カバラ数秘術

【カバラ数秘術】運命数「7」の性格や恋愛相性まとめ|生まれ持った特徴やソウルメイトなど

[数秘術・運命数]「7」の性格の特徴とは?

「7」はクールな完璧主義者です。理知的に考え、常により効率的な手段や、理性的で冷静な行動を選択しようとするところがあります。緻密に組み立てて考えることができ、パーフェクトを求めて本当にやり遂げることができてしまう器用さも十分に備えています。冷静沈着に自らを律し、完璧を目指す姿は時に厳しいものとして周囲から見られることがあるかもしれません。がんばりすぎて息苦しくならないように、時には肩の力を抜いて深呼吸してみましょう。

「7」は、頭の回転が速く冷静な性格です。頭の中で先のことや他のことを考えながら会話したり、相手の話を理解するスピードが速かったりするので、周囲の人がなぜそうなるのか戸惑う場合もあります。また、少しの話から多くのことを理解でき、物事に対して臨機応変に対応できます。理解度が高いので、物事の全体を見渡して冷静に判断できます。普段からさまざまなことに興味を持って知識が豊富なため、リーダーシップを取るなど活躍する場合が多いでしょう。

「7」は、マイペースで単独行動が好きな傾向があります。周囲の人や環境の変化に影響されにくく、いつも冷静に判断して行動します。感情的になることもなく、おおらかにゆったりとしていて、おだやかな雰囲気を持っています。自信を持って行動するため、他人に左右されることはありません。常に自分のポリシーを持っていますが、他人に強要することもありません。自分のペースで行動することを好み、人と違っていても気になりません。

「7」の人の性格の特徴には”冷たい印象を持たれがち”という一面があります。 常に冷静でサバサバしていたり、人との付き合いがどこかドライであるなど、冷たい印象を周りから持たれています。 また、冷たい印象は親しい間柄でないと、怖いイメージも持たれている可能性もあります。 しかし、親しい間柄の人たちには違う「7」の印象を持たれていることでしょう。 冷たい印象とは裏腹に実は情熱的であったり優しかったりと、「7」本来の性格は深く関わらないと、隠れてしまいがちです。 初対面の人や普段あまり話さない人等に対して、興味を持って積極的に話す事や、笑顔で会話する事で、冷たい印象を払拭することができるでしょう。

「7」の性格の特徴は、直感が鋭いことです。すぐに物事の本質を見極めたり、先々の予想が的中したりする能力があります。他人からのうわさなどの情報に左右されず、自分の感じたものを素直に信じて行動します。周りの人よりも観察力や洞察力に長けており、1つのことからたくさんの情報を読み取れます。先入観にとらわれず柔軟な考えを持って、論理的に考え、頭がよいという印象があります。相手の言葉や行動から本音を見抜くことも多いでしょう。

[数秘術・運命数]「7」の恋愛傾向とは?

「7」の人の恋愛は「熱しにくい」ので、恋愛に発展するまで、かなりの時間がかかるでしょう。一目ぼれなんてことも、ほぼ無いでしょう。逆に、初対面の印象は良いものではないかもしれません。まったく恋愛対象でない場合が多いです。知り合ってから、相手を意識するまで、相手の普段では見せない一面を発見したときに、階段を落ちるように、恋へと落ちていくでしょう。ですから、場合によっては友人や周りの人々には、相手のよさが理解できない場合もあります。あなた自身が、長い時間をかけて見つけた相手のよさを、理解してもらうには同じくらい時間が必要ですから、結婚などには発展そうな場合には、あせらずに周りからの祝福を待ちましょう。

7は、実はかなり保守的。道を外すことがないよう常識や世間体を気にして前に進めないことも多くあるのではないでしょうか。しかし、このタイプの人は直観に導かれたときに 大恋愛に落ちる可能性があります。保守的で心配性なあなたが直感で好きだと感じることができたなら、それは前に進むべきときです。頭ではこれでいいものかと考えてしまうこともあるかもしれませんが、あなたの直観を信じ、認めてあげることも必要ですよ。

「7」の数字を持つ人は「孤高のスペシャリスト」ともいわれており、どこまでも本物を求める完璧主義者の人が多い数字です。また、自分の時間をとても大切にします。そんな孤独を好む性格から、恋人に対してもどこか冷めていて気持ちが伝わりずらいかもしれません。また自分のこだわりが強く、相手にも自分の理想を押し付けてしまいそうです。そうなると相手も息が詰まってしまうので、「人は人、自分は自分」とおおらかに受け止め、あまり相手を追い詰めないようにしましょう。

[数秘術・運命数]「7」が持って生まれた使命とは?

