誕生日占い

1月10日生まれの誕生日占い|性格・特徴から恋愛傾向まで徹底解剖

h2>1月10日生まれの性格や特徴「向上心あふれる万能なリーダー」

感情に流されることのない現実主義者で、何事にも揺らがない精神の持ち主です。優等生でもあり、リーダーとして任命されることも多々あるでしょう。常に上を目指して行動しているため、やや暑苦しいイメージを持たれてしまうこともあります。

猪突猛進でなにもかもを白か黒かで判断しがちな融通の利かない一面も持っています。そのことで自分自身を追い詰めて辛くなってしまうこともあるでしょう。けれどいくら落ち込もうがどんなに悩もうが切り替えがスムーズで立ち直りが早いというのも1月10日生まれの特徴です。

チームワークを大切に考えていますが、どうしても支配的になりがちなようです。皆のために成功を、というよりも自分自身のステップアップのために成功を、という思いが強く前面に出てしまいます。

ポテンシャルが高くなんでもできてしまう人ですから、できない人の気持ちを理解することができません。行動力も洞察力もずば抜けておりリーダーとしての資質を多く持っていますが、唯一弱者に共感する気持ちが弱いようです。

視野が広く多くのことに気が付きますが、1月10日生まれはおおらかで細かいことはどうでもいいと考えるタイプです。誰かの手助けをしたり先回りして行動したりすることは滅多にないので気が利かないと思われてしまうことも少なくないでしょう。

恵まれた体力を持っているので忙しくしていることは苦になりません。それどころか時間に追われバタバタとしているほうが充実していると感じるほどでしょう。無駄に時間があると堕落した生活を送ってしまう傾向にあります。動けば動いただけ知識や技術を吸収していける才能がありますので、思いついたことはすぐにチャレンジしてみるべき人です。

1月10日生まれの隠された特徴とは?

本音を出せず甘えられないことが多い1月10日生まれですが信頼している人にはつい愚痴をこぼしてしまいます。ただあまりに延々と続く不満と文句の嵐に相手が辟易してしまうことも少なくありません。

1月10日生まれは影響力が強いことに加え、ネガティブなことを話す際にはいつにもまして口調が荒くなりがちです。受け止めるほうもかなりの体力を使い疲弊しきってしまうのでしょう。

目標に向かい努力を重ねることや時間を費やすことには抵抗がありませんが、やや自制心に欠けるところがあります。どんなに才能があっても認められないときがあるとするのなら、おそらく自己中心的な言動を繰り返してしまっているときです。

けれどその性格は強い信念を持っているからこそのものでもあります。相手の反応を見て気持ちを察することができるのですから、対応次第で物事の流れを良い方向に向けることは容易にできるでしょう。

1月10日生まれの本能的な人間関係

名誉欲、出世欲が強く、すでにそれらを持っている人に憧れを抱いています。自分自身きらびやかな世界に身を置きたいと願っているので有名人や肩書きのある人から声を掛けられるとすぐに付いていくでしょう。

社交性があるのでどのような集まりであっても物怖じせず親交を深めることができます。初対面の人ばかりであったとしても、いつの間にか輪の中心となっているかもしれません。手の届かないような立場の人にも可愛がられるタイプです。

その一方で自分より下の立場だと感じる人のことはあまり大切にしません。黙っていても部下や後輩から慕われるということはあまりなく、どちらかというと敬遠されることになるでしょう。

1月10日生まれのカリスマ性に惹かれ次々に人が集まってくるため去るものを追いかけることもありません。人を見る目があるので利用されるようなこともないでしょうが、周囲の人間が激しく入れ替わる可能性は高くなります。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

恋愛運が高まるのは20代半ばから後半までです。恋愛の相手に困ることもなく、望みさえすれば充実した日々を送ることができそうです。32、3歳の頃に訪れる転機では激しい喪失感に襲われることになりそうです。ですが持ち前のバイタリティでそれを乗り越えていくでしょう。

40歳を過ぎた頃には大きな転機が訪れます。この頃を境に自分の生き方、人への接し方が一変するのを感じるでしょう。ですがこれは良い変化であり、その後運気も上昇していきます。

1月10日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

不思議な魅力に溢れており、多くの人から好意を寄せられる1月10日生まれ。普段は現実主義者ですが、こと恋愛においてはその傾向が弱まってしまいます。少しでもインスピレーションを感じると夢見心地のまま動き出してしまい、現実的な判断ができなくなってしまうようです。

グループで付き合ったり友達として付き合ったりという時間を長めにとったほうが良いタイプです。相手のことをよく知ってから距離を縮めたほうがその後の関係をうまく続けていくことができるでしょう。

必要とされ求められることに喜びを感じますので、熱心に誘われると複数の相手と同時に関係を持ってしまうか可能性もあります。落ち込んでいるとき、寂しいときなど心が弱っているときは特にその傾向が強くなるでしょう。

持ち前のおおらかさが大雑把、無神経という悪い方向に走ってしまいがちです。いつでも自由に振る舞いたい1月10日生まれが相手の気持ちと自分の欲求のバランスをとるのは難しいからなのでしょう。ただ、相手に対しても寛容にいられるという点ではとても素晴らしく感じます。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

情熱的で魅力あふれる1月10日生まれがその気にさえなれば意中の相手を手に入れることは難しくはありません。ですが押されることに弱いがゆえにまったく興味のなかった相手と付き合ってしまうことも。

他に好きな人がいるのにその友人に告白されて付き合う、なんていうこともありそうです。後悔しないように自分の気持ちに正直でいることが本当の恋愛や結婚を手に入れる近道となるでしょう。

交際後、結婚後は自分が関係をコントロールしたくなりそうです。本音では甘えたいという気持ちも持っているのですからたまには相手に任せてみるのもいいのではないでしょうか。

1月10日生まれの仕事の資質

どのような仕事でも真摯に向き合い誠実に働くことができる人です。じっとしていることが苦手ですから体力や腕力が必要な仕事、忙しく動き回るような仕事が特に向いているでしょう。

リーダーとしての資質、カリスマ性を兼ね備えた優秀な人ですから自らが先頭となってなにか事業を起こすような可能性もあります。人脈を作り活かす才能に秀でていますから協力者に恵まれないということはありません。

自然に目上の人を立てることができますが、それをゴマすり、太鼓持ちと囁かれてしまうこともあるでしょう。これは1月10日生まれが目下の人、下請けの人などをあまり重要視していないために起きてしまうことです。

常日頃より誰に対しても謙虚さを忘れずに過ごしてさえいればそんな心配も必要ありません。それに加え自分とは違ったタイプの、細やかなところにまで気が付きフォローできるような人が近くにいると安心できそうです。

1月10日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:山羊座
誕生石:ガーネット・ゴールド
誕生花:フリージア・ツゲ・スノードロップ

RELATED POST