誕生日占い

2月13日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

2月13日生まれの性格や特徴「裏表を使い分け、どんなことも失敗しない頼れるリーダー」

2月13日生まれの人は、エネルギーに満ちていながらも冷静沈着、何が起きても落ち着いて最前の選択と対処をとることができるようなリーダータイプです。

行き届いた目配りと的確な指示で、失敗することなくどんなことも乗り越えていく姿に周囲の人からも頼られる存在となるでしょう。

また、相手の心の中に入り込んで掴むコツを心得ていて、頭の回転も速く弁才もあるので周りの人を自分が思うベストな方向に導いていくこともできます。

しかしそういった一面は一方で裏の顔も持っています。心を上手く掴めるのは、人のことをよく観察しており、自分がどうすれば相手がどう動くかを常に考えている抜け目のなさともいえ、自分の思い通りにするためにあれこれと画策するタイプと言えなくもありません。

また、弁が立つこともあり、自分の計画の障害になりそうな人や反対意見を口で封じ込めてしまうところがあり、中にはそういう部分を見て脅威や不快感を抱く人もいるでしょう。

ただ、やはりみんなを動かしながらも上手く進んでいくという結果を出し続けることや、何より誰にでも分け隔てなく親切に接することができるため、本当に悪く思う人は少ないです。

真面目で努力家、人の嫌がることも率先して取り組むことができ、コツコツと積み上げていくことができます。これは約束ごとにも同じく言え、一度交わした約束はきっちりと守り通し、時間が掛かかることでもやり遂げます。

人柄は温厚で、情熱やエネルギーは内に秘めてあまり表に出すことはありませんが、野心家でもあり自立心が旺盛なので、自分の力、やり方で人生を開拓していくタイプです。

2月13日生まれの人は、一方ではこの人についていけば間違いないと思わせるほどのリーダーであり、もう一方では独善的で自己中心な人でもある。この両面がコインの裏表のように共存しているのがこの日生まれの人と言えます。

2月13日生まれの隠された特徴とは?

2月13日生まれの人は、基本的には人に対して誠実で嘘をつくことはなく、真っすぐな人です。それが自分に対してもそうなので、ある人から見ると自己中心的に見えてしまうことがあります。

ですが、この日生まれの人が考えていることは常に人と自分が一緒に上手くいく方法や、その結果を出すための術です。そのために常に色々と見て、考えているからこそ的確な判断を下せています。

とはいえ、判断を下すまでに本当に色々なプロセスが必要でもあります。言い方を変えれば優柔不断な面を持っています。周囲のイメージは正しい決断をズバズバしていくイメージですが、そうなるまでには自分で納得や安心するための情報や物事が必要で、実は物凄く時間が掛かっています。

決断するまでに揺れ動き葛藤し、もがいている姿はこの日生まれの隠された特徴と言えるでしょう。

2月13日生まれの本能的な人間関係

人によっては、見ようによっては良くも悪くも受け取られてしまうのが2月13日生まれの人の人間像です。誰とでも親しくすることはできますが、相手がそうであるとは限らないため、好き嫌いの別れる人間関係となりそうです。

特に、経験の浅い若い頃は自己中心的な部分が前に出ることが多く、元々目立つ存在であるため、周囲とぶつかったり、距離を置かれたりすることがあります。ですが、それも年齢や経験を重ねることによって解消していけるでしょう。

周囲の信頼や期待に応えていくリーダー気質であるため、すでに出来上がっている輪に入っていくことは得意ではなく、自分で人脈を作り上げていくタイプです。

面倒見が良いので、自分で作った人脈や交友関係の人達には大変慕われるでしょう。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

2月13日生まれの人は、女性は20代~40歳前後、男性は30代半ば~50代までが恋愛運の好調期となっています。

女性の場合、20代前半はイケイケのモテ期が来るかもしれません。そして、25歳頃と30歳頃に大きな出会いや今後を左右する出来事があるかもしれません。その前後にどう過ごすかがポイントになるでしょう。

男性の場合は、20代で苦労した分が30歳を過ぎてから報われそうです。30代後半に将来を考えるような相手と出会うかもしれません。

2月13日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

2月13日生まれの人は、ユーモアがあり誰とでもコミュニケーションを取れるので、同性異性限らず多くの友達に恵まれます。そのため、恋愛での出会いにも苦労しませんが、なかなか恋愛に発展しないということはありそうです。

恋愛に対する興味や好奇心が強く、自分に刺激を与えてくれるような人に心惹かれる傾向があります。そのためか、長く関係を築いていくことが苦手なので、時にそれぞれが活動したり、時に一緒にいたりとメリハリをつけられるような人が相手だと上手くいくでしょう。

とはいえ、恋愛と結婚をセットで考えるタイプでもあるので、数多くの恋愛をするというよりは、相手をじっくり選んで恋愛をしていきます。

結婚後は、元々持っている約束事を守り抜くような誠実さで、一途に家庭を大切にします。浮気をする心配はありませんが、同じ日々が続くと退屈してしまうので、夫婦で趣味を見つけたり、出かけたりということを定期的にすると上手くいきます。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

恋愛中においても結婚生活においても、冷静沈着に判断しながら相手をリードしていきますが、パートナーは内に秘めた情熱や、常に揺れ動いている内面に触れてこそ信頼を深めます。

みんなには見せていない、内側の部分を見せられるかどうかが鍵となるでしょう。

いつもみんなのことを良く見ているのが2月13日生まれの人ですが、見られる側に回るのは戸惑いがあるかもしれませんが、そこを乗り越えることができれば、恋愛・結婚に至る道はぐっと距離が短くなるでしょう。

2月13日生まれの仕事の資質

地道にコツコツと努力でき、ぐっとこらえてやり抜く精神を持っており、なおかつ頭脳名声な2月13日生まれの人は、どのような分野の職についても成功を収めていけます。

人に指示されて動くことは本意ではありませんが、それでも周囲の人を上手く動かしながら成果を出し、結局は人の上に立つ才能を持っています。理想を言えば、独立することができれば言うことはありません。

特に、交渉事や自分の考えを伝えることには特別な才能を持っているので、教育関係、弁護士などの士業、政治家などは向いている職業と言えます。

運勢的にもそうですが、2月13日生まれの人の特徴としても、若いうちは人と衝突したり、誤解されたりと苦労するかもしれません。ですが、30歳を超えてからは順調に進み始め、高い地位を築くことになるでしょう。

2月13日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:水瓶座
誕生石:バイカラーフローライト
誕生花:エーデルワイス・ローダンセ

RELATED POST