「7」は「周りに頼らず自立する」という使命のもとにあります。
「7」は頭の回転が速く、物事の分析力に優れています。自分の力で物事を成し遂げる力を持っており、自立しているタイプです。人と群れるのは好きではなく、自分の時間を大切にしようとします。
強い信念を持っており、目上の人間が相手でも自分の考えをはっきりと主張することができます。ぶれない姿勢は周囲から一目置かれていますが、それゆえに対人関係でトラブルになることもあります。
周りに頼らず自立する使命をもつ「7」ですが、自分とは違う考えを全て排除することとは違います。もし助言や忠告をしてくれる人がいた場合は、耳を傾けることも大切です。様々な意見を客観的に捉えることで、物事への理解が深まっていきます。

[数秘術・運命数]「7」の相性はどう?仲良くする秘訣は?

「7」と「1」との相性

お互いに自分独自の考えがあって、それに自信を持っている二人です。 さらにお互いの意見を取り入れることで、二人はより良い結果かを導くことができます。 あふれる探究心で物事の本質を突き詰める「7」は、時には自分の考えにこだわるあまりトラブルに巻き込まれてしまうことになりがちです。 そんな時には優れたリーダーシップを発揮する「1」の言葉に耳を傾けてみましょう。 また、「1」は周りを引っ張っていこうという意識が強すぎると周囲の人達の反発を受けてしまうかも知れません。 そこで、洞察力に優れた「7」のアドバイスを聞くとハッとさせられることがあるでしょう。

「7」と「2」との相性

「7」と「2」との相性は、気遣いができる「2」と、程よい距離感を持って上手く付き合うことができます。 「2」は人の気持ちを察し、相手の意向に沿って自分を合わせるよう心がけます。「7」の1人の空間、時間の大切にする考えを理解し、距離を無理に縮める事はしないでしょう。 「7」はクールで淡々としていますが、「2」をほったらかしにし過ぎたりせず不安にさせなければ、穏やかで安定した関係を長く続ける事が出来るでしょう。

「7」と「3」との相性

「7」と「3」との相性は、社交的な「3」が「7」に新たな発見を与えてくれます。その発見が「7」にとってプラスになるでしょう。 「7」は、「3」のもつ創造性、クリエイティブな感性、人を楽しませるユーモアセンスなど自分の見ている世界にはないものを感じることが出来て、良い刺激になるでしょう。お互いの世界を尊重し、適度な距離を保ちつことで、長く付き合うことが出来るでしょう。

「7」と「4」との相性

「7」と「4」との相性は、互いに堅実な性格なので安定した関係を築いていくことができます。 2人ともに物事に対しじっくりと、「7」は深く考え答えを導く、「4」は用心深く合理的に実現していくタイプです。 相手を分析、観察しながら気持ちを高めていき、安心して付き合える者どうしです。 情熱的ではありませんが、相手を大切にしたい気持ちを持っているので良いパートナーになれます。

「7」と「5」との相性

「7」と「5」との相性は、自分の領域を大事にする「7」が「5」とのコミュニケーションを取ることが重要になります。 マイペースな2人で、「7」は内に「5」は外への関心、世界があるので、関わりを持ちづらい距離の遠い組み合わせです。 お互いに興味を持った場合は、知的好奇心がくすぐられ、会話も弾む良い関係になれるでしょう。 ただし「5」は自由、変化を好み、冒険願望が強いので、「7」から「5」にコンタクトをとる方が関係も維持しやすいでしょう。

「7」と「6」との相性

「7」と「6」との相性は、世話焼きな「6」に干渉されすぎないような距離感で付き合うと良いです。 「6」の優しさに、最初「7」は魅力を感じる事でしょう。しかし、常にクールで理性的な「7」は相手からも自分自身をも感情に支配されたりする事を嫌います。相手に尽くし、愛情豊かな「6」の世話好きな部分を「7」は煩わしく感じる事があります。 1人でいる時間、空間が必要、この部分は踏み込ませない事を理解してもらうと、よりよい距離感で安定して付き合えます。

「7」と「7」との相性

「7」と「7」との相性は、価値観が似ているので、互いのペースを尊重した関係が作れます。 お互いに自分の世界観、一人の空間、時間を大切にし、自然と理解し合える二人です。 共通の興味を持つと、切磋琢磨し学び合える、楽しい間柄となります。 しかし距離を取りすぎると同じタイプなので疎遠になる可能性もあります。互いの存在を気にかけ、コミュニケーションを取ろうとするぐらいが丁度よく、関係も長続きするでしょう。

「7」と「8」との相性

「7」と「8」との相性は、強引に引っ張られることを嫌う「7」とは一定の距離が必要です。 「8」は、パワフルに人々を導いていくリーダータイプの人です。1人でじっくりと物事を思慮する「7」の価値観とは、全く違うタイプです。 側にいると、「7」は干渉され、ペースを乱されてしまいます。考えを主張し合うより、距離をとって冷静に付き合える関係がベストです。

