カバラ数秘術

【カバラ数秘術】運命数「6」の性格や恋愛相性まとめ|生まれ持った特徴やソウルメイトなど

[数秘術・運命数]「6」の性格の特徴とは?

「6」は、誰とでも分け隔てなく親切に接する性格です。すべての人に対してさりげなく穏やかに接して、経歴や見た目などで他人を差別しません。好きか嫌いかなどの主観的な感情でも人を区別しないため、他の人から「いい人」と言われることも多く、周囲の人によい影響を与えて頼りにされます。人間関係において潤滑油のような存在で、「6」の態度を見習いたいと思っている人も多いでしょう。常におだやかな空気を常に身にまとったような人です。

「6」の性格の特徴として、責任感や正義感が強い面があります。何事も最後まで成し遂げる強さがあり、仕事や勉強においてもミスや不正をすることはありません。全力でまじめに物事に取り組む姿勢に、周囲からの信頼も厚く、よい結果を出せます。ただ他の人に任せられず1人で抱え込むところがあるので、困ったときには信頼できる人に相談するよう心がけると、スムーズに問題を解決でき、今まで以上によりよい結果を出せるでしょう。

「6」には、頼まれたらイヤとはいえない、頼られたら断れない面があります。周りへの気配り、気遣いが常日頃からできていることから、周囲からは信頼されています。そしてそんな自分の立ち位置を理解し、周りからの期待にこたえたいという気持ちも「6」はたくさん持っているため、いざというときに頼られるとそれに応じるために一肌脱いで行動することに、ためらいがありません。大きな負担にならないうちはいいのですが、時にはお互いのために断る勇気が必要な時もあるでしょう。

「6」の性格の特徴として、八方美人になりがちなところがあります。誰とでもにこやかに接して、相手の話にはどんなことでも同意します。会話で反論したり、けんかになったりすることはありません。社交の場では円滑に会話を進められ、上の立場の人からよい評価をされます。ただ、自分の意見を言わないで同調するので、本心が見えないという印象を持たれる場合があります。本音で会話をしないので、なかなか信頼できる人と出会えません。

「6」は包容力が高く、人間として器が大きいです。相手のどんな面も受け入れるため、他の人にとっては一緒にいて安心でき、居心地のよい存在です。感情のままに怒ることもなく、常にコントロールが効いて冷静で、気持ちに余裕があります。つらいことや嫌なことがあっても、表情や行動に表すことはありません。感情的にならないから冷たいわけではなく、ゆったりと構えていて、他人の感情を静かに受け止めるおおらかさがあるすばらしい人です。

[数秘術・運命数]「6」の恋愛傾向とは?

「6」の恋愛傾向として、「思いやりがあって愛情深い」という面があります。「6」は愛情が豊かで、家庭的な性格です。まるで父親や母親のように「守ってあげたい」という感情が恋に発展する事も多いタイプです。「6」が好きになる人は同じようなタイプで心優しい人です。持っている愛情を惜しみなく注げて、その愛情を「6」返してくれる人との相性がいいでしょう。ときには、全く異なるタイプを好きになる事もありますが、そんな相手にも「6」は献身的に愛情をもって接します。たとえ自己中心的な相手でも、「6」は良い方向に受け止め相手の役に立とうと努力を重ねます。まさに、「6」は自己犠牲をいとわず、奉仕の精神を持って愛情を与える人なのです。

「1」の人の恋愛は、「尽くすことで自分も満たされる」タイプです。少し冷たくされても、プラス思考で、自分のやり方が間違えていたのかな?と、新しい方法を考えて、先回りして、相手の喜ぶことを想像し、行動してしまいます。あなたは、もちろんサプライズも大好きです。誕生日や記念日、そんな特別な日じゃなくても、相手へのプレゼントを考えて、喜ぶ顔を想像してしまうでしょう。そして、そんな時間があなた自身の楽しい時間でもあります。たとえ会えない日が続いても、相手のことを考えるだけで、満たされてしまうので、相手が浮気しても、全く気がつかないことがあります。あなたは、よい意味でプラス思考ですから、相手を信じきっていれば、楽しい恋愛の時間を過ごすことができるでしょう。

「6」の恋愛傾向としては、とにかく真っ直ぐであることがあげられます。
とっても一途な性格で、相手のことを思いすぎてしまうくらいです。自分よりも相手のことを大事にするあまり、尽くし過ぎて束縛っぽくなってしまうことも。依存しがちなタイプでもあるので、相手との距離感が大事になる性格です。
一途ではあるけれど、案外と奥手なのも「6」の傾向です。社交性もあるだけに、かなり意外かもしれません。逆に相手から押されると弱いタイプなので、基本的には受け身です。

[数秘術・運命数]「6」が持って生まれた使命とは?

