夢占い

復縁の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】復縁の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで復縁する夢は【対人運の低下】を意味していて、警告を表す内容になります。

まず全てが人間関係に関わるものを表していて、現在の対人面に釈然としない気持ちをかかえている暗示です。

それは、いまの日常が平凡で退屈と感じて過去を懐かしんでいるようすを示唆しています。

そして、脱力感を伴うような心の疲れから過去を見つめていて、さらにそれが美化されたものであることを警告されています。

つまりは、美化された過去の人間関係と現在を比較することで現実逃避していることを指していて、対人運の低下を暗示しています。

くわえて、「大人の諦め」と称して妥協の気持ちで結婚を考えはじめていたり、夢を諦めようとしていることを示しています。

なお、これらは一概に悪いことではありませんが、いまのタイミングで大切な決断をするとのちのち後悔してしまうという暗示があります。

復縁の夢を見る心理的な背景とは?

現実世界に日々追われて心が疲れていることを暗示していて、いっときの癒やしとして過去を振り返っている心を表しています。

だからといって、夢の相手と復縁したい気持ちがあるわけではなく、過去そのものを復縁という形で夢に見ているのです。

そして、なかなか現実に真正面から向き合えない状態を示唆していて、コミュニケーション全般において噛み合っていない表れです。

これを放置することで、のちに対人関係のトラブルに繋がる警告メッセージが出ていて、心を休めたら現実に目を向け直す必要があると言えるでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ内容をみる場合は、これまでの解釈とは例外的に違って「夢の相手との復縁を強く望んでいる」表れとなります。

もしくは、相手にたいして恋愛感情がなくとも強い執着心や独占欲をもち続けている場合も、繰り返し見ることがあります。

ところが、どちらにしても復縁がうまくいかない兆しが伝えられていて、自身にとっても「大切な時間の大きなロス」になる可能性が高い暗示です。

なお、現在の心境は普段の生活に心が疲れていることが原因である場合がほとんどですが、休みをとって里帰りすることや両親と連絡をとることが運気の好転に繋がる予兆があります。

RELATED POST