「7」と「9」との相性

頭が切れ未知のものへの興味が尽きない7の人と、優しく感性豊かな9の人の相性は悪くありません。恋愛相手としても仕事のパートナーとしても相性はそこそこ良いのです。7の人は恋愛面では晩熟ですが、早婚で運が開けます。9の人は適度な距離感を保つことが得意なので積極的に来られることが苦手な7の人にとって楽な相手です。

「7」と「11」との相性

「7」と「11」とは、独特の感性を持つ正反対の相手ですが意外にも良い相性です。 「7」の1人を好む他を寄せ付けない雰囲気と「11」の繊細で感情の起伏が激しい印象とで、お互いに警戒して最初は仲良くなれないかもしれません。 しかし、スピリチュアルで直感的な部分では共感し合え、パートナーとは、いつも一緒にいる事を望まない部分があるので、一度お互いを知ると、良い関係を築く事が出来るでしょう。

「7」と「22」との相性

7と22との相性は良くもなく悪くもないです。7の人は個人主義です。22の人はそんな7の人を他人行儀のように感じたり、時に突き放されているように感じるため不満を持ちやすいのです。お互いに強い自己を持っているのであまり干渉しないようにすることが良い関係を築くコツ。二人とも論理的に話しをするため気は合うでしょう。

「7」と「33」との相性

「7」と「33」の相性は、うまくいきやすい好相性です。
お互いに一風変わった感性の持ち主で、個性派や変わり者といった言葉で表現されることが多いタイプです。そしてお互いに自由人。束縛されることを嫌い、干渉なんてもってのほかだと思っています。
このように感覚が共通している2人なので、お互いに尊重し合いながらいい関係を築けそうです。

[数秘術・運命数]「7」のソウルメイトはどんな人?

「7」のソウルメイトは「7」です。
「7」は、クールで過干渉しないタイプと相性が良いとされています。「7」ははっきりと自分を主張する性格で、群れたり人に合わせたりすることが苦手です。同じ数字を持つ「7」同士であれば、必要以上に干渉することなく適度な距離感を保つことができます。論理的思考の「7」はあまり感情を表に出すことがないので、常に冷静な「7」は居心地の良い存在です。
また、自立しているなどの共通点も多く、波長が合う二人です。
「7」は自分の意見を曲げない性格なので、お互いに譲らず衝突することも多いでしょう。そのような場合には、独りよがりにならずに相手の主張にも耳を傾けることで二人の関係がより良いものになります。

[数秘術]ソウルナンバーが「7」の人はどんな性格?

ソウルナンバー「7」の人は好奇心旺盛な研究者のような人。自分の興味のあるもを見つけたらとことん突き詰めるタイプです。専門性のある分野で活躍できる人とも言えるでしょう。またスピリチュアルなものごとにも関心が高いので、瞑想など自分を深く見つめるというようなことも好きです。どちらかというと自分一人の世界をじっくりと観察する、探求していくタイプなので、人と群れるのは苦手としています。とはいえ、他人に全く興味がないかといえばそうではなく、人と上手く関われている人を輪の外から羨んでいるような一面もあります。そんな「7」は以外と負けず嫌いで没頭しやすいタイプなのですが、アクシデントに弱いく、何かあった際はネガティブに凹んでしまうナイーブさを持っているのも「7」なのです。

[数秘術]デスティニーナンバーが「7」の人はどんな性格?

ディスティニーナンバー「7」の人の性格は未知の分野を突き詰める研究者のような人。
あなたは、解明されていない物に対して、あなたの未知の世界に対してとても興味惹かれる性質を持っています。研究に没頭するような学者や研究者、開発者のような人です。自分が知らないことに対する知識欲のようなものがあなたには備わっています。ですが、自分が知ることと生徒などに教えることとは結びついていないのがあなたです。ですから、生徒に教えるというよりも、その分野を専門的に研究する方に喜びを感じるはずです。あなたの興味とその知識が社会へ還元される時、それはとても大きな成果を生むことでしょう。専門性の高い分野において活躍できるそんな素質を持って生まれたのがあなたです。

[数秘術]パーソナルナンバーが「7」の人はどんな性格?

パーソナルナンバー「7」の人は「派手さはないが個性的な職人気質」といえます。

物事の真実を突き止めようと探求するのが好きな勤勉家です。
マイペースで単独行動も好きなため孤独になりがちですが、同じ「7」の人とはお互いに適度な距離感を保ちつつ良い関係が築けます。

また完璧主義でもあり、一人で黙々と一つのことにとことん打込むことが得意です。
頭の回転の速さと冷静な判断力を駆使して納得するまで試行錯誤し、特定の分野を極めていくことができます。

RELATED POST