運命数「6」の持って生まれた使命それは人の心を癒し、愛情を注ぎ安心感を与えることです。人の心の変化や気持にとても敏感なのが「6」の特徴です。何んとなく相手の気持が分かってしまう、こうだろうと推測出来るなどあるのではないでしょうか。ですから、「6」は相談されやすかったり、相談相手になるようなことも多いでしょう。「6」に相談し、聞いてもらうことで相手は気持が休まり癒されるのです。人の心を大切にする「6」はどんな相手にも愛情を注げる優しい人なのです。愛情を注ぐことに駆け引きなどは必要ありません。人に尽くしてしまう「6」は親になった場合は、過保護になってしまう、恋人の場合は尽くしすぎてしまって、相手に振り回されてしむようなことに注意が必要です。

[数秘術・運命数]「6」の相性はどう?仲良くする秘訣は?

「6」と「1」との相性

「6」と「1」は同じ目標を持った場合、行動的で引っ張ってくれる「1」と優しく包み込む力を持つ「6」で相性抜群です。二人とも責任感があり、見守る「6」とリードする「1」でお互いをカバーし合って上手くいきます。しかし、プライベートな部分では近づき過ぎるとお互いに違和感を覚え、相性にズレが生じてしまうこともあります。

「6」と「2」との相性

「6」と「2」は、コツコツ頑張る「2」を「6」が見守るという安定した良い相性の2人です。 「2」は人のために尽くし、何より調和を重んじて周囲に信頼を得るタイプです。「6」はそれを理解し優しく見守る事ので出来る「2」にとっては癒しの存在なのです。しかし、理解のある関係なだけに「2」が「6」に依存してしまう事があり、重いと感じることもあるので、馴れ合いすぎるのは要注意です。

「6」と「3」との相性

「6」は天真爛漫な「3」に楽しませてもらえ、「3」も「6」の持つ安心感に包まれる良い相性です。 家庭的で愛情豊かな「6」と社交的で楽天家な「3」は、優しく、楽しい雰囲気で結婚にも向いています。 しかし愛情豊かな為、世話を焼きすぎる「6」に楽観的な為、目の前の困難から逃げ出したくなる事もある「3」。 この性質が強く出てしまうと、「3」にとって「6」はうっとうしい存在になりかねないので、注意が必要です。

「6」と「4」との相性

「6」と「4」との相性は、コツコツ努力する「4」に対して「6」は好感を抱きます。落ち着いた2人になります。 まじめで堅実、一途に目標に向かう「4」は、現実的で頑固な一面もありますが、「6」に安らぎを感じ、心を開いて素直な部分も見せてくれます。そのギャップに好感を持ち、優しく世話を焼きたくなるかもしれませんが、何事も程々に。 「6」が手をかけ過ぎず、控えめにサポート出来れば、「4」との関係も安定したものとなるでしょう。

「6」と「5」との相性

「6」と「5」は、「5」の自由さに少し寂しさを感じることがあるため、「6」は自分の意見を伝えることを大切です。 「6」は家庭的、心配性な性格、それに反して「5」は冒険心を持ち、リスクを恐れない自由奔放な性格のため、「6」にとって「5」は自分に無いものに持つ魅力的、刺激的な相手なのです。それ故に安定した関係は望めません。 「5」は自由すぎるが故に快楽主義に陥り、飽きっぽくて破滅的、身も滅ぼしかねない危険もあるので、「6」は自分の寂しい想いを伝えつつ、振り回されることなく大らかな気持ちで「5」を見守ることが出来れば、良い関係を続けることができます。

「6」と「6」との相性

「6」と「6」はお互い愛情深く相手のことを大切にできる良い相性です。 同じタイプであるが故にお互いを気遣いすぎたり遠慮がちになってしまうと、距離が縮まらず、せっかくの良い相性が勿体ありません。たまには受け身に回らず、どちらかが積極的にアプローチする事で親密さが増し、お互いの信頼、愛情を深めることができます。

「6」と「7」との相性

「6」と「7」との相性は、仕事とプライベートの時間を分ける「7」に寂しさを感じる事があるかもしれません。よく話し合う事が重要な関係です。「7」はクールで理性的、客観的に分析し、感情的に振る舞うこともありません。 愛情豊かでサポート、アドバイス好きな「6」にとって、自分の世界を大切にする「7」の全てを把握するのは難しいのです。よく話し合う事でお互いの考え方の違いを理解し合えればよい関係を築くことが出来ます。

「6」と「8」との相性

「6」と「8」の相性は、頼もしく引っ張ってくれる「8」が、なかなか一歩を踏み出せない「6」を導いてくれる関係です。しかし「6」の世話好きな部分が、親分肌で権威的、組織の上に立ちリーダーシップを取りたい「8」にとって邪魔に感じられないように口を挟まず、見守る気持ちが大切です。そうすることで衝突することもなく、「8」は家庭的な「6」に安心感を感じ良い関係を築くことが出来ます。

