夢占い

買う夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】買う夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて、買うというのは【叶う】という意味が基本にあって、大吉夢を伝えるものとなります。

そもそも買う夢を見る場合は、本当に欲しいモノや現在の自分に足りていないものごとがあることを暗示しています。

他にも、欲しい評価や報酬などを「そろそろ受け取ってもいいのでは」と感じていたり、積み上げた努力により目標が手に届くところにあるという認識が芽生えている表れです。

さらに、片思いの相手にアピールをくりかえして振り向いてくれるのを待ち望むなどの恋愛関係において求めるものとして当てはまります。

そして買う夢を見たら、それらの願い事が叶う兆しを伝えていて「手に入れるにふさわしい段階にある」ことを示唆しているのです。

買う夢を見る心理的な背景とは?

最近に目標達成のための努力をしている心が表れています。

例えば、自身の未熟さや弱点について真正面から向き合ったうえで、それを改善するために試行錯誤していることがあるなどが当てはまります。

そして、もうすぐ努力が実り待ち望んでいた報酬や成果を得られる暗示が出ています。

1つ注意点として、願い事が叶う暗示といっても思いつきの欲しいものが何でも手に入るわけではなく、以前から継続して努力をしていたことが実るということです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じ内容をみる場合は、欲求の高まりが非常に高まっている暗示です。

そのとき、手に入れたいものがモノであったり仕事の成果や地位などであれば溢れる闘争心がプラスに働く暗示です。

ただし、欲しいものが気になっている恋愛対象であったり、突発的なチャンスに対しての欲求であれば警告のメッセージがあります。

それは、いまのタイミングは冷静さを欠き状況判断に失敗して取り戻せないリスクを背負う可能性を示唆しています。

それでも、第三者に相談したり、落ち着きを取り戻すことで問題なく願い事が叶っていく暗示となります。

RELATED POST