誕生日占い

4月6日生まれの誕生日占い|性格・特徴・恋愛傾向まとめ

4月6日生まれの性格や特徴「元気いっぱいの優しき勇者」

4月6日生まれはエネルギッシュで、好奇心旺盛、気になることには果敢に挑戦していくタイプです。周囲からはいつも元気いっぱいなイメージを持たれていることでしょう。あらゆることに立ち向かっていく姿は、時に見ている人をハラハラさせるようなこともあるかもしれません。また、いつも周囲の人に尽くす優しさを持っています。困っている人がいたら放っておけず、思わず手を差し伸べてしまいます。元気いっぱいで優しい4月6日生まれは多くの人に慕われ、いつもクラスの人気者です。
好奇心旺盛な一方で、新しい環境に移ることは苦手なタイプです。新学期や新年度、引越しなどは得意ではありません。あまりその感情を外には出しませんが、できるだけ今いる環境に長く身を置きたいと思うようなところがあります。物理的な環境の変化だけでなく、人との付き合いが始まったり終わったりするのにも、なかなか慣れることができないでしょう。その分、長く付き合いのある人や場所を大切にする人でもあります。親しみのある人や場所に対しては一途に守ろうとする、情に厚い一面があります。
また、集中力が高く、一度集中すると呼びかけても聞こえないようなこともあるようです。主にその集中力は、その時々で夢中になっている対象に向けられます。一度集中すると、普段全身から溢れ出ているエネルギーが一つの場所に集まるようなイメージで、とても大きな力になります。
さらに、負けん気が強いところがあり、その分隠れた努力家でもあります。特に知識の差で相手に負けるようなことがあると、躍起になって勉強をして、次は勝ちたいと思う気の強さがあります。しかし勉強をしているようなところは人には見せない、独自の美学のようなものも持っています。

4月6日生まれの隠された特徴とは?

一見、元気いっぱいで物事を深く考えるようなことはないように見える4月6日生まれですが、実際そんなことはありません。むしろ、良くも悪くも物事を深く考えがちなところがあります。人の発言などに対しても、その意味を毎回考えてしまったりするでしょう。悪いことについては、一度考え出すとネガティブループにはまってしまい、なかなか抜け出せなくなることもありそうです。時には意識的に、深く考えないようにした方が良いでしょう。
また高い美的センスを持っていて、自分の持ち物などにも強いこだわりを持っています。あくまで独自のセンスといえますが、そのセンスに当てはまらないものは持たないという、潔さを持っています。さらに、人の外見にもこだわりがあるようです。一般的な感覚とも違う独自のセンスに基づきますが、恋愛対象に対しては外見から入ることが少なくありません。

4月6日生まれの本能的な人間関係

基本的には優しく、困っている人にさっと手を差し伸べるようなタイプなので周囲ともうまくやっていけるでしょう。しかしクラスや職場など、集団においてはいつもの快活なイメージとは異なり、短気な一面が出やすくなるといった特徴も持っています。突発的な感情で実際に思っていること以上のことを言ってしまい、後々長く後悔することもしばしばありそうです。
また、新学期や新年度などで環境が変わった場合に新たに友達を作ることは少し苦手です。いつもの元気いっぱいなキャラクターは姿を潜め、口下手な子と化してしまうでしょう。しかしそれもしばらくの間だけのことです。長い付き合いを大事にするので気の置けない仲間は少なくなく、生涯付き合っていけるような友人も多いでしょう。

運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも

4月6日生まれはエネルギッシュで、何事にも突っ込んでいく性格であるため、若い時に勢いで結婚へ踏み切ることもあるでしょう。しかし若い時代の結婚は、自分の理想や決め事を相手に押し付けすぎて、うまくいかないことも多いかもしれません。30代に差しかかる頃の、ある程度落ち着いた年齢での結婚だと、じっくりと大人ならではの方法で愛情を育むことができそうです。結婚してからは、家族の絆を大切に育もうとしていきます。

4月6日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?

情熱的な一面のある4月6日生まれは、恋愛に対しても理想や夢を明確に持っています。相手に対しては、自分を高めあっていけるような内面を求めていくでしょう。
心が安定している時には、落ち着いて相手のことを考え、良い関係を築くことができるタイプです。しかし相手の気持ちに不安を持ってしまう時には、相手に対して冷静な判断ができなくなり、悪循環に陥りがちです。また、元来一つのことにとらわれがちな性格を持っているため、ネガティブループにはまりがちな部分もあります。そうならないよう、常に冷静でいる努力をする必要がありそうです。
高い美的センスを持っている4月6日生まれは、自分自身だけでなく相手にも同等のセンスを求めてしまいがちです。相手によっては、そのセンスに付き合いきれなくなってしまう人もいるため、できるだけ相手を尊重するように気を付けた方が良さそうです。相手のセンスがあまりに許容できないという場合、本来合っていてほしい感覚が少しずれているということも考えられます。交際について、真剣に考え直してみた方が良いかもしれません。

恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?

相性の良い相手と付き合っている時は、交際が長くなるにつれ、周囲から変わったと言われるほど雰囲気が柔らかくなっていきます。すると心の安定から良い循環が生まれ、相手と一層良い関係を築くことができそうです。さらに、良い循環を生み出すことで、自然と結婚へ結びつくことにも繋がっていくでしょう。
一方、恋愛に対してロマンチックな理想を抱いている分、王道のアタックに弱い一面もあります。浮気や不倫などの道ならぬ恋に落ちやすいタイプでもあるため、少し意識して気を付けることが必要です。

4月6日生まれの仕事の資質

4月6日生まれは、自分のペースを守りつつ、正確に仕事をこなすことができる資質を持っています。あくまで自分のペースで無理をせずとも、自身のタスクはきっちりとこなしていける能力があるのです。どちらかというと、自らすべきことを探して幅広い内容の仕事をこなすというよりも、自分に与えられた内容の仕事を確実にこなすことが向いています。自分に振り分けられた仕事であれば、少々オーバーワークとなっても難なくこなすことができそうです。また、その仕事の確実さから、周囲の高い評価も得られます。
のんびり、自分のペースを崩さずに仕事を進めていくことで、一層仕事運は開けていきそうです。まずは自分が心地いいと感じるペースをつかむことから始めると良いでしょう。

4月6日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧

星座:牡羊座
誕生石:ブルーダイヤモンド
誕生花:アネモネ
花言葉「希望」

RELATED POST