「6」と「9」との相性

「6」と「9」は、平和主義で寛容な心を持つ「9」と愛情豊かで奉仕の精神を持つ「6」でお互いを思いやることができる良い相性です。どちらも優しく愛情にあふれ、信頼し合える存在、パートナーに最適です。 「6」には慎重な部分がありますので、視野が広く、分け隔てなく人と接し自分を高めて成長していく「9」にペースが合わず不安になる事があるかもしれません。お互いのペースを確認しつつ自分たちの時間も大切にすれば問題はありません。

「6」と「11」との相性

気になる6と11との相性ですが、6の人が明るい性格でそれに対し11の人が根暗なタイプなので普通になります。お互いに優しく思いやりがあるタイプなのでお互いの違いを受け止め価値観を共有することで良い関係を築くことが出来ます。6の人は精神的な面で相手に依存しやすいので11の人はそれを受け入れると良いでしょう。

「6」と「22」との相性

「6」と「22」との相性は束縛を嫌う相手なので適度な距離を保つことが必要です。 「22」は自由さと強さ、大きな理想を持ち、着実に目標達成していく実力の持ち主です。パートナーとなれば相手を裏切ることなく信頼のおける大切な存在となりますが、心を開けば開くほど、頑固で堅苦しい一面を見せてきます。 そこを理解し、「6」がアドバイス、意見し過ぎない事で、一歩も引かない「22」との衝突を避け、落ち着いた関係を築くことが出来ます。

「6」と「33」との相性

6と33との相性はそこそこ良いです。6は心が優しく滅多に激高することはありませんし11もちょっとしたことで怒ることはなく価値観も近いです。その点では二人が心地よい関係でいられるといえます。33はマイペース型なので人との関わりを大切にする6には理解できないところもあります。相手の価値観を知る努力をすれば良い関係を築けます。

[数秘術・運命数]「6」のソウルメイトはどんな人?

「6」のソウルメイトは「9」です。
面倒見がよく、誰にでも優しい「6」は、同じように人に優しくできる人と相性が良いです。その中でも「9」は、思いやりの精神が最も「6」と一致し、心穏やかに関係を築くことができます。
「6」と「9」は、人に奉仕するもの同士、生活する中での悩みは同じことが多く、困っていることなどを相談し合えます。また、一緒にいることで、優しすぎるがゆえに騙されやすい「6」を、普段からは想像もつかないような聡明さを秘めた「9」がフォローすることもできるでしょう。
しかし、あまりにお互い気を使いすぎるがあまり、仲良くなるまでに時間がかかったり、いつまでも「友達」止まりになってしまったりしがちです。たまには気負わず本音を言うことを意識するだけで、関係はグッと進展することでしょう。また、本音を言い合うことで、お互いの存在が、羽休めのような落ち着けるものになります。

[数秘術]ソウルナンバーが「6」の人はどんな性格?

ソウルナンバーが「6」の人は穏やかでとても優しい性格です。人情味に溢れ、正義感が強く、ボランティア精神も自然に備わっている人でもあります。そんな温厚な「6」の周りにはいつも人が集まってきます。人付き合いが上手で社交的ですが、一人だと落ち着かない、いつも周りに誰かがいないと不安、そんな他人に依存してしまうのと紙一重な印象もあります。また気をつけたいのが、上手に人付き合いできて、穏やかで平和主義、面倒見もいいという長所を、人から都合よく使われてしまうといった面もあります。また社交的なその性格を八方美人と取られてしまうこともあります。もともと「6」は自己肯定力が低い傾向にあるので時には他人より自分を優先するところがあっても良いでしょう。

[数秘術]デスティニーナンバーが「6」の人はどんな性格?

ディスティニーナンバー「6」の人の性格は正義感が強く、奉仕の精神を持った弱者の味方のような人でしょう。正義の味方のようなあなた。きっとあなたはヒーローのように、困っている人を見つけるとそっと手を差し伸べることでしょう。そんなあなたは周りの人からも評価を受けているはずです。その優しさや奉仕の心は誰からも受け入れられ、喜びを与えているでしょう。しかし、あなたは時折、その正義感の強さから、そうではない人たち、不正やずるさのような物を嫌悪する性質があります。もちろん正論なのですが、普段の穏やかさとは反対の嫌悪感を表す姿に周りの人は驚くこともあるでしょう。面倒見が良く、責任感の強いあなたですが、時には自分に時間を持って何でも引き受けてしまわないような注意も必要です。

[数秘術]パーソナルナンバーが「6」の人はどんな性格?

パーソナルナンバー「6」の人は「とにかく優しい博愛主義者」といえます。

誰に対しても優しく思いやりにあふれ、気配りもでき、母親のような包容力があります。
そのため、多くの人に慕われます。
相手になにかしてあげることが大好きで、相手が喜んでくれることが自分の喜びになります。ついつい尽くしてしまい、頼まれると断れないといった面も持ち合わせています。

また、責任感や正義感も強く、教師やカウンセラーのように最後まで責任を持って相手を導いていくことも得意です。

RELATED POST