内容をみるのは、絶対に気づいてほしいことがあって重要なアドバイスを夢が伝えようとしているのです。
また、気づいてほしいのは「自分自身に関すること」、もしくは「親戚について」のメッセージでしょう。

たとえば、すぐに改善しないとトラブルに発展してしまう自分自身の今の状態を警告しています。

夢の中で、親戚を見て「こんな人間にはなりたくないな」など感じていたら、まさにそんな自分に今なってしまっていることを告げられているのです。

つぎに、現実の世界で親戚が困難にぶつかっていたり非常に困っているなどして、夢を通して助けを求めている可能性があります。

思い当たるなら、即座にコンタクトをとってみることで相手の力になれることがあるかもしれません。

RELATED POST